名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

O・ヘンリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

O・ヘンリーのプロフィール

O・ヘンリー、オー・ヘンリー。アメリカの小説家。ノースカロライナ州グリーンズボロ出身。15歳で学業を離れる。テキサス州に移り、薬剤師、ジャーナリスト、オハイオ銀行の出納係など職を転々として過ごしたのち、風刺週刊誌『The Rolling Stones』を刊行するも振るわず、『ヒューストン・ポスト』の記者となる。その後、オハイオ銀行から横領の容疑で起訴され有罪判決を受け投獄。服役前、服役中と短編小説を書き発表する。釈放後は『ピッツバーグ・ディスパッチ』紙でフリーランス記者を務めたのち、ニューヨークで作家生活を送った。短編小説を得意とし、生涯381編の小説を書いた。

O・ヘンリーの名言 一覧

「私は正直者です」と自分で言う者に、決して正直者はいない。
「私は何にも知りません」と言う者はよく知っている。
「私は何でも知っている」という者はホラ吹きである。
何も言わない人間は賢明な人か、利己主義の人かどちらかである。


O・ヘンリーの経歴・略歴

O・ヘンリー、オー・ヘンリー。アメリカの小説家。ノースカロライナ州グリーンズボロ出身。15歳で学業を離れる。テキサス州に移り、薬剤師、ジャーナリスト、オハイオ銀行の出納係など職を転々として過ごしたのち、風刺週刊誌『The Rolling Stones』を刊行するも振るわず、『ヒューストン・ポスト』の記者となる。その後、オハイオ銀行から横領の容疑で起訴され有罪判決を受け投獄。服役前、服役中と短編小説を書き発表する。釈放後は『ピッツバーグ・ディスパッチ』紙でフリーランス記者を務めたのち、ニューヨークで作家生活を送った。短編小説を得意とし、生涯381編の小説を書いた。

他の記事も読んでみる

吉永泰之

変化の時代だから、いろいろなことを変えていかなければならないのですが、一方で変えてはいけないこともあります。当社の場合はまさに「信頼」です。


井上雄一

どうしても眠れないときは寝床を離れてリラックスし、本当に眠くなってから寝床へ行くようにしてください。眠れないと思い込むと、よけいに不安が高じて眠れなくなります。


相原孝夫

「仕事はできるが人望はない」。一度そうした評判が立ってしまったら、その組織での昇進は厳しいものとなるでしょう。なぜなら、企業における重要な人事決定は「評価」ではなく「評判」で決まると言っても過言ではないからです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

せっかくお金を払って通うのですから、より効果的に講座を受講したいもの。短期集中で学べるとはいえ、どの講座もある程度の基礎的な知識はあったほうがいいですね。事前の予習は、欠かせません。


濱口秀司

基本は絶対に「質」よりも「量」です。たとえば会議で「アイデアを5個出そう」と言えばすぐに出ますが、「すごくいいアイデアを5個出そう」と言ったとたんに話し合いが止まってしまいます。いいか悪いかの「質」は主観であり、神様でも判断できないものです。


福本陽子(料理研究家)

男性向け料理教室を開始した当初、集まったのは多くても8名。ため息をつきながらも、「これからは男性向け市場の時代が来る」という自分の勘を信じました。


栗原幹雄

よく「遊び感覚で仕事する」という表現を使いますが、これは本当に遊んでしまうのではなく、どうしたら仕事が上手くいくのか、目標が達成できるのかを考えることも含めて、仕事を面白がるということです。


田中角栄

世の中は男と女、半分ずつだ。女の本質がわからずに、支持があるわけがない。選挙だって勝てるわけがない。


佐々木常夫

私はいつも、「リーダーになるのは、幼稚園で教えてもらったことがきちんとできる人だ」と言っています。「嘘をついてはいけません」「仲間外れを作ってはいけません」「間違ったことをしたら、ごめんなさいと言いなさい」といった教えを守れる人であれば、たいていの仕事はやれてしまうということです。


ジェフ・ベゾス

アマゾンは準備が完璧に終わらない限り、事業を開始しません。今回は日本語のフォントを高精細の画面で美しく表示することにこだわりました。
【覚書き|日本での電子書籍発売が、発表からだいぶ経ったあとにスタートしたことについて語った言葉】


クリス・ギレボー

成功した人たちに共通しているのは、「自分には何ができるのか」「何が他人にとって価値があるのか」「お金に換算するといくらになるのか」「どのように製品やサービスを届けるのか」を整理して1本の線につなげることで、ビジネスを成立させている点。


唐池恒二

お客様は、こちらの手間を見抜き、手間がかかっていない商品やサービスにはお金を払わない。「手間をかけることの大切さ」に社員一人ひとりが気づくことが、お客様から愛されるブランド構築の基。