YOSHIKIの名言

YOSHIKIのプロフィール

YOSHIKI、ヨシキ。日本の音楽家、作曲家、作詞家、音楽プロデューサー。千葉県出身。4歳からピアノを開始。9歳から作曲を開始。高校生時代に「X(のちのX JAPAN)」を結成。その後、多くのヒット曲を生み出した。

YOSHIKIの名言 一覧

お互い殺し合うんじゃなくて、共存していけるような新しい流れになっていけばいいと思う。
【覚え書き|既存メディアとネットの新メディアの関係について】


最前線にいる人って、やっぱり自分自身に自信がある人だと思う。


YOSHIKIの経歴・略歴

YOSHIKI、ヨシキ。日本の音楽家、作曲家、作詞家、音楽プロデューサー。千葉県出身。4歳からピアノを開始。9歳から作曲を開始。高校生時代に「X(のちのX JAPAN)」を結成。その後、多くのヒット曲を生み出した。

他の記事も読んでみる

山根多恵

地域に根ざすということは、地域にある矛盾や問題を自分たちの手で解決して、よりよい仕組みにつくり変えていくことだと思います。


小山昇

コミュニケーションを円滑にすることは重要です。社員のコミュニケーションスキルは業績と深い因果関係にあるからです。多くの社長は、売上や利益が伸び悩む理由を「景気が悪いから」「ユーザーの消費動向が変わったから」などと外的要因に求めようとします。しかし、中小企業の場合、経営がうまくいかないのは内的な要因によることが大きいのです。すなわち社員のコミュニケーションスキルが低いことが業績を低迷させているのです。


ロバート・キヨサキ

15年ほど前に出席したセミナーで、講師から、自分が一番多くの時間をともに過ごす6人の名前を書くように指示された。次に講師は、書き付けた名前をよく見るように言った。「あなたはいま、あなたの未来を見ています。あなたが一番多くの時間をともに過ごす人たち、それがあなたの未来の姿です」私は未来を変えたかった。未来を変えるには、考え方を変えなければならなかった。そして、その結果として、一緒に過ごす人も変わっていった。


土光敏夫

自分の火種には、自分で火をつけて燃え上がらせよう。


宮根誠司

大阪の人ってめっちゃ距離が近いんですよ。僕が朝日放送を辞めてフリーになった時も、大阪駅でオバチャンふたりに声をかけられて。「アンタ、辞めてんて?」「はい」「何年おったん?」「20年です」「退職金なんぼもろうたん?」と。ホームまでついてきて聞くもんだから、最後は白状したという(笑)。でも、しゃべり手としては本当に感謝なんですよ。というのも、局アナ時代からしゃべり続けてきたので、子供の頃からの面白いエピソード、全部使い切っちゃってるわけです。ネタのタンスは空っぽ状態。でも、大阪の街は体験したことをそのまましゃべるだけで、ネタになる。とんでもないオバチャンに出会った時、僕は心の中で「ありがとうございます」と手を合わせてますよ。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

私自身が技術で社会貢献をするためには何が必要かと考えて出した答えは「一番優秀なビジネスパートナー」でした。当初日本には、それに該当する人物を捜し求めて来たのです。


潮田、滋彦

人は、自分で実感したとき、現実の世界で行動を起こしていきます。


鈴木陽介(写真家)

お金を使うときは、思いっきり使います。とくに目的がなくても常に貯金はしておき、いざチャンスという時に使うイメージです。貯めてはゼロになり、貯めてはゼロになりの繰り返しです。ゼロになってもマイナスにならなければOK。


ダレン・ヒューストン

重要なのは、ITによって自身の可能性を広げる人々が増えることです。そして、それは社会に変革をもたらすことにつながると考えています。


小林一雅(小林製薬)

工場の不満を聞くのも、経営陣に聞く耳があり、実際に不満を改善する意思があると社員が理解することで、組織の風通しが良くなると思うからです。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

オヤジに似てきたって最近よく言われます。でも顔はともかく、オヤジと違う自分が、年を重ねるごとに、はっきりと見えてきましたね。


嶋津良智

人に生かされ、社会に生かされている感覚が持てると、貢献心が生まれてきます。


稲盛和夫

人を動かす原動力は、ただ一つ、公平無私ということだ。天賦の才を決して私物化してはならない。むしろ、謙虚に、集団のためにその才能を使うべきなのだ。誰かと議論を行う際は、初めに相手の立場を考え、相手を思いやることのできる心の余裕が必要だ。そうすれば、互いの相違を乗り越えた、本当に建設的な議論ができる。


作田久男

私は会社の存在そのもの、事業そのものがCSR(企業の社会的責任・貢献)でなければならないと考えています。企業は会社の公器ですから、納得がいかない事業には手を出さないことが重要です。


佐藤綾子(心理学者)

社内で部下や同僚と話すとき、最もコントロールが必要な感情が、自分の中の「怒り」や「責め」の気持ちです。例えば、「あいつがしていることは、ろくなことではないだろう。本当に困ったヤツだ」といった「責め」の気持ちがあれば、何を言われてもすべてネガティブにとらえて聞くので、相手が言っていることの正当性がわからなくなってしまいます。そのため、相手に対して「責め」の気持ちで話を聞くのは、判断ミスに繋がります。逆に、自分が猛烈に嬉しくて有頂天になって浮かれていると、部下が持ってきた深刻な話が耳に入りません。


ページの先頭へ