名言DB

9412 人 / 110637 名言

H・G・ウェルズの名言

twitter Facebook はてブ

H・G・ウェルズのプロフィール

H・G・ウェルズ。ハーバート・ジョージ・ウェルズ。イギリスの作家、小説家。SFの父と称えられている人物。サウス・ケンジントン科学師範学校(現:インペリアル・カレッジ)卒業後、ジャーナリストや小説家として活動しはじめる。『モロー博士の島』『透明人間』『月世界旅行』『宇宙戦争』『タイム・マシン』、第一次世界大戦前に原爆を予見した『解放された世界』のほか、多数の名作を残した

H・G・ウェルズの名言 一覧

我々の真の国籍は、人類である。


補助金を与えられた学問は、独立して他から束縛を受けない人々と接触し、刺激を得なければ創意を欠き、革新に抵抗し、臆病かつ保守的なものになりやすい。


H・G・ウェルズの経歴・略歴

H・G・ウェルズ。ハーバート・ジョージ・ウェルズ。イギリスの作家、小説家。SFの父と称えられている人物。サウス・ケンジントン科学師範学校(現:インペリアル・カレッジ)卒業後、ジャーナリストや小説家として活動しはじめる。『モロー博士の島』『透明人間』『月世界旅行』『宇宙戦争』『タイム・マシン』、第一次世界大戦前に原爆を予見した『解放された世界』のほか、多数の名作を残した

他の記事も読んでみる

藤巻健史

私は1950年生まれで、日本がそれほど豊かではない時代に育ちました。そのため、大学を出て社会に出た当時、「会社を辞めたら食えない」という危機感がまだリアルにあったのです。必死に仕事にしがみつく必要があったので、やりがいだのモチベーションだのといっていられません。やはりいまは豊かになりすぎて、「働くというのは食べるためだ」という基本が忘れられがちになっている。やりがいを求めるのは悪いことではないでしょうが、それがかえって、いまの若い人を苦しめている部分もあるんじゃないですか。「食べるためだ」ときちんと認識していれば、頑張れるものですよ。


橘フクシマ咲江

「外柔内剛」という言葉があります。日本人が国際的な場で働く際は、この考え方が不可欠だと思います。海外の流儀に合わせつつ、内側に日本人としての「芯」を堅持することが大切なのです。


秋山進

今いる組織での出世だけが目的なら、社内イベントに欠かさず出席して上層部に顔を売る、といった方向性の努力も必要だが、他の企業でも通用する真の実力を磨くためには、「変人」と呼ばれるのを覚悟で誘いを断り、自分の時間をしっかり確保することも大切。


林修

流れを読むには「縦の視線」と「横の視線」が必要だと思っています。例えば、麻雀が弱い人は目の前の牌しか見ていない。つまり縦の視線しか使っていません。逆に強い人は、もちろん自分の牌も見えていますが、周りの動きに気を配り、人の手を読む。これが横の視線です。二つの視線のバランスのいい人が麻雀は強い。全体を冷静に俯瞰して流れを読み、いい流れなら一気に押し、悪い流れが来たらムリをしないで待つ。これは仕事も同じではないでしょうか。


築山節

人の名前や会議の内容など、文字を目で追ったり話を聞いたりするだけでは記憶に残りにくく、書いたり話したりという出力を意識してようやく使える記憶になります。メールで何度も読んでいるはずの名前が思い出せないのも、そもそも口に出して発音していないからなのです。


梨田昌孝

投手出身でも野手について学び、野手出身でも投手の育成に関心を持つ。何にでも口を挟むのはよくないが、自分の知識として得意分野以外も学ぶ姿勢は、これからの指導者に強く求められると実感している。


中村邦晴

決断するときはたった一人。上に行くほどリーダーには孤独と不安が付きまとう。


ジョセフ・バウアー

会社が厳しい競争を勝ち抜き、成功していくためにどう変わるべきかを深く冷徹に理解するには、自分の会社を外から客観視できる視点が不可欠です。


菊池昭一(経営者)

当社は昔のスタイルから脱却すべく改革を進めている最中です。多くの企業と同様、お客様と接する時間より社内にいる時間の方が長いんですね。社内のルールや規則、コンプライアンスに縛られて「報連相」をしなければならないために、社内にいる時間が一日のうち30~40%にも増大していました。それを半分にしようと思っています。


日野江都子

まず、「かっこよくしよう」ではなく、「悪くないものにしよう」「相手に失礼がないようにしよう」というところから始めること。「おしゃれに」ではなく、「ちゃんとする」「清潔にする」というのが、何よりも重要であり、すべての基本です。


平井伯昌

智力を備え、自分で考えて行動できる選手こそが、やはり勝負に強い。


菅井敏之

投資で失敗した人の多くは勉強不足。目標とする投資家の本を読み、講演を聞いたほうがいい。受験勉強に比べれば楽なもの。


さだまさし

未練たらしいというか、逃げるのがいやで、「もう駄目だっていうところまでやらせてくれないかな」と言ったら、スタッフも「いや、まさしがそうと決めたら、行くとこまで行こう」と言ってくれて。歌って稼ぐしかない! と動き出したんです。不渡りも出したし、もう自転車操業もいいとこでね。
【覚え書き|ドキュメンタリー映画『長江』で28億円の借金を背負ったときを振り返って】


ホルスト・シュルツ

私にとって、ブランドとは、絶対に守らなければならない約束です。カノンを掲げ、私たちはサービスの新機軸をつくりあげていきます。
【覚書き|リッツ・カールトンを退社後、ウエストペース・ホテル・グループを設立したときに語った言葉。カノンとは従業員をひとつの方向に束ねるためのサービス・スタンダードをまとめたもの】


佐藤優

ギリシャ語に「テロス」という言葉があります。「目的」という意味なのですが、同時に「完成」、「終わり」という意味もある。英語の「エンド」という言葉も「目的」と「終わり」の両方の意味がある。目的論的な考え方には、必ず「完成」「終わり」という概念がくっついているんですね。つまり何かに対して「諦めない」ということは、完成形がイメージされていなくちゃならない。執着の泥沼に陥るのはたいがい「終わり」や「出口」の見えないものを追いかけているわけ。