名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

J.C.ペニーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

J.C.ペニーのプロフィール

J.C.ペニー(ジェームズ・キャッシュ・ペニー)。アメリカの起業家。「J・C・ペニー」の創業者。2店舗の小さなチェーン店ゴールデンルールストアーズで働き仕事を学ぶ。ゴールデンルールストアーズのオーナーの出資と自己資金で自分の店(ゴールデンルールストアーズ・ケメラー店)を持つ。その後、ゴールデンルールストアーズのオーナーから3店舗の経営権を購入し、J・C・ペニーを設立。最終的には全米に1000店舗を擁する一大デパートへと成長させた。アメリカの小売業界を刷新した人物。

J.C.ペニーの名言 一覧

私はあらゆるトラブルに感謝している。ひとつのトラブルを克服したあと、より強くなり、これからやってくるものに、よりよく対処できるようになっていたからだ。


J.C.ペニーの経歴・略歴

J.C.ペニー(ジェームズ・キャッシュ・ペニー)。アメリカの起業家。「J・C・ペニー」の創業者。2店舗の小さなチェーン店ゴールデンルールストアーズで働き仕事を学ぶ。ゴールデンルールストアーズのオーナーの出資と自己資金で自分の店(ゴールデンルールストアーズ・ケメラー店)を持つ。その後、ゴールデンルールストアーズのオーナーから3店舗の経営権を購入し、J・C・ペニーを設立。最終的には全米に1000店舗を擁する一大デパートへと成長させた。アメリカの小売業界を刷新した人物。

他の記事も読んでみる

武藤潤(経営者)

サプライチェーン全体を見渡して生産性を改善すれば、より少ないエネルギーで燃料油や石油化学製品を作れるようになります。原油価格にもよりますが、当社だけでも輸入した原油のうち約1000億円程度は製品、半製品の精製過程で自家燃料として使っています。これを設備投資や運転面の改善で、1%程度でも改善できれば10億円のコスト削減になる。年間で見ればわずかでも、10年続ければ100億円で大きな改善になる。


藤沢武夫

私はわりに理論的です。経営についての考え方は理論的だと思います。理論的なら社長が務まるかといえば、これは別です。社長ってものは、理論なんかなくったって、「いいからかん(いい加減)」でいいんです。ただ本物の自分を持っていること、技術では本物だということ、それで十分です。あとのことは他の人がやればいい。


高野登

失敗をそのまま放っておいてはいけません。必ず、次に活かすようにしてください。


野田一夫

僕はもちろん日本が大好きだが、この国では、いつまで経っても不合理な慣行がなくならないことだけは困ったものだ。たとえば、会議の席で誰かの批判めいたことをいうとする。あなたが年長者ならいいのだが、年が若いとか新参者であれば「生意気だ」と決めつけられ、陰口を叩かれ、足を引っ張られる。つまり大方の参加者にとっては、「何をいったか」ではなく「誰がいったか」が重要なのだ。本来、発言で大事なのは「理はどちらにあるか」。反発するなら、発言の内容に対してするべきだ。


岩田松雄

私には、合計3社、8年間の社長経験があります。その経験から、企業経営にとって一番大切なものは「ミッション(使命)」だと痛感しました。「ミッション」とは、企業の存在理由です。


水野雄介

経済成長していた時代は、指示されたことをやる能力があれば幸せになれたので、間違いのない答えを出すことが重要でした。しかし、いまは誰も正解がわからない。自分で答えをつくらせる教育をしないといけない。


土光敏夫

物事を成就させる力は何か、その力の中にはむろん能力があろう。だが能力は必要な条件であっても十分な条件ではない。十分な条件とは、その能力に、機動力、粘着力、浸透力、持続力などを与える力である。そのような諸力を私は執念と呼びたい。


諸井虔

恐れる必要はありません。管理職集団の側も、自己否定をしなければ会社が生き残れないことがわかってきています。そこが大きな変化であり、チャンスです。経営トップが自分の職をかけて強いリーダーシップを発揮すれば、改革はできます。仮に業界のトップ企業の経営者が決断して改革を始めれば、同業他社にも改革の動きは広がっていくでしょう。


小池利和

失敗を恐れずに行動し、会社のために必要ならしっかりと発言をする。そうした人材を生み出す組織をいかに維持するか。悩ましい問題です。


竹下登

汗は自分でかきましょう。手柄は人にあげましょう。


本田宗一郎

若い者は体験が少なく、経験も浅いから、よく分からないこともあるだろう。どうしても合わないと思えば、これは仕方がないんだから、やり直せばいい。それができるのが若さの特権というものだよ。この若さというものは人生に二度ない素晴らしいものだ。


日覺昭廣

日本の製造業で苦戦している企業を見ると現場での課題の追究が足りないのではないか、と感じることがあります。競合他社や市場環境に左右されている面は大きいと思いますが、課題が分からなければ対策を立てられません。答えはすべて現場にあるのです。