名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

phaの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

phaのプロフィール

pha(ふぁ)。日本のニート、著述家。大阪出身。京都大学総合人間学部卒業後、国立大学大学職員になる。その後退職。「phaのニート日記」を開設。著書に『ニートの歩き方』『持たない幸福論』『しないことリスト』。

phaの名言 一覧

だるいは危険信号みたいなもの。無理な負荷をかけている時や本当は楽しくないことをしている時の反応なので、だるいに敏感になった方がいい。


逃げをまわりに相談すると、「同じことの繰り返しになる」とか、「自分が弱いからいけない」と否定されることがあります。まわりに理解してくれる人がいないなら、ネットの向こうにいる、自分と気が合う人に相談すればいい。5人くらいに相談すれば、客観的な意見が聞けて判断しやすくなるはず。


誰かが成し遂げた仕事なんて、宇宙全体から見たらものすごく些細なこと。仮にその仕事で世の中が変わったとしても、変わることに意味があるのだろうか? その人がいなくても世界は変わらず続いていくし、その人がやらなければ別の誰かがやるだけのこと。


好きなことを仕事にしている人は頑張ればいい。でも、世の中にはそうでない人の方が多いはず。ニートを批判する人に限って好きでもない仕事を我慢してやっている人が多い。食べる分だけ働いて、あとはのんびりすればいいのに。


phaの経歴・略歴

pha(ふぁ)。日本のニート、著述家。大阪出身。京都大学総合人間学部卒業後、国立大学大学職員になる。その後退職。「phaのニート日記」を開設。著書に『ニートの歩き方』『持たない幸福論』『しないことリスト』。

他の記事も読んでみる

加藤俊徳

脳は年と共に劣化すると思われていましたが、他の臓器と同じで、使わなければ劣化します、脳を満遍なく使って鍛えれば、100歳まで成長し続けることも可能だと思います。


中谷巌

自分の国のことを理解し、自分の言葉で話すことのできる人物でなければ、海外ではどんなに英会話が上手くても、どんなに経済学に精通していても相手にされません。だから、まずは日本の国の歴史や文化に精通することが必要。


ニーチェ

愚者は良い暮らしを得ても、それよりもっと良い暮らしを求める。


アンドレイ・ズビャギンツェフ

映画を含めたアートとは、観客に答えを与えるものではなく考えさせるものです。登場人物の行動に自身を重ねて、実体験を振り返ったり倫理観に疑いをもったり、考えるきっかけにしてもらうことが重要。私はこれを「頭の栄養」と呼んでいます。自らを見つめ直して理解を深め、自分をより良く変えるための頭の栄養になることが願いです。


角山剛

部下をものごとを決める場に参加させることが、決して形だけであってはなりません。部下を巻き込んでも、実際には上司の意向ばかりが一方的に反映されてしまい、当事者の判断や考えが尊重されなければ、不満や失望が高まり、かえって意欲を低下させます。お互いの理解と納得が得られるまで、辛抱強く話し合うことが大切です。


金森政雄

粘って粘り抜く。そうすればいつかは曙光が見えてくるものと私は確信しています。


関口康

失敗から学ぶためのヒントは、過去の記録との比較です。失敗の分析は、仮説の前提条件やシナリオと現実の差を見つけるのがセオリーです。私も20~30代のころは、数日おきに日記を書いていました。メモ程度でいいから、仕事に取りかかる前に自分の考えや仮説を立てた経緯を書いておく習慣をつけると、原因分析がスムーズに進みます。


伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)

資産運用では、自分自身をコントロールできる、しっかり決断ができる。そうした人が総じて成功しています。目標や目的、基準を設けても、それを忠実に実行することができなければ意味がありません。その時々の状況をとらえ、周囲の声などに耳を傾けることは大事ですが、それらに流されて軸がブレてしまってはいけない。これはビジネスと共通していると思います。事態に臨機応変に対応しながらも、目標を見据えて追求することが大切。実際、資産運用で成果を上げている人は、ビジネスパーソンとしても優秀な人が多いように感じます。


中田康雄

鮮度の追求を続けているうちにわかってきたことがありました。鮮度の向上が、単に製品だけでなく当社の経営のクオリティまでも高め、結果として業績の向上につながるということです。つまり、店頭における製品の鮮度が、経営の質を推定する優れたモノサシになることに気づいたのです。


清水喜彦

自分で営業をやったことがある人はきっとわかりますが、お客様は最初から自分が求めていることを言ってくれるわけではありません。場合によっては、何が欲しいのかご自身でもわかっていないかもしれません。最初から「コンピューターで打ち込んでください」では教えてくれるはずがありません。そのことを各支店に行った時には全員に話しています。


中山泰男

人は無形資産です。バランスシートに表れる有形資産の価値を大きく評価する時代から、無形資産重視の時代へと移りつつあります。その意味では、当社の強みである経営理念を具現化できる人財は、他社には簡単に真似ができない高い参入障壁と言えるでしょう。


村田恒夫

お客さまへのサービスや提供価値を創造していくために、全員が同じ思い、目的を共有していくことが重要。