名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ONE(漫画家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ONE(漫画家)のプロフィール

ONE、わん。日本の漫画家。大学時代から個人サイトでウェブ漫画を公開。代表作に『ワンパンマン』『モブサイコ100』。

ONE(漫画家)の名言 一覧

オリジナルの『ワンパンマン』をホームページに載せた時、本当は1話で終わりにするはずでした。ホームページを見てくれた人から「続きが読みたい」と言われ、2話、3話と描いていったところで、最終回までの構成を考えたんです。そこに至る展開をきっちり、読者さんに満足してもらえるように描きたいです。


『ワンパンマン』は、「どんな敵もワンパンで倒す」っていうひとネタを、ひたすら広げていってる感じです。世界とのバランスが悪いヒーローを作ったので、起こるストーリー自体はそんなに特徴的なものではなくても、普通のストーリーにはならないんですよ。


18歳ぐらい時に「ジャンプ」に持ち込んだこともあるんですけど、何も引っ掛からず、自分でホームページを作ってマンガを公開していたんです。最初はそれで満足してたんですけど、就職してマンガを描けなくなったら、やっぱり自分はマンガで食べていきたいんだと気がついて。仕事を辞めてマンガ家を目指しますとツイートをしたら、村田(雄介)先生が「一緒にマンガを作ってみませんか」と声をかけてくだったんです。


ONE(漫画家)の経歴・略歴

ONE、わん。日本の漫画家。大学時代から個人サイトでウェブ漫画を公開。代表作に『ワンパンマン』『モブサイコ100』。

他の記事も読んでみる

柴田励司

私は雇われ経営者ですから、創業者が20数年間やってきたことにキャッチアップしないといけません。それには、とにかく創業者と同じ時間を共有することが大切なのです。そのため、朝一番の予定の前に増田(宗昭:CCC創業者)さんの自宅に行くことが多いです。私は、朝駆けと呼んでいますが、一緒にお茶でも飲みながら、雑談をしています。


安藤公基

ロフトは現在109店舗を展開していますが、約7割が300坪を基準とする小さめの店舗。商業施設に入居しやすいので身近なお店になれてはいますが、創業の頃のキラキラした「なにかある、きっとある」というイメージは薄れているようにも思います。私はこれを取り戻したい。


菊原智明

私が営業レターを実践して感じたことは、「買う買わないを自分のペースで決めたいお客様が増えている」ということです。以前、お客様からよくいわれたのは、「菊原さんは私たちのペースで考えさせてくれるから、すごく信頼できるんですよ」という言葉でした。これからはむしろ、口下手な営業マンの方がより好かれるのではないでしょうか。


大倉忠司

創業当時、私が目指したのは「焼き鳥のマクドナルド」を作ることでした。マクドナルドはまさに1つの業態を磨き上げることで他の追随を許さない強さを手にしました。会社を立ち上げた時期に、チェーンストア理論で価格破壊をしていたダイエー創業者の中内功さんなどの著書も夢中で読みました。店作りやオペレーションを徹底的に磨き込めば、質の高いものを、安く提供することができます。それを焼き鳥屋で実現したかった。当時、外食産業の原価率を私なりにいろいろと調べたんですが、外食チェーンの原価率は3割程度が一般的でした。これに対して焼鳥屋は20~25%。なんでそんなに低いのか考えると、やはり個人経営など規模が小さい企業が多いのが原因だという結論に達しました。焼き鳥屋でしっかりとしたチェーンストアを作れば、誰も実現できなかった低価格で高付加価値な商品・サービスを提供できると確信したんです。実際烏貴族の原価率は店舗段階で34~35%、会社全体でみても約30%になっています。


ひろゆき(西村博之)

今後インターネット技術では発明は生まれないでしょう。既存のサービスやソフトの名前を変えて出すくらいしかありません。インターネット初期から現在に至るまで、一般の人たちは薄々感づいています。


市村洋文

使命は「譲れないものは何か」「何ができるか」「将来どうなりたいか」が交わるところにある。その3つが見つかれば自分の軸が定まる。


高松雄康

料理やコスメなどの動画は簡単に量産できるので、ベンチャーが参入しやすい分野。だが、ユーザーの気持ちを動かすには「新しい発見」と「体験機会の提供」が必要。ユーザーを外に連れ出して、経済活動をさせるためにも「おでかけ領域」の動画コンテンツに特化した。


鈴木敏文

顧客は常に新しいものを求める。これはわかりきったことのようにも思えます。でも我々は、いったん売り手の側に回ると、顧客の心理を忘れて、過去の経験をもとに同じことを繰り返してしまう。それは、同じことをしたほうが楽だからです。結果、顧客に飽きられる。どの局を見ても同じような番組が流れるテレビ業界などはその典型でしょう。


岡崎嘉平太

私が課長とか重役とかになってからも、人が案を持ってきたら「君はこの案についてどう考えているのか」と聞くようになりました。その場合に、「私はこの案について別にどうという意見はありません」と答えらえると「それは駄目だ」と言うのです。君はどう考えるかと聞いた時には、やはりその人から自分の意見を言ってもらいたいと思うことがたびたびあります。


ジム・ロジャーズ

「他人のために正しい行いをする」というのは父からの教えです。「懸命に働く」というシンプルな教えとともに、私の生き方の土台になっています。


和田浩子

P&Gでは全員が納得するまで十分に時間をかけてディスカッションし、提案の内容が全員の目的と理解されてはじめて、そのプランが実際のアクションに移されます。


坂根正弘

お客様にどんどん「コマツがなければ困る度合い」を高めてもらうことで、顧客の信頼を得るとともに、我々も安定した収益を得ることができるようになる。