名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

DJ AMIGAの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

DJ AMIGAのプロフィール

DJ AMIGA。日本の女性DJ。Electrical LOVERSとして音楽活動を開始。各種プロデュースなども手がけた。

DJ AMIGAの名言 一覧

DJとして心掛けていることは、自分が楽しむこと。やはり、自分が楽しんでないとお客さんも楽しく無いと思うので。


私たちはDJの他にもマイクパフォーマンスをしたり、ダンスを踊ったりして、その場を華やかにすることを目指しています。とにかく、お客さんにいいものを提供し、お客さんが楽しいと思ったり、喜んだりしてくれればと。皆さんに日々、元気と笑顔をお届けしたいと思いながら活動を続けています。


私が現場に入ってまず考えることは、どういう年代の人たちが多くて、その人たちはどういうことが好きで、普段はどんな車に乗り、どんな遊びをし、どんな音楽を聴いているんだろうと、その人たちの背景を探っていくんです。その場のお客さんの雰囲気にフィットした音楽を考えるというのはとても重要だと思います。


DJ AMIGAの経歴・略歴

DJ AMIGA。日本の女性DJ。Electrical LOVERSとして音楽活動を開始。各種プロデュースなども手がけた。

他の記事も読んでみる

前田新造

いまの私のミッションは、経営を阻害している要因を極小化し、成長一本に向けて走れるような形を作っていくこと。既に成長への道筋をつけ、行く手を阻む経営課題も大方取り除くことができたと思っている。


ブライアン・マーティーニ

テクニックは人格というベースがあってこそ生きる。


森川亮

「人間は飽きっぽい」という本質は変わらない。何かが流行ったとしても、必ず終わる時が来る、という周期があります。今の時代は、その周期が昔に比べて早まっているだけ。


大野暉

以前は自分中心でした。でも、会社を成長させるには自分だけではダメで、メンバーの力をグッと引き出さなくてはいけないということを学びました。


伊藤雅俊(味の素)

社員には自分の専門性を追求するとともに、それが社会やお客様とどう組み合わされば喜んでもらえるのかを考え抜いてほしいと思っています。


千玄室(15代目)

茶の道で一番大切な教えは、「和敬清寂(わけいせいじゃく)。千利休が掲げた精神です。「和」は、皆で和し合うこと。英語で言えば「peace and harmony(平和と調和)」。「敬」は、敬い合うこと。肩書きのある人だけを敬うのではなく、人間すべてを敬うことを指します。そして「清」は、清らかな気持ちを持つこと。「寂」は、寂然不動の心構え、何事にも動じない気持ちを持つことを意味しています。茶の道とは、これらの心を涵養(かんよう)することなのです。「和敬清寂」の精神があれば、広い心で物事をとらえ、相手の立場になって仕え合えるようになります。仕事でいえば、売り手と買い手、経営者と従業員が互いの立場を理解し合うようになる。正しい仕事の道というのは、そこからひらけてくるのではないでしょうか。


藤井孝一

本で勉強するなら、テーマを決めて、それに関する本を20冊ほど買って読むことをお勧めします。それくらい読めば、どの本にも共通して書いてある、その分野の勉強の勘所がある程度わかるようになります。


横川竟

もともと「すかいらーく」でやっていたのは「料理を売ること」ではなく、「楽しさを売る」ことでした。ところが組織が大きくなって上場したら、それができなくなった。上場して株主ばかり見て仕事をする会社になってしまうと、消費者や従業員のことがそっちのけになってしまうんですね。だから「ジョナサン」でと思ったんですが、できたのは300店くらいまで。「優遇するのは株主よりも従業員の方が先、株価と配当と上がれば文句を言われる筋合いはない」と言って頑張ったんですが、最後にはそれが通らなくなってしまいました。


リチャード・ニクソン

成功に満足してはならないし、失敗に落胆してもならない。失敗は悲しいものだが、最大の悲しみは、挑戦して失敗することではなく、まったく挑戦しないことである。


水野和敏

1980年代にはヨーロッパでも日本車が売れるようになった。日産は日本車の中ではかなりシェアを持っていたほうだった。その当時は「オースター」「スタンザ」「ブルーバード」などのFF車(前方にエンジンを搭載した前輪駆動車)が花盛りって頃ね。俺もFFの「サニー」や「マキシマ」をひとりで設計していた。「サニー」に1.5リッターのターボをつけたり、マキシマは六気筒エンジンにターボをつけたり、それで「趣味性の高いスポーツセダンという新しいカテゴリーを確立したぞ」、とちょっと調子に乗っていたの。そうしたら、ヨーロッパで叩きのめされることになった。それがよかった。おかげで、いまに至るまで大事にしていることに気づけたんだ。


石井幹子

昨今は日本の技術は素晴らしくても、それだけで日本の製品が売れる時代ではなくなっています。そこに何かソフトを加えて、生活を豊かに、幸せにするというようなアプローチをしていかなければ、モノが売れない時代です。


斉藤惇

基本は、規制はない方がいいと考えています。本当に害になるようなことに対しては何らかの規制が必要でしょうが、原則は大きな幅をもって考える。たとえば新幹線が1分も遅れずに来るのは美しいですが、2、3分の幅があってもいいくらいの感覚で臨めば、もう少し他の分野でも幅を持った取り組みができるのではないでしょうか。いまは遊びの部分がまったくありません。ガチガチの規制の中でビクビクしながらやっている。