名言DB

9419 人 / 110788 名言

R・C・バルガバの名言

twitter Facebook はてブ

R・C・バルガバのプロフィール

R・C・バルガバ。インドの経営者。インドの自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディア会長。アラハバード大学で数学修士取得後、インド中央府に任官。エネルギー省局長、バーラット重電機公社(BHEL)理事、インド政府主導で設立された自動車会社マルチの役員・社長などを務めたのち退社。マルチにスズキ自動車の資本・技術提供が始まったのち再入社。インドでマルチ・スズキがトップシェアを獲得したことに大きく貢献した。インドを代表する親日家の一人。主な著書に『スズキのインド戦略「日本式経営」でトップに立った奇跡のビジネス戦略』など。

R・C・バルガバの名言 一覧

消費者が製品を購入した場合、会社が「当社は品質第一」などと言っていても、現実的にはその製品そのものについて消費者が評価し、ブランドのイメージをつくりあげていきます。製品がすぐ壊れてしまっては、会社が何を言っても意味がありません。


我々は大衆に受け入れられるブランドをつくろうとしていました。だからどんなに人気があっても市場に受け入れられる価格を守り抜きました。


スズキという日本の自動車メーカーが、なぜインドで最大手になったのか。それは、「マルチ」というブランドが、常にバリュー・フォー・マネー(費用対効果)でナンバーワンの地位を守ることに腐心してきたからです。


新興国でブランドを築き上げることは、先進国以上にトラブルがつきまといます。そのたびに重要な意思決定を求められるため、本社がどの程度真剣に市場開拓を考えているのかが簡単に消費者に伝わってしまいます。


マルチは大型車の分野では、他のブランドに後れをとっている部分もあります。しかし、小型車では圧倒的に強い。それは、バリュー・フォー・マネー(費用対効果)の理念を貫き、燃費や保有コストにまで配慮した製品を投入し続けてきたからです。この軸を維持する限りは、消費者の信頼を失うことはないでしょう。


ブランドをゼロからつくりあげるときには、会社が目指す方向を裏切らない製品とそれを支える体制が必要です。そこでマルチは日本から技術支援を受けて当初から高い品質を提供し、ユーザーにも満足してもらいました。実際には、自動車は壊れたりするものですから、全国のディーラーに修理施設の設置を求めました。いまでは約2000か所にまで広がっています。


これだけの人気があるのだから値上げするという選択肢もありました。しかし、我々はあえてその方法を選びませんでした。当初人気があったからといって、我々が値段をあげれば、富裕層しか買えない車になってしまいます。それでは市場は広がりません。
【覚書き|スズキとの合弁会社に初年度12万人からの注文が殺到したときを振り返っての発言】


R・C・バルガバの経歴・略歴

R・C・バルガバ。インドの経営者。インドの自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディア会長。アラハバード大学で数学修士取得後、インド中央府に任官。エネルギー省局長、バーラット重電機公社(BHEL)理事、インド政府主導で設立された自動車会社マルチの役員・社長などを務めたのち退社。マルチにスズキ自動車の資本・技術提供が始まったのち再入社。インドでマルチ・スズキがトップシェアを獲得したことに大きく貢献した。インドを代表する親日家の一人。主な著書に『スズキのインド戦略「日本式経営」でトップに立った奇跡のビジネス戦略』など。

他の記事も読んでみる

小島貴子

悲壮な顔をして再就職活動をしても、誰も同情してくれないのが現実。そうした精神状態では、面接にこぎ着けたとしても落とされるだけだろう。「何でもできます」、「これまでの仕事を卒業して心機一転、新しい分野で一旗揚げるつもりです」というくらいのポジティブな気持ちを持つことが、再就職に成功するために最も必要な条件だ。


前田東一

成長のために欠かせないのが、私たち産業機械メーカーにとっては「技術力」です。技術力なくして成長は望めません。


幸田真音

日本では謙遜が美徳ですが、有言実行は大切なこと。自分でしっかり目標を設定して、それに対して自分がどう努力しているのかはきちんと発信しながら、結果を出していきましょう。


中村勇吾

メモも手帳も、書くと思考が整理されるとよく言いますよね。でも僕は、思考を文字に書いた途端、それはもう外界のものになるというか、矮小化されるというか……。常に思考は頭の中で泳がしたくて、そこから考えや可能性が広がると思っている。


ヘンリー・ジョージ

無鉄砲な変革は危険だ。しかし、盲目的な保守主義はもっと大きな危険をはらむ。


山内孝

誰も助けてはくれない。だからこそ、マツダはアイデンティティを確立する。生き様は自分たちが決める。そして、その戦略を実行することに尽きる。


河村良彦

いかに一流の人物を集め、立派な組織を持っていても、経営者の出来が悪かったら会社は潰れます。


菊村到

仕事というものは男にとって自己表現、自己主張であり、生きることの証なんです。仕事をするということは自分を開発し発見していくことに他なりません。ですからどんな仕事にしろ受け身では仕事の中に生きがいを求めるのは無理、前向きの姿勢で意欲的に取り組んでいかなければ駄目です。仕事のための努力や苦労は、より大きな自分を育て上げるための自己投資です。


川崎秀一

業績が伴わないことには自信もつかない。業績が悪いと社員の顔もうつむきがちになりますから、まずは業績を立て直そうと。私も必死で構造改革を進め、経営基盤の強化を図るとともに、成長力を高めてきました。


松本晃(経営者)

「女性の活躍なしにカルビーの将来はない」。常日頃、社員にこう言っています。その理由は実に明解。世の中には、同じ能力の男女が同数いるのに、女性の力を生かさないで成長することはできないからです。優秀な人なら、性別、年齢、国籍問わず活躍してもらいたい。