名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

DJ AMIGAの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

DJ AMIGAのプロフィール

DJ AMIGA。日本の女性DJ。Electrical LOVERSとして音楽活動を開始。各種プロデュースなども手がけた。

DJ AMIGAの名言 一覧

DJとして心掛けていることは、自分が楽しむこと。やはり、自分が楽しんでないとお客さんも楽しく無いと思うので。


私たちはDJの他にもマイクパフォーマンスをしたり、ダンスを踊ったりして、その場を華やかにすることを目指しています。とにかく、お客さんにいいものを提供し、お客さんが楽しいと思ったり、喜んだりしてくれればと。皆さんに日々、元気と笑顔をお届けしたいと思いながら活動を続けています。


私が現場に入ってまず考えることは、どういう年代の人たちが多くて、その人たちはどういうことが好きで、普段はどんな車に乗り、どんな遊びをし、どんな音楽を聴いているんだろうと、その人たちの背景を探っていくんです。その場のお客さんの雰囲気にフィットした音楽を考えるというのはとても重要だと思います。


DJ AMIGAの経歴・略歴

DJ AMIGA。日本の女性DJ。Electrical LOVERSとして音楽活動を開始。各種プロデュースなども手がけた。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

人間は「自分でなければできない」と錯覚していることが多すぎる。


庄司眞

事業会社間の情報共有も進めています。現在ホールディングス体制の下、首都圏で営業する6つの事業会社ごとの情報を横断的に共有しています。例えば、東京で成功した事例を埼玉で導入する、あるいは千葉で失敗した事例を徹底的に分析し、東京で再び最適化するといった展開につなげています。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

ことを始めるにあたっては、必ず正確な統計データをとって研究を重ねる私たちに、人々は「賽の河原の石積み」と笑っていたが、事業は回を重ねるごとに、組織の拡大速度は著しく早まり、効率はグングンとよくなっていた。
【覚書き|嶋田氏は太平洋戦争前から広告の効果測定を行い、媒体ごとの成約率、顧客一人あたりの獲得単価を算出していた】


小林道寛

リーマンショックを契機に、もう一段会社が強くなった。


菊池誠(物理学者、テルミン奏者)

正直言って、自分が置かれている状況下で常に科学的なリテラシーを機能させられるかというと、そうはいかないでしょう。今のところ僕がやっているのは、既に起きているニセ科学の実例、典型例をいくつも見ていくことです。そこから、次に何か新たな怪しいものが来た場合に、どう対処したらいいかを学ぶしかないだろうと。ある程度たくさんケースを見ていれば、何か出てきた時に、あれと似ているなというのは分かるだろうと思うんですね。それしかないのかなと考えています。


山口真導

「決算害を分析して経営に活かす!」というなら、その前に決算書が実態にピッタリあっていなければなりません。決算書の説明をきいて違和感を感じたら、遠慮せずに、「それはおかしい」と顧問税理士に言ってみましょう。そこで税法のルールの説明が始まったとしたら、その決算書は経営に活かすことが出来ない、税金計算用の決算書だと思って間違いないでしょう。


村田諒太

プロ1、2戦目は「圧倒したい、KOで勝たないと」、っていう気持ちが先走り、勝ちはしましたが、練習の成果がまるで出せなかった。でも、その反省を踏まえた3戦目は普段の練習通りのことを出し切れて、練習と試合がつながりました。自分なりにプロとしての戦いができたんです。


矢矧晴一郎

新しいものを考えなければならない時、白い紙の前でウンウンうなっているだけでは、いつまでも答えは出ません。切り口を持つことが必要なんです。アイデアマンと言われる人は、「大・小」「深・浅」など反対の意味を持つ言葉を200個ぐらい用意し、当てはめていきます。「従来の商品をもっと小さくできないか。軽くできないか。高く売れないか……」といった風に思考をめぐらすんです。こうすれば、あっというまに新しい案が浮かんできます。切り口に沿って考えることで、ムダに悩む時間を減らすことができ、考えるスピードも速くなります。


鎌田靖

決まりきったフレーズ、言い回しというものは注意が必要です。同じフレーズを何回も何回も使っていると、それで皆わかったような気になってしまうからです。


北条重時

身分の低い者だとしても、道端にたくさん出ているときには、挨拶の一声もかけてやるといいだろう。そうしたからといって、少しも損はない。身分の低い人々から、あれこれいわれるのは、なんとしても残念ではないか。


前川孝雄

自分が上司の立場であれば、持っている情報をできるだけ部下にオープンにすべきです。上司と部下の最大の違いは「組織内情報量の差」です。ですから、上司と部下の持つ情報量を同じにすれば、お互いの考えも自然と同じようなものにまとまっていくし、意見が対立することも少なくなります。


石破茂

私みたいにめちゃめちゃ悪い子でいる必要もないが、「本当かな、これ」ということを若い人が言わないでどうする。