ONE(漫画家)の名言

ONE(漫画家)のプロフィール

ONE、わん。日本の漫画家。大学時代から個人サイトでウェブ漫画を公開。代表作に『ワンパンマン』『モブサイコ100』。

ONE(漫画家)の名言 一覧

オリジナルの『ワンパンマン』をホームページに載せた時、本当は1話で終わりにするはずでした。ホームページを見てくれた人から「続きが読みたい」と言われ、2話、3話と描いていったところで、最終回までの構成を考えたんです。そこに至る展開をきっちり、読者さんに満足してもらえるように描きたいです。


『ワンパンマン』は、「どんな敵もワンパンで倒す」っていうひとネタを、ひたすら広げていってる感じです。世界とのバランスが悪いヒーローを作ったので、起こるストーリー自体はそんなに特徴的なものではなくても、普通のストーリーにはならないんですよ。


18歳ぐらい時に「ジャンプ」に持ち込んだこともあるんですけど、何も引っ掛からず、自分でホームページを作ってマンガを公開していたんです。最初はそれで満足してたんですけど、就職してマンガを描けなくなったら、やっぱり自分はマンガで食べていきたいんだと気がついて。仕事を辞めてマンガ家を目指しますとツイートをしたら、村田(雄介)先生が「一緒にマンガを作ってみませんか」と声をかけてくだったんです。


ONE(漫画家)の経歴・略歴

ONE、わん。日本の漫画家。大学時代から個人サイトでウェブ漫画を公開。代表作に『ワンパンマン』『モブサイコ100』。

他の記事も読んでみる

山口拓己

当社が成長してこられたのは、ベクトルグループにいたからでした。けれども、情報の「インフラ」になるためには、特定の親会社のもとでは成長に限界が生まれてしまう。そのためにも「脱ベクトル」を進め、他社とのシナジーで成長しようと決めました。そしてIPOを果たし、常に成長を目指す環境に身を置こうと決めました。


梅野重俊

席で拍手が聞こえたら、何かお祝いがあったのではと聞きに行き、そして一品をお店からサービスする。これが大事です。


有働由美子

プロ野球の監督のように、年長者の方からお話をうかがうときは、失礼があったらいけないと普通は思いますよね。それで遠まわしに聞く人が多いんですが、そういう聞き方をされると、かえって答えにくいじゃないですか。だから私は普段はとても小心者なんですが、取材のときは思い切ってできるだけストレートに質問するようにしています。


安達一彦

アイリスオーヤマはLEDで日本一になりました。あそこもベンチャーといっていいかと思いますが、彼らが成功したのは従来の製造業とは違って、ユーザー目線のモノづくりに徹しているから。


冨田和成

大富豪になる人が念頭に置いているのは、「いかに自分の時間を売らないで済むか」。時間が買えるのであれば積極的に買いますし、その実現のためには自分の時間を売らなくてもお金が生まれる「仕組み」をいかに作れるかが勝負です「寝ている間にもお金が生み出せるのかどうか」と表現すれば分かりやすいでしょう。


正垣泰彦

自分たちの計画通りに行かなければ、変えればいいだけの話です。


益本康男

稲作は世界の耕作面積の4分の1しか占めていないんですよ。そこで好調だと天狗になっても面白くないでしょ。しかも、今後はそんなに伸びない。欧米だけではありません。中国でも稲作は臨海部だけで、4分の3が畑作なんです。中国はコメ文化だと見られていますが、実態は小麦文化なのです。今は、クボタの農機関連の社員の9割がコメに携わっています。一部の社員を集めて、「おい、畑に行くぞ」と呼びかけている最中です。そのうちに、畑へ行かざるを得ない社員が増えてくるわけですから。


楠木建

重要なのは「なぜ」という問いを立ててから、別の策を試みているかどうか。


桜井章一

私にとって運は、勝利や利益をもたらしてくれるものではない。運とは、絶体絶命のピンチに陥ったときに何気なく助けてくれるもの。つまり負けから救ってくれるのが運である。


船津浩三

好きな言葉は「人生はこれからだ」です。問題が起きた時、悔やんでも何の解決にもなりません。過去が取り戻せないのであれば、今日からまた気持ちを切り替えてまた頑張ればいいという意味です。苦しい時もありましたが、そこで悩まないで次を考えようという意識です。


トム・ピーターズ

年齢と熱意は必ずしも相関しない。


川西勝三

経営はその日暮らしではいけません。常に次の代、次の代を見据えて、投資や方針を決めていかなければなりません。ロングラン、つまり長期的視野で経営を見たときに、自分たちの技術がいかに世の中のために必要な技術であり、有意義な技術であるかということに自信が持つことができれば、胸を張って競争に突入することができます。


河村浩明

社員と対話しながら、各社の問題点を改善し、はつらつと仕事ができる環境を作ってきました。こうした環境さえ用意すれば業績は改善します。


小林健(三菱商事)

安定成長が一番望ましい。山高ければ谷深しということを何回も経験してきていますからね。


安河内哲也

「話す」「書く」といった、自ら発信するのに必要な単語を「アクティブボキャブラリー」と呼びます。これは基本的な単語だけで十分ですが、使い方を正確に覚える必要があります。いかに正確に伝えられるかが問われるからです。ところが、「話す」試験を受ける人がやたらとレベルの高い単語ばかり覚えようとしたりといったケースが意外と多い。これでは試験の点数も上がりませんし、話せるようにもなりません。


ページの先頭へ