名言DB

9490 人 / 112001 名言

ONE(漫画家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ONE(漫画家)のプロフィール

ONE、わん。日本の漫画家。大学時代から個人サイトでウェブ漫画を公開。代表作に『ワンパンマン』『モブサイコ100』。

ONE(漫画家)の名言 一覧

オリジナルの『ワンパンマン』をホームページに載せた時、本当は1話で終わりにするはずでした。ホームページを見てくれた人から「続きが読みたい」と言われ、2話、3話と描いていったところで、最終回までの構成を考えたんです。そこに至る展開をきっちり、読者さんに満足してもらえるように描きたいです。


『ワンパンマン』は、「どんな敵もワンパンで倒す」っていうひとネタを、ひたすら広げていってる感じです。世界とのバランスが悪いヒーローを作ったので、起こるストーリー自体はそんなに特徴的なものではなくても、普通のストーリーにはならないんですよ。


18歳ぐらい時に「ジャンプ」に持ち込んだこともあるんですけど、何も引っ掛からず、自分でホームページを作ってマンガを公開していたんです。最初はそれで満足してたんですけど、就職してマンガを描けなくなったら、やっぱり自分はマンガで食べていきたいんだと気がついて。仕事を辞めてマンガ家を目指しますとツイートをしたら、村田(雄介)先生が「一緒にマンガを作ってみませんか」と声をかけてくだったんです。


ONE(漫画家)の経歴・略歴

ONE、わん。日本の漫画家。大学時代から個人サイトでウェブ漫画を公開。代表作に『ワンパンマン』『モブサイコ100』。

他の記事も読んでみる

伊庭貞剛

いくら訪問しても、先方が留守で会えぬことがある。私は留守なほどよいと思う。四度も五度も留守で、やっと6・7度目に会えたというようなときは、たいがいの頼みごとは、先方がこころよく承知してくれる。こちらの誠意が会わぬ先から先方に届いているからだ。


ホルスト・シュルツ

私は14歳からいまに至るまで、サービスに対する哲学は変わっていません。我々は「サーブ(給仕)」しますが、断じて「サーバント(下僕)」ではありません。


鈴木茂晴

労働時間削減において一番悩ましいのは、社外との接点だ。午後7時以降の残業禁止を徹底した時、ある支店長から相談を受けた。支店全体の売り上げを左右する大口顧客に必ず毎日午後8時に電話しているが、先方の仕事の都合があり時間を変えられないという。悩んだが、「理解してもらえなければ、取引が打ち切りになっても仕方がない」と指示した。社会常識にのっとったことを納得してもらえない顧客とは、いつかトラブルになる可能性が大きいからだ。結局、大きなお客様を担当しているような優秀な営業員がきちんと説明したら、納得してもらえたという落ちがついた。


森岡茂夫

人生すべて、やる気、根気、熱気。


鈴木陽介(写真家)

お金を使うときは、思いっきり使います。とくに目的がなくても常に貯金はしておき、いざチャンスという時に使うイメージです。貯めてはゼロになり、貯めてはゼロになりの繰り返しです。ゼロになってもマイナスにならなければOK。


南場智子

リーダーの条件は2つ。ひとつは戦略の方向性を最終的に決断する力。ここを目指すという目指し所を定める決断力です。もうひとつは、チームをまとめてそこに向かう力を最大化する。


本庄八郎

私たちの社是の冒頭には、「お客様を第一とし、誠実を売り」とあります。それは我々が守るべき一番大切なこと。そのため、新入社員の教育だけは今も私が前面に出ます。


むらかみかずこ

人付き合いにおいて大切なのは、手間を省くことではなく「ひと手間かける」ことです。手書きのメッセージというほんのちょっとのひと手間で好印象を得られ、かけた時間や労力の何十倍、何百倍もの価値となって返ってくることもあるのです。私もたった数分の手書きの手紙を添えることで、幾度も「ありがとう」と喜んでもらえた経験があります。


山口多賀司(経営者)

今は私も社主という立場になって、経営は社長をはじめとする若い人に譲っておりますが、若い頃は本当によく働きました。もっとも昭和20年、30年代というのは、私だけでなく、隣の家のおじさん、お兄ちゃんも、とにかく日本国民が昼夜関係なく働き詰め。戦後、就職先もなければ何もない状態で生きるために必死だったんです。だから、日本国民一人ひとりが働いて、働いて、働きつくして作り上げたのが戦後の経済大国だった。


鹿島守之助

私は建設業は近代工業であり、駆け引きや商才よりも科学技術を優先させるべきものと考えている。同業者で最初の研究所を設置し、研究と同時に社員の再教育に努力している。その結果、工事の品質は改善せられ、工期は守られ「早く、良い、安い」施工という当社の理想は着々実現せられつつある。科学的合理主義と人道主義との調和のとれた一致こそ、我が鹿島建設の特色で、私の会社経営のモットーとするところである。


知識賢治

部下が抱えている仕事を日ごろからきちんと把握しておき、問題が起きそうなときにはその場で注意やアドバイスを与える。そうした目配りもせず、改まった場でいきなり「君は駄目だ」と指摘するのでは、部下としても納得できないだろう。


前川正雄

みんなが面白いと思うことをやる。労働時間なんて議論していてはダメで、すごいアイデアは往々にして夜中に飲みながら思いつくものです。我々もよく、「遊んでいるように見える」と言われますが、それが必要なんです。仕事と遊びなんて区別できません。この「遊び」の要素を徹底的に省いて、最初ら答えが決まっていることしかやらないと、人も組織も滅びていくと思いますね。