名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

Mr.マリックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

Mr.マリックのプロフィール

Mr.マリック、みすたー・まりっく。日本のマジシャン(超魔術師)。岐阜出身。高校卒業後、ガス器具メーカーのパロマ工業に入社。マジシャンになる夢を両親に納得してもらうため複数のアマチュアマジック大会に参加し優勝。その後、名古屋のデパートでマジック用品の実演販売を行う。ハワイで行われたPCAM(環太平洋のマジックアソシエーション)の「クロースアップ部門」で日本人初優勝。その後、テレビ出演し、「きてます」や「ハンドパワー」などの独特な言葉で人気を博し、超魔術ブームを起こした。

Mr.マリックの名言 一覧

本気で没頭していると、絶対に応援してくれる人と出会う。


誰かが大きくブレイクできるかできないか。その違いは、キーとなる人と出会うかどうか。ただし、人生これに賭けているくらい突き抜けてないと、人は声をかけてくれない。


何かを作り出す仕事には締切りが重要。


時に応じてスタイルを変え、人々の注目を集め、最前線で驚かせ続けること。師匠もなく、マジックを続けてきた私が後進のためにできるのはそれだけ。


マジックには言葉が通じなくとも感じ合える力がある。人は目の前で信じられないことが起きると、驚き、楽しんでくれる。言葉の壁、人種の壁を軽々と超えてしまう。


テレビの仕事をしながら私が仕掛けていったのは、マジシャンの三原則、「先に現象をいわない」「同じマジックを繰り返さない」「タネ明かしをしない」を破ることだった。


サラリーマンを辞めるときに猛反対していた両親を説得するために、アマチュアの大きな大会で二連続優勝しました。


マジシャンとして最初に就いた仕事が地元名古屋のデパートのおもちゃ売り場での手品道具の実演販売でした。毎日、私のマジックでお客さんの喜ぶ顔がみられて、幸せでした。これが私の原点です。


「迷ったら、迷わず原点に返れ」といいますね。まさに私がそうでした。地元のデパートに必死で頼み込んで、もう一度、実演販売の仕事からやり直すことにしました。やがて、上京。所持金は皆無でした。そのときから14年間、都内のデパートの手品コーナーに私は立ち続けました。接客業ですし、連日、休憩なしの8時間ぶっ通しの仕事でしたが、つらいと思ったことはありませんでした。いつか自分のライブ・ショーを開きたいという夢があったからです。


テレビに出演する際、私はよくプロデューサーに「誰がゲストかわからなければ、出し物は決まらないんだ」と話します。具体的に目の前で相手が喜ぶ姿が浮かんでくるような説得力のある仕事を目指す。これこそ、私にとってのエンターティナーの原点なのです。


若いマジシャンがたくさん出て、業界を盛り上げてくれるのは喜ばしいことだと思っています。ただ彼らの多くは、トランプならトランプと、自分の専門を極めていくタイプが多いようですが、私はどちらかといえば、オールラウンドプレーヤーを目指しています。もはやマジックの原理はほとんど発明しつくされていて、あとはそれらをいかに組み合わせるかが勝負になっているからです。


手品の実演販売には、のちに真のエンターティナーになるための基礎が詰まっていました。なにしろデパートには、ご年配の方からお子さんまで、様々な方がいらっしゃいます。そうした方々に手品道具を買ってもらうために、私はマジシャンの3つの掟、つまり(1)これから起こることを先に話さない(2)同じマジックを繰り返し見せない(3)客の前でネタを明かさない、をあえて破りました。いま私がテレビでやっている「超魔術」と同じですね。そうすると、通りすがりのお客さんも「なんだろう?」と興味を持って立ち止まってもらえるし、「こんなシンプルなトリックに、大人が引っかかるんだ!」という感動を与えることができるわけです。一言でいうと「説得力」です。当時の私は、この力を徹底して磨きました。


マジックの根底には、希望と再生を伝える力が息づいている。マジックというのは必ずハッピーエンドで終わる。いくら剣で体を突き刺すようなバイオレンスを演じても、最後に体は元に戻る。すると、見ていた人も安心して笑顔になる。


人は崖っぷちに追い込まれると力が出る。だから、仕事の効率を上げたいと思っている人は、とにかく先に引き受けること。やりますと頷いた以上、スイッチを入れざるえをない。そういう状況で心の奥底から出てくる火事場の馬鹿力こそ、人の持つ超能力だ。


実演販売で学んだのは、立て板に水のようにしゃべると相手に伝わらないということ。セリフのような言い回しも嘘にしか聞こえない。目の前の人に合わせ、その場その場で語りかけるのが売る話法の基本。


私の超魔術やハンドパワーも5千年近い歴史を持つマジックの系譜の上にあります。古くは王様を魅了し、天文学や統計学の発展に貢献し、常に人間の本能を揺さぶってきたマジック。その力を私なりに発展させたものだから。


私にとってのご褒美は、ライブ会場に、おじいちゃん、お父さん、息子さんの3世代で観にきてくれるお客さんがいること。世代を超え、みんなが一緒に楽しんでくれる。そんなマジックの力を目の当たりにするたび、たまらない気持ちになるんです。


デパートでの手品用品の実演販売を始めた当初、収入ゼロの日々が続きました。そこで考えたのは「まず人を集めること」でした。私は階下の家庭用品売り場へ行き、おろし金や「磨き」と呼ばれる洗浄道具を売る実演販売のプロの手法を観察しました。彼らの販売テクニックは見れば見るほど、人間の心理に則していた。私は彼らから商売の基礎を学び、エンターテインメントの前にサービス業としてのマジックを身につけた。このとき身につけた説得話法は、テレビに出始めた際、本当に役立った。


Mr.マリックの経歴・略歴

Mr.マリック、みすたー・まりっく。日本のマジシャン(超魔術師)。岐阜出身。高校卒業後、ガス器具メーカーのパロマ工業に入社。マジシャンになる夢を両親に納得してもらうため複数のアマチュアマジック大会に参加し優勝。その後、名古屋のデパートでマジック用品の実演販売を行う。ハワイで行われたPCAM(環太平洋のマジックアソシエーション)の「クロースアップ部門」で日本人初優勝。その後、テレビ出演し、「きてます」や「ハンドパワー」などの独特な言葉で人気を博し、超魔術ブームを起こした。

他の記事も読んでみる

鴻池忠彦

鉄鋼業界では、もともと当社が工場内での運搬事業を手がけていたこともあり、鉄の性質や製鉄に関する知識を積み重ねてきました。この経験や培ったノウハウを生かして、鉄の水切りや、配送、高炉や転炉、連続鋳造など幅広い工程に関わる仕事を任せていただいています。


児玉光雄

価値観や嗜好など、これまでの自分の人生から湧き出たもの、直感で決断したほうが自分の幸せに近づける。


細谷英二

社外取締役に当該企業と利害関係がない方を複数入れ、いろいろな助言や苦言をもらうことはとても大切です。りそなの場合、取締役会の議論が3~4時間に及ぶことも珍しくありませんでした。大事なのは様々な切り口から意見が出され、りそなはどういうマネジメントスタイルが最適か皆で真剣に考えたことでした。


山内溥

同じことをよく聞かされるんですが、何があるんかと僕は言うんですよ。ユニークという企業では、東京のほうがよっぽど多いですよ。それでも京都にユニークな企業が多いといわれるのは、町のスケールに比してという意味だと思うけれどもね。しかし、京都の企業にユニークさなんてそんなにありませんよ。僕が見る限り。


上田渉

出張だからといって特別なことは何もしません。仕事のスタイルも鞄に入れて持ち歩く物も、普段と同じです。というのも、私は商談や打ち合わせで外を飛び回ることが多いため、日頃からいつでもどこでも仕事ができるようにしているからです。いわゆるノマドワーキングが私の基本スタイル。だから宿泊の際は着替えを持っていくくらいで、あとは本当にいつもと変わりません。私にとって出張は、日常の延長なのです。


小倉広

フジゲンを世界一のギター会社に導いた横内祐一郎会長が「一流の人は皆、素直」と語っていたが、素直だから一流になれたと言い換えてもいいでしょう。


大前研一

明治維新のときでも、国民の1%も参加していません。国民全部が動く革命なんて存在しない。激しい革命の中を全速力で走り抜けた人間だけが勝ちます。ほんの数人が駆け抜けるだけで必ず変化というのは起きてくる。


西和彦

これだけ様々な経験をしてくると、本当に人の価値観は多様だなと思います。批判を恐れずに言えば、周囲を気にするより、自分が本当に楽しめることだけを考えて生きた方がいい。


中島武

一つのテーマが決まると、それを横展開していきます。たとえば、中華料理の冷やし中華のメニューを100種類考えろって言われたら、僕はすぐに考えられるんですよ。味では、辛い、味噌、シンプル、ヘルシー、ゴージャス。素材はゴージャスだったら、フカヒレ、アワビ、和牛のたたき、マグロのカルパッチョ・・・というふうに。お店も同じで、地味にいくのか派手にいくのかといったような形で考えていくと、いろいろなものが出てきます。


北島康介

どんな敵が来ようとも、自分の結果を残せばいいんじゃないですかね。


森川亮

先が見えない中であれこれ考えていても、考えている最中にまた周囲の状況が変化してしまうので、走りながら考えざるを得ない。つまり、今の時代に重視すべきなのは、質よりもスピードです。速いスピードで走ることを大前提にしながらも、それにプラスして質も高めていくことが大切なのです。


中山讓治(中山譲治)

アメリカだろうとヨーロッパだろうと、少なくとも先進国を相手にビジネスをやる場合、こちらが内容のあることを語っていれば、たとえ流暢な英語でなくても相手は必ず理解してくれます。優れた発想や鋭い指摘は、ちゃんと受け止めてもらえます。逆にいえば、一見英語力の差で負けているように見えても、実は中身で負けている方が多いのです。相手の方が深くものごとを考えていたから議論に負けたという場合が多いのです。