名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

W・C・フィールズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

W・C・フィールズのプロフィール

W・C・フィールズ。米国の伝説的コメディアン。パントマイム喜劇のチャップリンと双璧を成した人物

W・C・フィールズの名言 一覧

一度やって上手くいかなければ、もう一度やってみよう。それでも上手くいかなければ、やめた方がいい。馬鹿の一つ覚えは何の意味もない。


W・C・フィールズに友人が金を借りに来た。
フィールズは言った「私の弁護士が何て言うか聞いてみるよ」
そして去り際にもうひと言「もし貸してもいいよと言ったら、別の弁護士を雇うことにするよ」


W・C・フィールズの経歴・略歴

W・C・フィールズ。米国の伝説的コメディアン。パントマイム喜劇のチャップリンと双璧を成した人物

他の記事も読んでみる

西口尚宏

品質の良い商品を丁寧に作り出す技術力はあるが、ビジネスモデルを創造する設計力がない。これが日本企業に共通した課題だと思います。コマツ相談役の坂根正弘さんも「米国はビジネスモデルから入り、必要なものは誰の力でも借りる。そうした強い執念がなければ勝つことはできない」とおっしゃっていますが、私も全く同感です。


松本彰(経営者)

私も仕事中は相手に与える印象を第一に考え、清潔感を重視しています。ワイシャツは白の綿100%が定番。25年前からメーカーズシャツ鎌倉です。メードインジャパンでリーズナブル。それに私が育ち、長年暮らしてきた鎌倉への思い入れもありますね。ネクタイはブルー系のレジメンタルが基本です。社内外には、私が40年間、サーフィンを続けているのを知っている人も多く、ブルーは波乗りのイメージを思い起こさせます。ブルーは明るく、開放感があり、自然で健康的な印象があるので、そのイメージは、大事にしたいと思っています。ネクタイは贈り物でいただくことも多く、その場合は色柄関係なく、喜んですぐにその場でつけさせてもらっています。


稲盛和夫

経済的に豊かになりたいという気持ちは、決して悪いことではありません。特に事業を始めるときにはそうした強い思いも原動力になるでしょう。しかし、いつまでも利己的な欲望だけを原動力にしていては、たとえ成功したとしても、いずれは行き詰まるでしょう。あるところまでいったら、他人のために尽くす「利他」の精神が必要です。


立花貴

少子高齢化、過疎化、産業衰退など日本の根本的な課題に取り組むときに、かつての私のように頭でしか考えられない人が増えているように感じます。五感を使わずに都会のオフィスで働いていると、生きるリアリティを失いがちですが、人間には内側からエネルギーが湧き上がる場所があるのです。


二宮清純

心地よいと感じている自分に気づいたら、すぐにもっと緊張感のある距離に移動しなければなりません。楽な場所というのはもう終わっているということです。


松波晴人

私は行動観察をマーケティングに取り入れているのですが、従来のマーケティングの調査では、例えば製品を開発するにしても、主婦を対象とした新たなサービスを考えようというときも、まずアンケートをしていました。アンケートを取ると、皆さん普段から困っていることはもちろん書いてくれます。しかし、そこに書かれているのは「思っていること」だけ。あるいはグループインタビューをしても、いろいろ話してはくれますが、本人も気付いていないことは、当たり前ですが話せないし、言葉にならない。アンケートで「どう思いますか?」と問うのは、ある意味、表面的であって、もっと深いところまで掘り下げないと、これだけいろいろな価値観があるなかで、本当に良いもの、新しいものは提案できないと思うんです。


西浦三郎

社長の役割とは、「大きな方向感=成長ストーリーを決める」「情報が不完全でも意思決定すべき時はする」「間違っていたら責任を取る」の3つだと思います。


成田和幸

日本は国家としてどうあるべきか。私は「自分たちの国は自分たちで守れ」と言いたい。戦争をしないために自衛力のある国にすべきだ。そのためには、自衛隊を軍隊にする議論も必要だろう。自分の国を愛せず、誰を愛せるだろうか。


池谷裕二

誰しも、「着手」のときが一番億劫に感じるもの。ですから、「とっかかり」のハードルはできるだけ低くするのがコツです。簡単な作業を行なうことで、脳の「活性化エネルギー」を少なく済ませることができます。最終的にはそれを「習慣化」の域に到達させるのが理想です。歯磨きと同じく、やらないと落ち着かない状態にまで持っていければ万々歳です。


小池百合子

人生を懸ける大一番のときがきたのに勝負に出ないというのでは、一体何のための人生でしょうか。


高田明(ジャパネットたかた)

どれだけ妥協せずに問題をしっかり見て、議論を重ねて、自分で考えるかが大事。どれだけ議論を尽くしたかで成果が違う。


岡本正善

意識と潜在意識は、正反対に働く関係性にあります。たとえば、「ミスしないように集中しよう」と意識しすぎると、潜在意識で「焦ると失敗するぞ。きっと失敗する」と気弱になり、ミスをする方向へスイッチが入り、失敗体験が積み重なって自信を失っていきます。成功する人は過剰に反応せずに、潜在意識のもつ力を素直に発揮できているのです。