名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

J.C.ペニーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

J.C.ペニーのプロフィール

J.C.ペニー(ジェームズ・キャッシュ・ペニー)。アメリカの起業家。「J・C・ペニー」の創業者。2店舗の小さなチェーン店ゴールデンルールストアーズで働き仕事を学ぶ。ゴールデンルールストアーズのオーナーの出資と自己資金で自分の店(ゴールデンルールストアーズ・ケメラー店)を持つ。その後、ゴールデンルールストアーズのオーナーから3店舗の経営権を購入し、J・C・ペニーを設立。最終的には全米に1000店舗を擁する一大デパートへと成長させた。アメリカの小売業界を刷新した人物。

J.C.ペニーの名言 一覧

私はあらゆるトラブルに感謝している。ひとつのトラブルを克服したあと、より強くなり、これからやってくるものに、よりよく対処できるようになっていたからだ。


J.C.ペニーの経歴・略歴

J.C.ペニー(ジェームズ・キャッシュ・ペニー)。アメリカの起業家。「J・C・ペニー」の創業者。2店舗の小さなチェーン店ゴールデンルールストアーズで働き仕事を学ぶ。ゴールデンルールストアーズのオーナーの出資と自己資金で自分の店(ゴールデンルールストアーズ・ケメラー店)を持つ。その後、ゴールデンルールストアーズのオーナーから3店舗の経営権を購入し、J・C・ペニーを設立。最終的には全米に1000店舗を擁する一大デパートへと成長させた。アメリカの小売業界を刷新した人物。

他の記事も読んでみる

中野勘治

従来の成功の方程式のままでいいのか、まさに問われているのだと思います。日本は製造業に軸足を置きすぎていました。急激なパラダイムシフトの渦中にあることを自覚し、変化をどうとらえるかが、経営に問われています。


中山善郎

冬が来るなら冬支度をせねばなりません。父親がストーブもオーバーも用意できないなら、子供は凍え死んでしまいます。未経験の事態代からといって適切な対応ができないようでは経営者失格です。


葛西紀明

もともと引退したら監督・コーチをやってみたい気持ちはありましたし、後輩たちを早く世界一に育ててあげたいとも思っていました。それに、後輩に教えながら「自分もここに気をつけよう」などと気づくこともたくさんあります。

【覚え書き|現役を続けながら土屋ホームスキー部監督を務めていることについて】


瀧本哲史

自信がないのに「他社がやっているから」「上司の命令だから」では勝てません。自分の頭でしっかり考えて、行動する。それがコモディティー化の波にのまれない第一歩です。


サルトル

人間存在は、何よりもまず、まったくの無なのだ。


宮本恒靖

「ここへ行きたい」と決めて、逆算して行動する方が合理的だとは思います。しかし、自分としてはぐ自分の引き出しの中へいろんなものを入れておきたいんです。将来的にどう繋がるのか分からないけれど、その時々に興味のあること、ベストだと思うことをやっていけば、その経験が後々、生きてくると思うから。


遠藤功

ロジックを組み立てることは、必ずしも悪いことではありません。ただ、「ロジックが大切」「論理的に話すことが大事」ということばかりを意識して、相手のことをまるっきり考えず、自分のロジックを押しつけようとする人が多いように思います。たとえば、商品を欲していないお客様に対して、「他社製品と比べて、品質が格段によくて、価格もリーズナブル。だから、あなたはこれを買わなければ損」というロジックで、買わせようとする。自分にとっては正しいロジックかもしれませんが、相手からみたら自分勝手な屁理屈に過ぎません。にもかかわらず、理詰めでいいくるめようとする……。これでは相手の心を閉ざすだけ。聞き入れてもらえるはずがありません。


山田昭男

社員旅行には毎年行っていて、費用はすべて会社が負担している。5年に一度は海外へ旅行していて、これまでオーストラリア、パリ、ハワイなどいろいろなところに旅行し、社員たちに喜んでもらっている。数百人の社員を海外に連れて行くには億単位の費用がかかるが、社員たちが一生懸命働いてくれて稼いだお金だから、社員が喜ぶように使う。もちろんこれも仕事へのモチベーションアップにつながる。


西川清(経営者)

在庫は持つな、腐敗するものは扱うな、流行を追うな。この3つだけは絶対に守れ。


齋藤茂(経営者)

うちはお客さんの開発チームに入っているから最新技術や情報が常に入ってくる。それを利用して技術力を高めたり、方向性の見定めをいち早く判断する。


夏野剛

今までの日本人は「能ある鷹は爪を隠す」だった。でも、爪は隠していると尖らないんだよ。爪を尖らすためには使わないと。


遠藤功

コストを下げなければならないといった課題がある中で、10%コストを減らしましょうといったレベルでは、もはや世界の競争に追いつけません。全体を抜本的に見直し、コストを半減しなければならないといったレベルに挑戦しなければならないのです。