名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

O・ヘンリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

O・ヘンリーのプロフィール

O・ヘンリー、オー・ヘンリー。アメリカの小説家。ノースカロライナ州グリーンズボロ出身。15歳で学業を離れる。テキサス州に移り、薬剤師、ジャーナリスト、オハイオ銀行の出納係など職を転々として過ごしたのち、風刺週刊誌『The Rolling Stones』を刊行するも振るわず、『ヒューストン・ポスト』の記者となる。その後、オハイオ銀行から横領の容疑で起訴され有罪判決を受け投獄。服役前、服役中と短編小説を書き発表する。釈放後は『ピッツバーグ・ディスパッチ』紙でフリーランス記者を務めたのち、ニューヨークで作家生活を送った。短編小説を得意とし、生涯381編の小説を書いた。

O・ヘンリーの名言 一覧

「私は正直者です」と自分で言う者に、決して正直者はいない。
「私は何にも知りません」と言う者はよく知っている。
「私は何でも知っている」という者はホラ吹きである。
何も言わない人間は賢明な人か、利己主義の人かどちらかである。


O・ヘンリーの経歴・略歴

O・ヘンリー、オー・ヘンリー。アメリカの小説家。ノースカロライナ州グリーンズボロ出身。15歳で学業を離れる。テキサス州に移り、薬剤師、ジャーナリスト、オハイオ銀行の出納係など職を転々として過ごしたのち、風刺週刊誌『The Rolling Stones』を刊行するも振るわず、『ヒューストン・ポスト』の記者となる。その後、オハイオ銀行から横領の容疑で起訴され有罪判決を受け投獄。服役前、服役中と短編小説を書き発表する。釈放後は『ピッツバーグ・ディスパッチ』紙でフリーランス記者を務めたのち、ニューヨークで作家生活を送った。短編小説を得意とし、生涯381編の小説を書いた。

他の記事も読んでみる

傳田信行

私はインテル時代、日本の責任者として、既存ビジネスのシェア拡大ではなく、「新しいマーケットを創る」ことに全力を注ぎました。


マルクス・アウレリウス・アントニヌス

忍耐は正義の一種なり。


山中伸弥

私が一番影響を受けたのは、『仕事は楽しいかね?』という本です。その本には、「10回トライしたら、そのほとんどが失敗する。一つくらいはいいことがあるかもしれないけれど、結局全部ダメなことのほうが多いよ。でも、それが仕事の楽しみ方だ」ということが書かれていました。いろいろやってみてダメなのが当然、その失敗を楽しむのだと。研究はまさにその通りだと思っています。「こんな研究をやっても失敗するんじゃないか」と思ってしまうものですが、ともかくやってみる。それが大事だ、と。


坂本孝

諦めずに正しいことを続けていれば、必ず花開く。


西川八一行(西川康行)

どんな仕事でも同じですが、恐れず、諦めず、「変える勇気」を持つことは大事。


松本大

英語ってしょせんは言葉ですよね。アメリカでは子供でも使っている。英語しか使えない環境に身を置けば、できるようになるんじゃないかと考えた。そして、「だったらアメリカの会社に行けばいいじゃないか」と思ったら、気分がサッパリして(笑)。その1年後にソロモン・ブラザーズに入社しました。


前原金一

以前、新聞記者の方から「どのようにして財界のトップにのしあがったのですか」と質問されたことがありますが、私には「のしあがった」という気持ちはまったくありません。大半はたまたま頼まれたり、個人的なつながりから引き受けたりした仕事ばかりです。


米山公啓

脳の活性化に必要なのは、緊張とリラックスのちょうどいいバランスです。自律神経で言えば、戦闘態勢を作る交感神経と、心身をリラックスに導く副交感神経が、バランス良く交互に切り替わっている状態です。その切り替えが一番作りやすいのが「笑い」です。笑っている最中は交感神経が活発になりますが、笑った後は副交感神経が優位になり、心身がぐっと深いリラックス状態に入っていきます。


平野香奈絵

きれいになりたい、健康でいたいという願望は言葉の要らない世界共通の価値だと思います。女性だけでなく、男性も同様に思っている人は多いはずです。かつての私のように肌の悩みで困っている人は多いと思うので、私がそうした悩みを持つ人たちと、それを解決してくれる企業や先生をつなぐことで、一人でも多くの人たちのお役に立てたらと思っています。


福嶋康博

事業を始めた時には必ず壁にぶつかりますが、私はそれで良いと思っています。壁にぶつかってみて初めて分かることの方が多いのです。自分が自信を持てるアイデアがあるなら、まずは実行してみて、問題が生まれた時にすぐに対処すれば良いのです。


林文子

クロージングでは、ここで決めたい、契約を取り付けたいと自分の側だけの都合で考えては駄目です。むしろお客様の重荷を取り除いてあげたいという気持ちで臨むこと。お客様というのは、ほとんどが非常に迷っています。楽しいはずの買い物が、ときに重荷にさえなってしまう。そこでタイミングを見計らって背中をポンと押して差し上げるのです。


越智通勝

慎重をモットーにするような人は、見込みがある。頻繁な転職を喜ぶのは斡旋会社だけだ。その点を包み隠さず、正直に伝えたからこそ、多くの支持を頂けたのだと思う。