名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

R・C・バルガバの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

R・C・バルガバのプロフィール

R・C・バルガバ。インドの経営者。インドの自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディア会長。アラハバード大学で数学修士取得後、インド中央府に任官。エネルギー省局長、バーラット重電機公社(BHEL)理事、インド政府主導で設立された自動車会社マルチの役員・社長などを務めたのち退社。マルチにスズキ自動車の資本・技術提供が始まったのち再入社。インドでマルチ・スズキがトップシェアを獲得したことに大きく貢献した。インドを代表する親日家の一人。主な著書に『スズキのインド戦略「日本式経営」でトップに立った奇跡のビジネス戦略』など。

R・C・バルガバの名言 一覧

消費者が製品を購入した場合、会社が「当社は品質第一」などと言っていても、現実的にはその製品そのものについて消費者が評価し、ブランドのイメージをつくりあげていきます。製品がすぐ壊れてしまっては、会社が何を言っても意味がありません。


我々は大衆に受け入れられるブランドをつくろうとしていました。だからどんなに人気があっても市場に受け入れられる価格を守り抜きました。


スズキという日本の自動車メーカーが、なぜインドで最大手になったのか。それは、「マルチ」というブランドが、常にバリュー・フォー・マネー(費用対効果)でナンバーワンの地位を守ることに腐心してきたからです。


新興国でブランドを築き上げることは、先進国以上にトラブルがつきまといます。そのたびに重要な意思決定を求められるため、本社がどの程度真剣に市場開拓を考えているのかが簡単に消費者に伝わってしまいます。


マルチは大型車の分野では、他のブランドに後れをとっている部分もあります。しかし、小型車では圧倒的に強い。それは、バリュー・フォー・マネー(費用対効果)の理念を貫き、燃費や保有コストにまで配慮した製品を投入し続けてきたからです。この軸を維持する限りは、消費者の信頼を失うことはないでしょう。


ブランドをゼロからつくりあげるときには、会社が目指す方向を裏切らない製品とそれを支える体制が必要です。そこでマルチは日本から技術支援を受けて当初から高い品質を提供し、ユーザーにも満足してもらいました。実際には、自動車は壊れたりするものですから、全国のディーラーに修理施設の設置を求めました。いまでは約2000か所にまで広がっています。


これだけの人気があるのだから値上げするという選択肢もありました。しかし、我々はあえてその方法を選びませんでした。当初人気があったからといって、我々が値段をあげれば、富裕層しか買えない車になってしまいます。それでは市場は広がりません。
【覚書き|スズキとの合弁会社に初年度12万人からの注文が殺到したときを振り返っての発言】


R・C・バルガバの経歴・略歴

R・C・バルガバ。インドの経営者。インドの自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディア会長。アラハバード大学で数学修士取得後、インド中央府に任官。エネルギー省局長、バーラット重電機公社(BHEL)理事、インド政府主導で設立された自動車会社マルチの役員・社長などを務めたのち退社。マルチにスズキ自動車の資本・技術提供が始まったのち再入社。インドでマルチ・スズキがトップシェアを獲得したことに大きく貢献した。インドを代表する親日家の一人。主な著書に『スズキのインド戦略「日本式経営」でトップに立った奇跡のビジネス戦略』など。

他の記事も読んでみる

平本清

当社ではありとあらゆる情報をオープンにしています。もちろん社内向け、社外向けという一定の区分はありますが、社内向けに関しては、「21ネットワーク」という名称の社内ウェブを最大限活用して、本当に何もかも丸見えにしているのです。会社の財務状況はもちろん、各店舗の損益、出店計画の進捗など、いま会社がどのような状態にあるのか、社員はすべて知ることができます。


石井裕(工学者)

私はエンジニアですが、アーティスト、デザイナー、サイエンティストでもあります。さらに研究資金を集める時はビジネスパーソンであることを求められます。そのすべてを演じている。


山内溥

いまソニーが成功したと言われています。でもそれは、たまたまいま成功しているだけで、ついこの間までは失敗していました。この業界でいま、最も強いと言われているソニーでさえ、成功と失敗を繰り返しています。明日は失敗するかもしれません。


佐々木常夫

上司に恵まれているという人は、そう多くないと思います。会社で仕事をしていくということは、理不尽なことを引き受けるということです。会社にいる以上、不愉快なことが山ほど出てくるのは当たり前のこと。ですから、その中でどうすれば楽しくやっていけるかを考えるべきでしょう。


鈴木おさむ

結局僕は、人と話をしたい気持ちが強いんです。その目的があるから「人がしないこと」を進んでするし、逆に「人が勧めてくれたこと」も喜んでする。自分が興味を持っている人や好きな人が特定の作品を褒めていたら、僕はその映画を観に行って、その音楽を聴いてみる。そうすればその人との話のネタが増えるし、感想を語り合うことで距離も縮まるはずですから。


パール・S・バック

今日を理解したければ、昨日を探求しなくてはならない。


高岡浩三

どの国や組織で働いていても、「相手が何を求めているのだろうか」という視点を持てば、必ず相手が納得する答えを見出せる。そんな人こそが「真のグローバル人材」と呼べるのではないだろうか。


マット・ウィリアムズ(バスケットボール)

私はコーチとして、預かった子供たち一人ひとりにゲームに勝つ喜び、それに向かう闘志、またテクニックと並行して、社会常識、マナー、ルールなどを教えています。その際、口を酸っぱくして語るのが、周囲の人を敬う気持ちを持てということなんです。


進藤孝生

業界1位と2位が一緒になるといった、化学業界で起こっているような大型再編が起こらないとも限りません。その時に、きちんと戦えるような形にしておかなくてはならない。


三谷幸喜

先々のことは誰も見通せません。僕が信じているのは、分かれ道に立ったらイバラの道を選んだほうが上手くいくという感覚。平坦な道と歩きにくい道なら、なるべく歩きにくい道を行く。歴史ものを書いていると、そのほうが後悔しないのかなと思わされます。


藤原健嗣

どの化学会社も似たような事業キーワードだから、なんで旭化成でなくてはならないかという話をみんなでしています。我々は化学会社にしては珍しく、住宅とか、LSIを持っています。そういう事業を融合させれば、よそと違った展開ができるんじゃないかと思うのです。


冨永照子

行政が現場の話を聞かないまま、よくわからないルールを押し付ければ、お店の個性が1つ減ってしまう。