名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

phaの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

phaのプロフィール

pha(ふぁ)。日本のニート、著述家。大阪出身。京都大学総合人間学部卒業後、国立大学大学職員になる。その後退職。「phaのニート日記」を開設。著書に『ニートの歩き方』『持たない幸福論』『しないことリスト』。

phaの名言 一覧

だるいは危険信号みたいなもの。無理な負荷をかけている時や本当は楽しくないことをしている時の反応なので、だるいに敏感になった方がいい。


逃げをまわりに相談すると、「同じことの繰り返しになる」とか、「自分が弱いからいけない」と否定されることがあります。まわりに理解してくれる人がいないなら、ネットの向こうにいる、自分と気が合う人に相談すればいい。5人くらいに相談すれば、客観的な意見が聞けて判断しやすくなるはず。


誰かが成し遂げた仕事なんて、宇宙全体から見たらものすごく些細なこと。仮にその仕事で世の中が変わったとしても、変わることに意味があるのだろうか? その人がいなくても世界は変わらず続いていくし、その人がやらなければ別の誰かがやるだけのこと。


好きなことを仕事にしている人は頑張ればいい。でも、世の中にはそうでない人の方が多いはず。ニートを批判する人に限って好きでもない仕事を我慢してやっている人が多い。食べる分だけ働いて、あとはのんびりすればいいのに。


phaの経歴・略歴

pha(ふぁ)。日本のニート、著述家。大阪出身。京都大学総合人間学部卒業後、国立大学大学職員になる。その後退職。「phaのニート日記」を開設。著書に『ニートの歩き方』『持たない幸福論』『しないことリスト』。

他の記事も読んでみる

江幡哲也

部下に対して、自分がどのような視点で情報を集めているのかを伝えなくては、部下は与えられた仕事について、サービス精神を発揮しようがありません。情報収集のネット偏重の傾向は、必ずしも部下だけの責任とは言えないのではないでしょうか。上司の指示の出し方にも問題があるのかもしれないと私は考えています。


稲盛和夫

私が創業した京セラは、もともとは中小零細企業です。私は、社員が希望を持てる会社にしたいという一心でやってきました。それには何が大事かというと「思い」です。それも非常に強い思いが必要になる。


村上アシシ

フリーランスになる人は、最終的に自分のポートフォリオを組んだほうがいい。私の場合はコンサルタントと執筆に落ち着いていますが、今後はプラスアルファで投資したり、スモールビジネスを立ち上げたり別の方法でも稼げるようにしたいと考えています。これからの時代収入源を増やすというのは40代、50代を迎えるにあたって重要だと思います。


藤原洋

B2Bだけだと安定的な社風にとどまってしまう。B2C事業を手がけることで、社員のモチベーションをアップし活性化する。


越智仁

より強くするために切り出す事業もあります。JSRや宇部興産との新会社に移すABS樹脂事業がそうです。ウチのABSはしっかり稼いでいるけれど、よそさんと一緒になった方がいいと判断しました。


樋口廣太郎

呑舟(どんしゅう)の魚は枝流に遊(およ)がず。大志を抱く人は細かなことにこだわらない。私はこの言葉を起業家の人に勧めたい。
【覚書き|呑舟の魚は枝流に遊がず=舟を丸呑みするほど大きな魚は小川には住まない。大物はつまらない者とつきあったり、小事にかかわらないという意味】


石井貴士

やることリストを使って上手に集中状態に入るには、コツが要ります。それは、優先順位の上位2つを決めて、その日の2大目標とすること。「その2つがクリアできれば、あとは翌日以降でもOK」と考えるのです。この「2」という数字には意味があります。ひとつしか目標がないと、その仕事に飽きたときに集中状態が途切れてしまう。一方、3つ以上大事な仕事を抱えると、ひとつの仕事への集中状態が切れたときに、次は何をしようか迷ってしまい、再び集中状態に入る妨げになるのです。2つなら、ひとつの仕事への集中状態が途切れても、迷うことなくもうひとつの仕事に取りかかることができ、再び集中状態に入りやすくなります。


竹田和平

頑張っている会社の、頑張っている経営者を、投資によって応援すること。それが投資の神髄。


大野直竹

オーナー(創業者・石橋信夫)は創業百周年で売り上げ10兆円という夢があった。そういう夢というのは、僕らに立ち止まってはいけないよということを教えていると思うんです。


若尾逸平

小作人を優遇し、決して苛酷な扱いをしてはならない。使用人は樹の枝葉のようなものである。よろしく優遇して一家の繁栄を図らなければならない。


西川徹(経営者)

大学での技術研究と、産業界の間にある深い溝にジレンマを感じたんです。大学は論文を書くことが主な目的になっていて、せっかくいい技術があってもなかなか製品化されない現状がありました。一方、グーグルに代表されるように、ITの分野では新しい研究がすぐに実用化されていく流れがある。それを見ていて、僕らもアカデミックで生まれた最新の技術を製品にしてすぐ届けられる組織をつくりたいなと。
【覚え書き|起業のきっかけについて】


大林伸安

細かい仕事時間短縮術はいろいろとありますが、その究極は「アウトソーシングできる人間関係を築いておく」ということではないでしょうか。