BNF(ジェイコム男)の名言

BNF(ジェイコム男)のプロフィール

B・N・F、通称ジェイコム男、日本の株式投資家・トレーダー、アルバイトで稼いだ100万円を元手に10億を超える資産を築く、2005年のジェイコム株の大量誤発注事件において数分で10億を超える利益を出し注目を集めた投資家。

BNF(ジェイコム男)の名言 一覧

儲けそこなうのも損と同じくらいつらいので、株式投資をやめられません。どうせつらいなら、投資を続けた方がいい。僕にとって投資は金額の問題ではないんです。


夜中に目を覚ますことは良くあります。ニューヨークの株価が大きく下がれば、翌日の日経平均も下がることが多い。それがわかっていても、上がれと念力を送ります。ブラックマンデーのようなことが起きたらどうしようと、不安で朝まで眠れないこともあります。市場が閉まっている週末は、株から離れられるので楽ですね。


安いもので十分です。高級レストランに行くこともありません。食事はネットで注文できる出前が多いですね。金額も1000円とか、1500円ぐらいです。旅行するといっても、投資スタイルが短期売買なので予定を立てられないです。
【覚書き|資産が200億円を超えたあとでの発言】


ジェイコム株の初値予想は100万円くらいでした。だいたいIPO(新規上場株)は初日にチェックしてるんですけど、100万以下なら買いかなと 思ってたんです。なので、67万2000円の初値がついた時点で大量に買おうと思ったら、いきなり57万2000円のストップ安でしょ。これは買いだと思 いましてね。まあ、100万くらいまでは上がるだろうと思って。


今はとくに欲しいものはないんです。というか、金の使い方がよく分からないんですよ。ある意味、ゲーム感覚で儲けたようなもんですからね。


(自分の投資手法を)言葉で説明するのは難しい。株取引を始めた5年前の下げ相場と2005年のような上げ相場では扱っている銘柄も数もやり方も違うし、市場に参加して独自で学んでいったので、お手本というのもないです。


自分では分からない。時代が良かっただけ。ネットトレーディングが始まったばかりで、始めた時期が良かったんだと思います。


株式投資をやめようと思ったことは何度もあります。資産が80億円になった今でさえ、「朝のたった10分間で1億円を損するかもしれない」リスク とプレッシャーで押しつぶされそうになる。正直、精神的にきついです。やめればいいんですが、そうすると儲けるチャンスを自ら放棄して1億円損をした気分になるので、それもきつい。どっちもきついなら、株をやり続けるしかないなぁって感じです。


儲かっても、損しても精神的にかなりきつい。やっててつらいんです。1回この世界に入ったら、何をしていても株で頭がいっぱいになる。やめたいのに、やめられない。家族からも「やめたら」と言われる。でも、いつでも値動きがある。もうけのチャンスがそこにあるのに、失うこともつらい。出来たはずのことをしなかったことで仕事放棄のような気がしてしまうんです。


人のお金はもっと辛いですよ。仕事するにしても株関係は絶対やりたくない。本とかも絶対書きたくないし。 頭の中『株、株、株』でとにかく株から離れたいので経済番組も絶対観ません。大体、株で何十億円も動かすので他のことが小さなことに思えてピンとこない。 最初から株を知らない方が良かったかもしれない。


株投資で特別なことは何もしていません。日経新聞はパラパラと目を通す程度で、とらなくてもいいと思っているほどだし、投資関係の雑誌もまったく読みません。会社四季報の情報やニュースをインターネットで見るくらいですね。


朝は8時15分に起きて、先物相場の動向や、米国株の状況を確認したりします。もちろん、マーケットスピードで、扱っている銘柄の株価情報も見ます。新聞やテレビは見ませんね。あとは、9時になったら、注目している銘柄の売り時や買い時を見つけて、取引するだけです。午前の取引が終了する11時過ぎに遅い朝食をとって、午後も同じように取引をします。15時を過ぎたら、その日のニュースをネットで確認。1時間ほどその日の反省をしますが、16時以降は株のことは考えないようにしています。テレビゲームもやりませんし、近所に散歩に行くくらいですね。


まったく見ないです。長期保有だったら意味があるかも知れないが、短期の売買では下がるときは下がるし、上がるときは上がる。業績のいい企業 の株でも下がったら負け。気にしてもしょうがない。株価に織り込まれている。
【覚書き|インタビュアーに株価収益率PER、株価純資産倍率PBRをどう利用しているかの問いに対しての発言】


今回の儲けはそれほどでもないですよ。単一銘柄での儲けとしては確かに大きいですが、20億なんて、今年1年の利益からすれば3分の1とかそんな程度ですよ。だって60億くらい儲かってましたから。ジェイコム株は安かったから買っただけです。これまでにも1日で2億5千万円もうけたこともあったし、逆に1億6千万円損した日もあった。


2001年の初めに、元手を300万円に増やしました。で、その年末には6000万円くらいになったかな。それから半年後には瞬間的に億までいき ましたが、その後すぐに損をして、02年の年末にようやく1億円を超えました。で、03年半ばから相場も上げ調子になってきたので、それに乗って年末には 3億ぐらい。さらに04年に10億までいきましたよ。今年は9月に上げ相場になったんで、そこそこですかね。実は、ジェイコム株以外でも、東証一部の大型株に乗って結構儲けたんです。銘柄ですか?まあ、銀行株とかですね。


株の勉強を特別にしたわけじゃありません。株の売買はどうやったらいいかが分かる程度の本を1冊読んだだけです。ちょうどネット証券が始 まったばかりだったので、あんまり本とか読んでも意味がなかったんですよ。自分で運用しているうちに、自然と身についた感じですね。いや、別に数学とか得 意だったわけでもないですよ。


BNF(ジェイコム男)の経歴・略歴

B・N・F、通称ジェイコム男、日本の株式投資家・トレーダー、アルバイトで稼いだ100万円を元手に10億を超える資産を築く、2005年のジェイコム株の大量誤発注事件において数分で10億を超える利益を出し注目を集めた投資家。

他の記事も読んでみる

江田麻季子

夜や週末は、自宅で落ち着いたときに、ファイリングした手帳(メモ帳)をめくってみます。仕事の情報はすぐに古くなってしまいますが、物の見方や自分の立ち位置についての言葉は、何年も前に書いたことを後になって見返しても、変わらずに響いてくるものがあります。


妹尾勲

ダイレクトマーケティング支援の事業は、顧客の反応もいいし、この仕事は今後、成長すると確信したのですが、広告代理店とは事業風土が合わず社内ベンチャーとして立ち上げたのです。


伊藤良二

ものごとを新しい視点で定義する、考え方を進化させるということが大切です。たとえば、同じテーマで課題に取り組むとき、過去と同じ時間をかけていては進歩がないので、より効率を上げるにはどうすべきかを考えます。テーマ設定にしても、経験を積んでいる分、絞り込み方にせよ掘り下げ方にせよ、もう一段上の取り組みを志向してみるのです。課題設定力を磨くコツでもあります。


チェーホフ

優しい言葉で相手を征服することができないような人は、いかつい言葉でも征服はできない。


石田智子

1cmでも前にいれば勝ち。究極の遊びですよ、100m走は。それを私は仕事にしちゃっているんですよね(笑)。


植松努

いま、世の中にあるモノも最初は無理と言われたはず。つまり、やればできるということ。


川野幸夫

「このままでは、ヤオコーがゆでガエルになってしまう」。実はそんな強い危機感を私は抱いていました。ヤオコーはこれまでずっと増益が続いています。毎年、決算賞与も出て、周囲からも「すごいですね」とおだてられる。厳しい状況に直面せずに会社が成長すると、社員に油断も生じます。ヤオコーの社風は家庭的で、仲がいいのですが、逆に言い訳が通用したり、甘えが生じたりする部分もあります。温かい社風はこれからも必要ですが、競争が激しくなる中で厳しさも求められている。


中井紀之

報告書や企画書は、事例やデータなど、事実をそのまま書けばいいところから始めれば、悩まずに進められる。


高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットでのビジョンも、ただ「モノを売ればいい」というだけではないんですよ。売るだけだったら、面白くないし、続かなかったでしょう、きっと。僕たちは「モノの先にある幸せ」を見つめてきたんです。僕たちが紹介する商品を買ったことで、お客さんが「どれだけ幸せになるか」を目指すことがミッションですから。


鍜治真起

最初は、完全にパズルは門外漢でした。でも、たまたま目にしたアメリカのパズル雑誌が面白くて、そのころの日本にはまだパズルの専門誌がなかったので、「じゃあ、やってみるか!」と始めたわけです。ニコリの立ち上げメンバーは、僕を含めて3人。当時、全員パズルに関しては素人で、雑誌づくりのノウハウもないから、苦労しました。


一川誠

人間をはじめとする生き物には体内時計が備わっています。このリズムに従ってその時間帯にふさわしい行動をとれば、同じことをしても、ほかの時間帯に比べて効率よくできるし、成績もよい。反対にこれに逆らえば効率も悪くミスをしやすくなります。


川淵三郎

リーダーは、夢を語り、大きな目標を設定することが何より重要です。そのために理論武装をしっかり行い、メンバーを説得する必要もあります。


米山久

優秀な人材を集め、仕事をすぐに振ってしまうため、私がやるべき業務はほとんどありません。その結果、本来の社長の仕事である事業設計や、アイデアのヒントを得るために人に会ったり、人脈を作ったりすることに時間を取ることができています。


秋元康

予定調和を壊せ。見る前から、聴く前から分かるものを人は選んではくれない。「なにそれ」ということに、人はハッとして注目してくれる。


松岡修造

限界を決めるのは他人じゃない。あくまで自分自身。


ページの先頭へ