名言DB

9412 人 / 110637 名言

phaの名言

twitter Facebook はてブ

phaのプロフィール

pha(ふぁ)。日本のニート、著述家。大阪出身。京都大学総合人間学部卒業後、国立大学大学職員になる。その後退職。「phaのニート日記」を開設。著書に『ニートの歩き方』『持たない幸福論』『しないことリスト』。

phaの名言 一覧

だるいは危険信号みたいなもの。無理な負荷をかけている時や本当は楽しくないことをしている時の反応なので、だるいに敏感になった方がいい。


逃げをまわりに相談すると、「同じことの繰り返しになる」とか、「自分が弱いからいけない」と否定されることがあります。まわりに理解してくれる人がいないなら、ネットの向こうにいる、自分と気が合う人に相談すればいい。5人くらいに相談すれば、客観的な意見が聞けて判断しやすくなるはず。


誰かが成し遂げた仕事なんて、宇宙全体から見たらものすごく些細なこと。仮にその仕事で世の中が変わったとしても、変わることに意味があるのだろうか? その人がいなくても世界は変わらず続いていくし、その人がやらなければ別の誰かがやるだけのこと。


好きなことを仕事にしている人は頑張ればいい。でも、世の中にはそうでない人の方が多いはず。ニートを批判する人に限って好きでもない仕事を我慢してやっている人が多い。食べる分だけ働いて、あとはのんびりすればいいのに。


phaの経歴・略歴

pha(ふぁ)。日本のニート、著述家。大阪出身。京都大学総合人間学部卒業後、国立大学大学職員になる。その後退職。「phaのニート日記」を開設。著書に『ニートの歩き方』『持たない幸福論』『しないことリスト』。

他の記事も読んでみる

土田晃之

子供は男の子が3人、女の子かひとりいっそ、仕事にしちゃえと自分から言い始めたのが、「貧乏子だくさん」。キャッチフレーズをつけると、それをきっかけに育児系の仕事もやってきましたね。実際、『ひよこクラブ』で連載してますから。


谷内正太郎

世界と共存し、ゼロサムではなくプラスサムの世界をつくるべく、交渉の中で努力することが大事。自国の国益、産業のことだけを考える姿勢になっては交渉はまとまらない。


立川談慶

管理職や上司の方へお勧めしたいのが、部下にスキを見せることです。そのときに有効なのが「自慢話」「グチ」「悪口」の3つです。特に師匠は「グチは大事なんだ」といいながら、自分にもよくこぼしていました。弟子からすると、グチをいってもらえるようになったんだなとうれしいわけです。部下に対して弱い部分を見せることで、逆に人間関係が深まります。そうすれば無茶ぶりもパワハラにはなりませんよ。


谷田千里

体重を減らすことを目的にしても続かない。その先に「おしゃれな洋服が着たい」「カッコ良くなって異性にモテたい」といった楽しい目標があるからこそ、「運動は嫌いだけど頑張ってみよう」「甘いものを食べたいけれど我慢しよう」と思える。同様に「会社をきれいにするため」と言われてもなかなか動く気になりませんが、「自分の将来のため」と思えば、やってみようと思うものです。


波戸内啓介

必要とされるのはクライアントが求めるのは分野に関係なく、自ら動いて切り開いていける人ですね。そういった人は転職しても成功します。逆に大手企業から中堅・中小に移った人で、「前の会社ではこういうやり方だった」と固執するような人はうまくいきません。


宮内義彦

プロ野球を見ても、イチロー選手がオリックスに在籍した92年から2000年の間でリーグ優勝できたのは2回だけ。突出した個がいても、チームとして強くなければ勝ち続けることはできません。


司馬遼太郎

イデオロギーというものは宗教と同様それ自体が虚構であることを思わねばならない。虚構はその虚構に人が酩酊するときしか実在しない。


小泉光臣

お客様に付加価値ある商品群を提供し続けることが大切です。JTはもっとイノベーティブな組織にならなければならない。


藤井孝一

知識はアウトプットにつなげないかぎりは、記憶の底に沈んでいき、やがて消去されてしまう。


瀧本哲史

「仮説思考」とは自らの立てた仮説を補強する材料を集めることではありません。仮説を否定する材料を探し、それがなければ仮説を正しいとする。あるいは仮説を覆す材料があれば、仮説自体を変えて、新しい仮説を考える。こうして仮説、実験、検証のサイクルを繰り返すやり方です。


森川亮

悩んでいる時間があるなら、全部試すことに時間を使った方がいい。ビジネスの場合は、競争が加わりますから、できるだけ早くやった方がいい。


金田一秀穂

デマは「そうあって欲しい」「そうであったら面白いな」という、人々の願望から生まれ出るものです。たとえば、世の中に不満を抱えていたら「誰のせいだ?」と人々はスケープゴートを求める。そこにふっと「これはあの人たちのせいに違いない!」と、いかにもありそうな情報が入り込むと、簡単に広がってしまう。冤罪、バッシング、炎上……、こうした例は枚挙にいとまがないよね。


ショーンK

小さなことでも、それに無心に取り組むことが、状況を変えていく突破口になる。


森正文(経営者)

クロージングのとき、相手によってはすぐに決められない社内事情もあります、それはこちらでいくら頑張っても、どうすることもできません。これは新規開拓営業だからいえるのかもしれませんが、私の場合は、商談でお互いに真剣な話し合いができたら、あとの決断は相手に任せ、次の営業に頭を切り替えていました。


大八木成男

構造改革に終わりはない。夢の創造も同じ。企業の一生は構造改革と夢の創造だと言える。