名言DB

9429 人 / 110879 名言

W・チャン・キムの名言

twitter Facebook はてブ

W・チャン・キムのプロフィール

W・チャン・キム。「INSEAD(欧州経営大学院)」教授。共著に『ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する』。INSEAD教授のほか、世界経済フォーラム フェローなどを務めた。ブルー・オーシャン・グローバル・ネットワークを設立。

W・チャン・キムの名言 一覧

世の中に能力が高い人はたくさんいる。それでも何もできない人が多いのは、自信が足りないのだ。


競争方式のパラダイムは終わって、協調方式で価値を生み出すという考え方が、ブルーオーシャン戦略の要の1つだ。世の中のビジネスの考え方のフレームワークは、ハーバードを中心とする米国の大学が生み出した競争原理を偏重している。しかし、競争より協調で生み出される価値の大きさに気づかなければならない。


W・チャン・キムの経歴・略歴

W・チャン・キム。「INSEAD(欧州経営大学院)」教授。共著に『ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する』。INSEAD教授のほか、世界経済フォーラム フェローなどを務めた。ブルー・オーシャン・グローバル・ネットワークを設立。

他の記事も読んでみる

高岡浩三

マーケティングとは何かと社員に尋ねられた時に、私はいつも「課題に対するソリューション(解決策)だ」と答えている。多くの企業はマーケティングの強化というと、商品の販売促進のことだけを考えてしまう。しかし、それでは全く意味がない。


藤井孝一

最近「エア投資」や「エア副業」の人が多くて困ります。本を読んだりセミナーに参加するけれど、実際に行動に移すことができない人が意外にも多い。エア週末起業で終わってしまっているのです。もっと勉強しないと失敗するかもしれない、と思って二の足を踏んでしまうのでしょう。反対に、成功する人は頭をうまく使って壁を乗り越えています。行動し、どんどん失敗から学んでいくから結果的に早く金持ちになれるのです。


川田修(ライフプランナー)

私も、最初は「自分をうまく演出してやろう」というくらいの気持ちで、先輩たちの工夫を真似し始めました。そうするうちに、テクニックの奥にある大切なものに気づいていったのです。たとえば、お辞儀の時間を長くしてみる。最初は形だけでも、お辞儀をしているうちに心の奥に温かいものを感じてくる。そこで「これは何だ?」と自分に問いかけてみると、「ああ、お客様に感謝するっていうのは素敵なことなんだな」と気づく。あるいは、靴べらを持ち歩き、実際にお客様の家で自分の靴べらを使ってみる。すると、「待てよ、靴べらまで持ち歩いているのに、靴が汚れているのはおかしくないか?」と、それ以外のことにも気がつくようになるのです。


アンドレ・アガシ

僕はいつだって強くなればなるほど、一生懸命やればやるほど、向上する部分はさらに広がるものだと思っている。僕はもっと強いサーブが打てる。もっといい動きができる。もっとアグレッシブなショットを打てる。


横峯吉文

子育てにおいては、自立のためにいろいろなことを自分でやらせて、失敗しても自分で乗り越えさせていく。それには、「前よりどこがよくなったか」を常に指摘することが大事。


小笹芳央

私は気持ちが落ち込んでいるときは地球儀を眺めます。地球儀全体を見渡すと視野が広がり、自分の悩みが小さなことのように思えて、気持ちが晴れていきます。これは自分の頭の「空間」を切り替える作業です。そのほかにも、目先のことで行き詰まったら、5年後、10年後の未来を具体的に考えてみたり、あるいは先のことを不安に感じるときは、今日1日でうれしかったことや改善できたことを書き出し、今という時間にフォーカスしたりしています。これは「時間」の物差しを切り替える作業です。悩み事にとらわれてやる気の出ない状況から脱却するには、このように頭の中の「空間」や「時間」を切り替えると効果的です。


深田晶恵

お金の話で古い常識にとらわれると、買うべきでない金融商品に手を出したり、不要な保険に加入したりして資産を減らしてしまう危険があります。生活者としてバランスよくお金の知識をつけること、そしてその情報をアップデートしていくことが大切。


松岡修造

「最終的に自分のやりたいことは何か」と俯瞰してみると、「ああ、嫌だ嫌だ」と思うことも、目標を達成する過程のひとつと思えてきて、ずいぶん楽になります。仮に、「目標を達成するために、頭を下げてこい」と言われても、いまの僕なら「これで目標に近づけるんだ」と考えて、頭を下げるでしょう。その方が自分の気持ちが楽になるからです。


内藤誼人

あなたは日頃、係わる人に、分け隔てなくコミュニケーションが取れているでしょうか。それは大切な取引先や職場の人にとどまりません。買い物をするコンビニの店員、すれ違う警備員や清掃員への挨拶。あるいは、電車やバスで隣り合った人への気遣いのひと言。こうした場で「おはようございます」や「ありがとうございます」がパッと出てこない人は、いざ仕事の場でも肝心のひと言が出てきません。しかし、常日頃から「ありがとう」が言えている人は、たとえば、営業先でお茶を出されたときも、心のこもった「ありがとうございます」がすんなりと出てきます。


前田修司

文章で表現しようとすると、文字を細かく追う必要がありますし、人によっては読み飛ばす個所が出てきたり受け取り方にニュアンスの差が生まれてくるでしょう。そうなると、メンバーの意識を整えるのに時間がかかってしまいます。その点、絵や図解だと、誰もが感覚的に理解できますし、認識にズレがなくなるのです。