名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ONE(漫画家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ONE(漫画家)のプロフィール

ONE、わん。日本の漫画家。大学時代から個人サイトでウェブ漫画を公開。代表作に『ワンパンマン』『モブサイコ100』。

ONE(漫画家)の名言 一覧

オリジナルの『ワンパンマン』をホームページに載せた時、本当は1話で終わりにするはずでした。ホームページを見てくれた人から「続きが読みたい」と言われ、2話、3話と描いていったところで、最終回までの構成を考えたんです。そこに至る展開をきっちり、読者さんに満足してもらえるように描きたいです。


『ワンパンマン』は、「どんな敵もワンパンで倒す」っていうひとネタを、ひたすら広げていってる感じです。世界とのバランスが悪いヒーローを作ったので、起こるストーリー自体はそんなに特徴的なものではなくても、普通のストーリーにはならないんですよ。


18歳ぐらい時に「ジャンプ」に持ち込んだこともあるんですけど、何も引っ掛からず、自分でホームページを作ってマンガを公開していたんです。最初はそれで満足してたんですけど、就職してマンガを描けなくなったら、やっぱり自分はマンガで食べていきたいんだと気がついて。仕事を辞めてマンガ家を目指しますとツイートをしたら、村田(雄介)先生が「一緒にマンガを作ってみませんか」と声をかけてくだったんです。


ONE(漫画家)の経歴・略歴

ONE、わん。日本の漫画家。大学時代から個人サイトでウェブ漫画を公開。代表作に『ワンパンマン』『モブサイコ100』。

他の記事も読んでみる

赤羽雄二

新規事業立ち上げのとき、事業を成功させた経験のない管理部の人間に「管理・支援」をさせるとかなりの確率で足を引っ張ります。そういった管理部の人間がどんなに好意的・良心的に接しても、新事業のスピードを削ぐ方向になりがちだからです。新しい分野での新事業立ち上げは、管理部ではできません。


逢沢明

格差社会っていうと、なんか大上段に構えて話してしまう人が多いけど、そこで勝ち上がっていくのは、意外に小さなことの積み重ねだったりします。それができない人が負け組に落ちてしまう。


高田旭人

明るいところに人は集まります。だから、テレビでも楽しい番組作りを続けていきたい。


奥正之

5号(A6)サイズのキャンパスノートをいつも持ち歩き、思いついたことや日々の出来事、思い出したこと、気に入ったことなどを書き込んでいます。経営では言葉が重要な役割を果たすので、社員やお客様に伝えるじーんとくる言葉を書き留めています。きづいたときにサッと書き留めておき、金曜の思索の時間に読み返し、整理し直します。


室伏広治

時間がない中で新しい練習方法を考えることは生きがいで、そこに楽しさがある。


石田礼助(石田禮助)

能力主義だとか言って人間の能力がやかましく言われているようだが、なんですねぇ、能力のある人間というのはやっぱり考える人間だと思う。味方として頼もしく、敵として怖いのは考えるやつですよ。


タモリ(森田一義)

あなたの考えは、すべての出来事、存在をあるがままに前向きに肯定し、受け入れることです。それによって人間は重苦しい意味の世界から解放され、軽やかになり、また、時間は前後関係を断ち放たれて、そのとき、その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見事にひと言で言い表しています。すなわち「これでいいのだ」と。

【覚え書き|漫画家・赤塚不二夫への弔辞】


奥田務

経営を変えていくとき、非常に大切なのは、社員全員が健全な危機意識を持つことだと思うんです。もうダメだダメだと考えるのは本当にダメで、努力しているけれど、もっと高い目標に向かって変えていくんだという意識を永遠に持ち続ける。それが生き甲斐じゃないかと。そうすることで、不況下でも、経常利益を5年連続増益、最高益を2年連続で更新できたし、今期も三年目の最高益を出すつもりでやっています。


ゴーゴリー

人間というのは馬鹿なもので、たとえ、今日の命があっても、明日という日はわからないということを忘れている。


矢沢永吉

攻撃することが生きることだ。負い目をつくらず、スジを通して、自分なりのやり方でオトシマエをつけてきた。休むわけにはいかない。やらねばならぬきとはまだある。


寺尾玄

人は一人では生きていけない。人生は「人との出会い」で大きく変わります。人は一人で生きていけないからこそ、出会いは大切にしないといけないのです。


カスヤナガト

こういう仕事をしていると、「ものづくりってなんだろう」「色とは?」などと考えをめぐらせることが多いんです。30歳になる前に、これまでの人生で培ったものを一度まとめておこうと思い、個人的に文章に残していました。