名言DB

9419 人 / 110788 名言

J.C.ペニーの名言

twitter Facebook はてブ

J.C.ペニーのプロフィール

J.C.ペニー(ジェームズ・キャッシュ・ペニー)。アメリカの起業家。「J・C・ペニー」の創業者。2店舗の小さなチェーン店ゴールデンルールストアーズで働き仕事を学ぶ。ゴールデンルールストアーズのオーナーの出資と自己資金で自分の店(ゴールデンルールストアーズ・ケメラー店)を持つ。その後、ゴールデンルールストアーズのオーナーから3店舗の経営権を購入し、J・C・ペニーを設立。最終的には全米に1000店舗を擁する一大デパートへと成長させた。アメリカの小売業界を刷新した人物。

J.C.ペニーの名言 一覧

私はあらゆるトラブルに感謝している。ひとつのトラブルを克服したあと、より強くなり、これからやってくるものに、よりよく対処できるようになっていたからだ。


J.C.ペニーの経歴・略歴

J.C.ペニー(ジェームズ・キャッシュ・ペニー)。アメリカの起業家。「J・C・ペニー」の創業者。2店舗の小さなチェーン店ゴールデンルールストアーズで働き仕事を学ぶ。ゴールデンルールストアーズのオーナーの出資と自己資金で自分の店(ゴールデンルールストアーズ・ケメラー店)を持つ。その後、ゴールデンルールストアーズのオーナーから3店舗の経営権を購入し、J・C・ペニーを設立。最終的には全米に1000店舗を擁する一大デパートへと成長させた。アメリカの小売業界を刷新した人物。

他の記事も読んでみる

石村和彦

力を振るうには、勇気も必要。子会社での人事も「乱暴だ」と言われましたが、失敗なら戻せばいいと開き直っていました。


榊原節子

投資のスタイルは各人それぞれニーズも生活状態も異なっているのに、日本人は横並びになる傾向があります。例えば、権威者に勧められたから、お隣さんが買ったからという理由で自分も便乗する。その結果高いところで買って安いところで売るはめになり損をします。これでは主体性が欠けていると言わざるを得ません。ムードに流されて投資をしない、これがまず基本です。


五島慶太

最近よく人から、あなたにも昔はご婦人とのロマンスぐらいはあったでしょう、と聞かれるのだが、正真正銘私にはロマンスなどというものはない。もし私にロマンスがあったとしたら、女に惚れていたとしたら、今日の私はあり得なかったろうと思う。事業に対する野心がロマンスを征服してしまったというか、惚れたのはれたのということを考える余裕もなかったのである。


本田宗一郎

息子や親せきでないと社長にしないとか、東大出でないといかんとか、企業に関係のない条件で社長を選んでいるところがある。みんなが見ているというのに、それでいいと思っているんですかね。会社は大勢が飯を食うところ、大勢の生命の源泉です。そこを忘れたら会社は潰れますよ。
【覚書き:ホンダの社長は2代目以降も能力重視で現場たたき上げの人間が多数を占めている】


箭内道彦

アイデアのためのメモは取りません。テレビ番組などに台本とアドリブがあるでしょう。僕にとってメモは台本と同じなんです。台本があれば、どうしても「次はどうするんだつけ?」と考えてしまう。メモに縛られ、自分の予想した範囲を超えられなくなってしまうのが嫌だから、メモを取らないんです。


岩田松雄

学校では学級委員、野球部ではキャプテン。いつの間にか、チームのリーダー的ポジションについていました。日産では、入社時に「社長になる」と大それた宣言をしていましたが(笑)。志だけは高かったですね。


森川亮

ほとんどの場合、人は本能で行動しているんです。そこに本質があります。特に「無意識のとき、何に時間を使っているか」。そのときの行動に本当のニーズがあるんですよ。


鈴木修

かつて大企業といえば、資本金や人員数、売上高、歴史、利益といったものさしで判断することができました。ところが現在では、そうしたものさしだけで大企業だと判断することはできません。業界でシェアがナンバーワンかどうか、すなわちプライスリーダーであるかどうかが肝心です。たとえ小さな規模でも、強い個性や特色を備えた商品で、極めて高い市場シェアを持つ会社こそが大企業であると言えると思います。スズキはまだその域に達していません。


高城幸司

明らかな無理難題を相手に納得してもらわなくてはならないとき、簡単なテクニックがあります。それは、相手に自分の言葉で話させることです。質問し、相手に自分の言葉で話しをさせて、当事者意識を持ってもらうというプロセスを踏むことで、禍根を残さず、結果的に仕事の効率をあげることができるのです。


中村礼子

ドーンと背中を叩かれた感じ。それが今期の成績の原動力になっています。
【覚え書き|全日本選手権で伊藤華英選手に負けたことを振り返って】