名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

R・C・バルガバの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

R・C・バルガバのプロフィール

R・C・バルガバ。インドの経営者。インドの自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディア会長。アラハバード大学で数学修士取得後、インド中央府に任官。エネルギー省局長、バーラット重電機公社(BHEL)理事、インド政府主導で設立された自動車会社マルチの役員・社長などを務めたのち退社。マルチにスズキ自動車の資本・技術提供が始まったのち再入社。インドでマルチ・スズキがトップシェアを獲得したことに大きく貢献した。インドを代表する親日家の一人。主な著書に『スズキのインド戦略「日本式経営」でトップに立った奇跡のビジネス戦略』など。

R・C・バルガバの名言 一覧

消費者が製品を購入した場合、会社が「当社は品質第一」などと言っていても、現実的にはその製品そのものについて消費者が評価し、ブランドのイメージをつくりあげていきます。製品がすぐ壊れてしまっては、会社が何を言っても意味がありません。


我々は大衆に受け入れられるブランドをつくろうとしていました。だからどんなに人気があっても市場に受け入れられる価格を守り抜きました。


スズキという日本の自動車メーカーが、なぜインドで最大手になったのか。それは、「マルチ」というブランドが、常にバリュー・フォー・マネー(費用対効果)でナンバーワンの地位を守ることに腐心してきたからです。


新興国でブランドを築き上げることは、先進国以上にトラブルがつきまといます。そのたびに重要な意思決定を求められるため、本社がどの程度真剣に市場開拓を考えているのかが簡単に消費者に伝わってしまいます。


マルチは大型車の分野では、他のブランドに後れをとっている部分もあります。しかし、小型車では圧倒的に強い。それは、バリュー・フォー・マネー(費用対効果)の理念を貫き、燃費や保有コストにまで配慮した製品を投入し続けてきたからです。この軸を維持する限りは、消費者の信頼を失うことはないでしょう。


ブランドをゼロからつくりあげるときには、会社が目指す方向を裏切らない製品とそれを支える体制が必要です。そこでマルチは日本から技術支援を受けて当初から高い品質を提供し、ユーザーにも満足してもらいました。実際には、自動車は壊れたりするものですから、全国のディーラーに修理施設の設置を求めました。いまでは約2000か所にまで広がっています。


これだけの人気があるのだから値上げするという選択肢もありました。しかし、我々はあえてその方法を選びませんでした。当初人気があったからといって、我々が値段をあげれば、富裕層しか買えない車になってしまいます。それでは市場は広がりません。
【覚書き|スズキとの合弁会社に初年度12万人からの注文が殺到したときを振り返っての発言】


R・C・バルガバの経歴・略歴

R・C・バルガバ。インドの経営者。インドの自動車メーカーのマルチ・スズキ・インディア会長。アラハバード大学で数学修士取得後、インド中央府に任官。エネルギー省局長、バーラット重電機公社(BHEL)理事、インド政府主導で設立された自動車会社マルチの役員・社長などを務めたのち退社。マルチにスズキ自動車の資本・技術提供が始まったのち再入社。インドでマルチ・スズキがトップシェアを獲得したことに大きく貢献した。インドを代表する親日家の一人。主な著書に『スズキのインド戦略「日本式経営」でトップに立った奇跡のビジネス戦略』など。

他の記事も読んでみる

山本良一(経営者)

多分、売り場を多少かき回して活性化できたとしても、伸びしろは限られるでしょう。だから従来型の百貨店を根本的に変える必要がある。


高井英幸

これまでは映画を作ることしか知らない人たちが映画を作ってきました。映画なら何でもヒットした時代はそれでも済みましたが、これからは、お客様がどんな映画にお金を払ってくれるのか考えないといけない。


冨田哲郎

何もかも政府頼みではどうしようもありません。民間企業も、人口減少の時代を迎えて、できることをきっちりやるよう求められる。公共性が高い鉄道会社はなおさらです。


反田恭平

僕が尊敬しているモーツァルトは、どの作品も自分の死がわかっているような書き方をしているんです。僕もそんな音楽家になりたいんですよね。だから全力で食べて寝て、ピアノを弾きたい。その日々を積み重ねていけば、上手い下手の問題を飛び越え、音楽に深みが出ると思うんです。明日にでも60歳になりたい(笑)。


榊彰一

一般向けに中古パソコンのニーズがあるかどうか実験するために、まずは甲子園球場の駐車場のフリーマーケットで売りました。しかし一台しか売れなかった。次は大阪難波駅の改札口の前で販売したところ、中高年の方々に飛ぶように売れました。中高年の人たちがもっと集まる場所はどこかと考え、スーパーで販売することを思いつきました。若い人は家電専門店に行きますが、中高年にはスーパーの方が馴染みやすいと。


大川祐介

現場の職人が誇りとやり甲斐を持って仕事に取り組むためには、お客様としっかりコミュニケーションが取れるようになることが重要です。施主であるお客様から直接声を聞くことで、自分たちの仕事はどのような形でお客様に届けられているのか、気付いてもらう試みをしています。


小笹芳央

社内の企業風土や社員の意識レベルは経営者の写し鏡だと思うことが、トップとして大事。


藤田晋

弊社は厳しい成果主義を貫いています。社長である私も社員を平等に扱おうなどとは考えていません。優秀な社員は報酬を上げ、待遇を上げ、社長自ら目をかけます。徹底して上位にいる人材を伸ばしていく仕組みなのです。それが会社の成長に不可欠だと考えるからです。


西村貴好

人を褒めることで、褒めた人に光が当たるのと同時に自分も輝く。


武田斉紀

年初に自分の価値観を整理してみましょう。「世の中の役に立ちたい」「給料を増やしたい」「人に評価されたい」など20個ほど書き出し、それに優先順位をつけていく。手帳に挟んでおくと、何か迷った時にその「価値観リスト」を見て決められます。


本庄正則

人間は弱いものです。悪い情報を聞けば面白くないし、難しい判断は先延ばしにしたい。しかし、経営者が蛮勇を振って自らの弱さと戦わなければ、会社にことなかれ主義が蔓延するばかりです。


柳澤大輔

1日10個のアイデアを出してみましょう。アイデアを出すコツは、つまらなくていいと意識すること。とにかくアイデアはいくつも出すと、発想グセがついてきます。