名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

LiLiCoの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

LiLiCoのプロフィール

LiLiCo(LILIKO)、りりこ。スウェーデン・ストックホルム出身のタレント、歌手、映画コメンテーター。各種メディアで活躍した。

LiLiCoの名言 一覧

お笑いグランプリで優勝した芸人さんだって努力しなければ2年で消えるのが芸能界です。2年後を考えて仕事をしないとね。


ここ数年は前よりずっと多くの映画を見てるんです。「LiLiCoは本当は映画見てないんじゃないの?」と言われたらくやしいから。命をかけてLiLiCoというキャラを貫くの。それも私の誇りかな。


誇りとプライドって一緒にされてるけど、違うと思う。「どこどこで1位になった」とか他人が貼ったレッテルに寄りかかって保つのがプライドで、誇りというのは「私はこの仕事を一生懸命やってます」と心の底から言えること。


映画コメンテーターとしてイベントに出るときは、流行のネタを取り入れたり、雑誌やワイドショーで取り上げられやすい発言をするようにしています。だってイベントはメディアに取り上げてもらうためでしょ。取り上げられなかったら私が出て行く意味がないじゃない?


誇りが持てない仕事はするな! 仕事で誇りを持つとは、なぜ自分がそこにいるのか、そこで何を求められているのかを客観的に理解すること。それから自分が力を発揮するにはどうすればいいかを考えて勉強を続けること。


LiLiCoの経歴・略歴

LiLiCo(LILIKO)、りりこ。スウェーデン・ストックホルム出身のタレント、歌手、映画コメンテーター。各種メディアで活躍した。

他の記事も読んでみる

増田宗昭

趣味は仕事ですよ。時間があったら仕事をします。だって面白いじゃないですか。これ以上に面白い遊びはありませんよ。


内藤由治

私は短気で、思い立ったらすぐやらないと気が済まない。早急すぎて社内をザワつかせてしまった。間違いではなかったと思いますが、大勢が納得できる方法はあったはず。その辺の按配は年配の人の方がよく分かっているものです。もしその時、「目的は同じでも、こういう方法がある」ということを助言してくれる人がいれば、聞いていたでしょう。トップは孤独なものです。責任と決断の重みで、病気にすらなる。社員の中に、人格者で私利私欲のない人がいてくれたら、相談できて、やり方も違っていたと思います。
【覚書き|社長就任当時、改革を焦っていたときを振り返っての発言】


近藤昭

既存事業の強化はもちろん、新規事業や海外展開を通じて業績を倍増させたいと考えております。現在は当社が開発した空調システム「Z空調」の外販を進めています。「Z空調」は断熱や空調、換気を行うことで家の温度を快適に保ちます。日本は年間の寒暖差が大きく、住まいにおいては本当の意味で快適に過ごしやすい国とは言えません。日本の消費者は「今年の夏は猛暑だから室内も暑いのは仕方ない」と我慢しがちですが、我々は「Z空調」を通じて今までの常識を打破したいと思います。


片岡鶴太郎

それまで酒を飲んじゃバカやって、家では何することなく過ごしてきましたから。40代でいままでと真逆の世界にいたらどうだろうって。そこで、安い墨と硯と筆を買ってきて、書斎とは名ばかりだった部屋に水割り片手に入りましてね。完全に形からです(笑)。ところが、気づくと飲むのも忘れて筆を動かしていた。これには自分でも驚きました。


井上礼之

厳しい時代こそ、企業の体質改善や人材育成の大いなるチャンスです。「人を基軸に」の信念を貫き、帰属意識やチームワークを高め、吹きすさぶ風の中、しなやかに前進していけたらと思います。


堀紘一(コンサルタント)

部下の成長は、チームを活性化させ、結果につなげる大きな材料である。したがって、部下が自発的に動くためにも、部下に気づきを促すいい質問を繰り返すことは、上司の大切な役割である。


野口実(ABCマート)

靴は1つ並べてあると、後ろには10サイズあります。洋服ならS、M、Lを並べておけばいいので、本当に非効率ですよね。それでも商売は非効率なことを極めると利益が出る。だから我々はあえてそれを徹底してやります。非効率にこそ利益の源泉がある。


宮内義彦

下からはなかなか既存のものを破壊しようとする動きが出てこないので、上から破壊していかなければならない。


西内啓

中学高校時代に英単語を覚えたときは、繰り返し書き取って、力技でスペルを暗記していました。日本の学校教育ではそういう教え方が主流ですが、文節に分けて規則性を見つけることで、圧倒的に覚えやすくなるはずです。


山口信博

何を贈るにしても、大前提にあるのは相手を思いやる心。


夢枕獏

月800枚ペースの毎日には30代の後半で終わりがきました。体が持たなかったんです。ある時、東海道線の戸塚駅で倒れてしまった。救急車が呼ばれ、病院に運んでもらい、即入院。それでも、その夜は病院で点滴を受けながら原稿を書いた。ベッドの上で妙な満足感があったのを覚えていますね。「倒れるまで仕事、起き上がれなくなるまで遊ぶ、だな。俺は限界までやった。ここまでならやっていい。ここから先がレッドゾーンなんだな」と。


松尾雄治

自分のポジションをまっとうすれば、他の人のことも見ることができる。そうすれば、誰かのプレイも助けることができる。