名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

LiLiCoの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

LiLiCoのプロフィール

LiLiCo(LILIKO)、りりこ。スウェーデン・ストックホルム出身のタレント、歌手、映画コメンテーター。各種メディアで活躍した。

LiLiCoの名言 一覧

お笑いグランプリで優勝した芸人さんだって努力しなければ2年で消えるのが芸能界です。2年後を考えて仕事をしないとね。


ここ数年は前よりずっと多くの映画を見てるんです。「LiLiCoは本当は映画見てないんじゃないの?」と言われたらくやしいから。命をかけてLiLiCoというキャラを貫くの。それも私の誇りかな。


誇りとプライドって一緒にされてるけど、違うと思う。「どこどこで1位になった」とか他人が貼ったレッテルに寄りかかって保つのがプライドで、誇りというのは「私はこの仕事を一生懸命やってます」と心の底から言えること。


映画コメンテーターとしてイベントに出るときは、流行のネタを取り入れたり、雑誌やワイドショーで取り上げられやすい発言をするようにしています。だってイベントはメディアに取り上げてもらうためでしょ。取り上げられなかったら私が出て行く意味がないじゃない?


誇りが持てない仕事はするな! 仕事で誇りを持つとは、なぜ自分がそこにいるのか、そこで何を求められているのかを客観的に理解すること。それから自分が力を発揮するにはどうすればいいかを考えて勉強を続けること。


LiLiCoの経歴・略歴

LiLiCo(LILIKO)、りりこ。スウェーデン・ストックホルム出身のタレント、歌手、映画コメンテーター。各種メディアで活躍した。

他の記事も読んでみる

ジャスパー・チャン

伝統的な小売業がなくなるとは思いませんし、私たちがそれに取って代わるとも考えていません。むしろ共存することで、それぞれ違う体験をお客様に提供していけると考えているんです。


丹羽宇一郎

虚栄心というものが、時に人を努力させ、時には人を誤った方向へ誘惑する。


出井伸之

事業部長として不振だったオーディオ事業を再生したあと、コンピュータ事業本部でMSXというコンピュータのハードを開発しました。そして、レーザーディスク事業では、後発メーカーとして業界トップの企業を追いかけました。このように多様な経験を積んだことが、すべて、社長になってからの経営判断に役立ちました。


国部毅(國部毅)

働く人の時間の使い方を変えれば、働きがい・やりがいの向上につながります。僕が若いころは一人ひとりに大きな仕事が任されていました。今は組織が大きくなり業務も複雑になったため、若い人に任されるのは仕事の一部になっています。もっと大きな仕事や面白い仕事をやってほしいと、ずっと考えていました。


ウォーレン・バフェット

多くのプロの投資家や学者たちが、毎日の株価に一喜一憂しています。しかし、株価やマーケットの動向を、毎日、毎週、毎月追うことで、投資が成功するとは、私は考えていません。株はそのビジネスの一部分でしかないからです。注目すべきは、株価ではなく、事業そのものでなくてはなりません。常に株券ではなく、ビジネスを買うという投資姿勢が必要です。


米山久

継続して収益を上げるには、ただ稼ぐことを目的とするのではなく、やりがいを感じ続ける必要があります。やりがいとは、たとえば、自分たちの仕事は世の中に役立っていると認識できること。ミッションの追求は、仕事や事業を継続させるうえでこそ必要なのです。


後田良輔

会食では、いつも率先して全員分の醤油を小皿に入れます。同席した方からは「気遣いのできる方」とお褒めの言葉をいただけ、仕事につながることも少なくありません。


唐池恒二

私はななつ星事業をスタートさせた時に、「世界一を目指そう」というビジョンを、プロジェクトに関わる社員やスタッフに伝えました。夢を語ると、参加するメンバーはまず「何をもって世界一なのか」と考える。そして一人ひとりが考えたことを持ち寄り、皆で話し合うことで、チームとしての価値観が醸成されたり、一体感が生まれたりする。


永守重信

出来たら入社して10年以内に独立した方がいいですね。頭が固まっていないので、未来に対する希望が大きい。私は大学を出て6年目の28歳の時、独立しました。セコムの飯田さんも京セラの稲盛さんも20代で創業しています。35歳を過ぎたら、もう遅い。失敗の確率が高くなります。


ドナルド・トランプ

ミケランジェロやベートーヴェンのような人々が大変な苦難に見舞われたのは誰もが知るところだろう。だが彼らは打ち克ち、数百年後の今もその名は生き永らえている。他の人々が目標の達成までにどんな苦労をしたかを知ると気が楽になる。


オリヴィエ・ブロ

ベストを尽くすと、それまでになかったエネルギーが生まれる。それが自分に発破をかけてくれることもあれば、周りの人たちを巻き込み、新しい何かが生まれることもある。いい方向に変わる可能性が高まるのです。


大島有美子

20代は社会のことをほとんど知らず、周囲に迷惑をかけっぱなしでしたが、無我夢中でした。30代はラッキー続き。そして40代は、惑って、揺れて、悩んでばかりいました。でも50代には、新たな目標が見えてくる気がしています。次の世代に何かを残せるような仕事がしたい。