J・P・モルガンの名言

J・P・モルガンのプロフィール

J・P・モルガン、ジョン・ピアポント・モルガン。米国の銀行家・投資家・実業家。コネチカット州生まれ。アメリカ5大財閥の一つモルガン財閥創設者。金融を通して会社を買収し財を成した人物。鉄道・鉄鋼・海運・電気・無線など主要な産業のトップ企業を買収、またはトラスト(複数の同業企業が株の持ち合いなどを行い市場を寡占する状態)を作り富を築いた。『非効率的な運営を行う産業を、買収やトラストという方法を通じて効率化する』という理念をもとに活動した人物。

J・P・モルガンの名言 一覧

どこかにたどり着きたいと欲するならば、今いるところには留まらないことを決心しなければならない。


人間というものは、ものごとに対し常に二つの理由をつけるものだ。ひとつは「まことしやかな理由」。もうひとつは「本当の理由」。


訴訟を起こす気になど絶対になってはいかん。そんなことをしたら命が縮まる。
【覚書き|父ジーニアス・モルガンから贈られた言葉。JPモルガンもこの忠告を終生守った】


私が長生きすればするほど、優秀な頭脳の持ち主、とくにしっかりとし均衡の取れた頭脳の持ち主のいないことが一層歴然としてきます。
【覚書き|38歳の頃、父ジーニアスに向けて書いた手紙。当時モルガンはビジネスパートナーを探していた】


私が一つの会社を買収し立て直す時、名誉にかけてそうせねばならぬと考えるからだ。その会社を守るという経営者としての道義的責任がある。


自分が与えられた地位でこれまで成功できたとするならば、それは何よりも父の知人たちの引き立てのおかげだ。


その話はもう結構。忙しくてそんなことに付き合っている暇はありません。さようなら。
【覚書き|JPモルガンが取引先を救った時、救ってあげた経営者が涙を流して感謝したときの発言。モルガンのビジネスライクを徹底する性格を物語るエピソード】


私は自分の銀行内のどんな事務の仕事でもこなせる。
【覚書き|モルガンは自分の銀行の仕事を隅から隅まで把握していた】


眠れぬほど、株を持つな。
【覚書き|モルガンは鉄道などの大きな産業をいくつか選び、その産業の株を集中して買い占め経営を支配するという手法を得意とした】


せっかくですが、それはできません。あなたの持ち株を低く評価しすぎていたのでこの一万ドルは受け取ってください。
【覚書き|1973年の恐慌時、アンドリュー・カーネギーがモルガンに鉄道株の売却を委託した。モルガンは株の売却益に一万ドル上乗せでカーネギーに支払った。これに対しカーネギーが遠慮して一万ドルを返却しようとした時のモルガンの返答】


鉄道各社間の競争によって国民の利益が守られるといったあり得ない考え方は、50年前に捨て去るべきだった。
【覚書き|寡占・独占を得意とするモルガンにとって自由競争は受け入れられない戦い方だった。また当時強烈な価格競争で鉄道各社が大幅な利益減になっていた。倒産する会社も多くあった】


我が国アメリカが世界一の資源豊かな国であることをいつか証明してみせる。
【覚書き|アメリカ南北戦争後の鉄道建設ラッシュ時の発言】


ビジネスは誰としても良いが、ヨットレースは紳士としかやってはいけない。ヨットの維持費を問題にするような人間には船を買う資格はない。
【覚書き|モルガンは無類のヨット好きだった】


私の鼻のことは周知の事実だ。これなくしてニューヨークの街を歩き回ることはできない。私の大きな鼻はアメリカ実業界の一部だ。
【覚書き|モルガンの鼻は病気のため膨れ上がり、彼のコンプレックスとなっていた。写真を撮られることを嫌い、撮っても鼻部分を修正させた】


これからは経理を透明にして商売をする時代がやってくる。
【覚書き|米国政府の金融・通貨委員会内の小委員会(プジョー委員会)で金融機関各社が裏で申し合わせ、インサイダー取引をしいるのではないかという追及を受けた後の発言】


君の鉄道だって!?とんでもない。君の鉄道は私の得意先の皆さんの所有物だ。
【覚書き|ある鉄道会社社長への言葉。モルガンには投資家こそ会社の所有者だという信念があった】


その会社に投資するかの判断は何をおいても相手の人格です。お金で人格は買えません。金よりも何よりもまず人格が大切です。私の信頼を得られない人物は、私から金を借りることはできません。
【覚書き|プジョー委員会(米国政府の金融・通貨委員会内の小委員会)公聴会での発言。金融機関が裏でインサイダー取引をしているのではないかと追及された時の発言】


J・P・モルガンの経歴・略歴

J・P・モルガン、ジョン・ピアポント・モルガン。米国の銀行家・投資家・実業家。コネチカット州生まれ。アメリカ5大財閥の一つモルガン財閥創設者。金融を通して会社を買収し財を成した人物。鉄道・鉄鋼・海運・電気・無線など主要な産業のトップ企業を買収、またはトラスト(複数の同業企業が株の持ち合いなどを行い市場を寡占する状態)を作り富を築いた。『非効率的な運営を行う産業を、買収やトラストという方法を通じて効率化する』という理念をもとに活動した人物。

他の記事も読んでみる

荻原博子

専業主婦の妻には、外で働いてみることをおすすめします。体が弱くて働けない人もいますから強要はしませんが、可能であれば自分でお金を稼ぐ経験をしたほうがいいと思います。家計の助けにもなるし、夫の苦労がわかるようになる。そうすれば、家ではどうしようもない宿六だと思っていた夫のことを見直すことになるはずです。


嶋浩一郎

企画書を読んでもらうには、まず相手に合わせること。どんな人に対しても同じ言葉、同じ文体を使ってはいないでしょうか。自分にとっては日常的によく使う言葉でも、相手に馴染みのないものかもしれません。業界や企業によって使う用語が異なるなら、それも事前にチェックして書き換えるべきです。


和田秀樹

上司を上手く利用すると、「会社内での自分の成長や出世につながる」「独立したり、起業する際に力添えをしてくれる」といった利点があります。「できない上司」だと悲観してグチっていないで、上司は成功するために活用するべきツールのひとつと考えましょう。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

休息とは文字どおり「息をするために休む」こと、すなわち「一呼吸入れる」ことです。オーケストラでは、一拍の間が大きな効果を持ちます。これを人間の行動様式に置き換えると「一呼吸置かない生活」とは「リズムのない生活」ということになります。それは、同じテンポとボリュームで、休みなく鳴り続ける音楽のようなもの。休みなく、常に一本調子の疾走状態……。こうした生活を送ることの弊害は、単に健康が損なわれるだけではありません。緩急のない音楽がつまらないように、あなたの仕事や人生そのものが魅力を欠いていくこと、これこそが甚大な損失なのです。


植木理恵

性格に優劣はありません。集団の中の役割や職業的な向き・不向きなどはありますが、それも含めて皆さんの個性です。「自分はこういう人間なのだ」と認めて、開き直るしかないのです。


宇佐美進典

古参の社員から「先日の社長の話は全然響かなかった」とコメントがあり、驚きました。自分では十分に話が出来たと思っていました。分からないことがある場合は質問があるだろうと高をくくっていたところもあり、積極的にフォローをしていませんでした。しかし、コメントがあったことで、伝えたつもりが伝えきれていない、共感されていないことが分かりました。話す、伝える、伝わる、共感するといった段階がある中で、話しただけで満足しておりました。


林修

好き嫌いで仕事を選ぶと、運を受け入れる窓口を自ら閉めてしまうと思うんです。「僕にはできません」「これしかやりません」と拒否するのは、今の自分では気づかない可能性のつぼみを摘み取りかねません。いろいろ試す中で得意分野を見つけていくこともまた大切。


楠木建

「好きこそものの上手なれ」が経営の最強の理屈だと思っている。上手でなければ人に貢献できない。仕事は基本的に人のためにならないと成立しないからだ。上手になるには、努力しなければならない。なぜ努力できるのか。好きなことだと、はたから見ると努力していても、本人には努力している自覚はない。好きでやるから上手くなる、上手くなるから人の役に立つ。これが仕事の理想だと思う。


小阪裕司

仕事力をつける近道は、自分の仕事だけでなく、先輩や上司の仕事を率先して手伝うこと。そこで上の人間がどういう風に仕事をしているのか、生の現場を見るのが一番の勉強。


養老孟司

記憶は感情に結びついている。強い感情に結びついた記憶は10年たっても残るんです。その傾向は女性のほうが強い。男のほうが抽象的で適当に生きている。男と女では、持っている情報量が何ケタも違う。


井上陽介

過去からのトレンドをとらえる時、重要になってくるのが「歴史観」です。世の中で今何が求められているかを問うためにも、歴史観を持つことはビジネスリーダーにとって必須だといえるでしょう。日本のみならず世界の歴史に触れ、歴史を遡りながら世界的な潮流を理解する。そうすることで、表層の短期的な変化を超えた、より根本的なマクロのトレンドを掴み、今、そしてこれから何をすべきかを考えることができるようになる。


石川康晴

「気になることは何でも言い合える」部署の雰囲気作りというのは、ミスを減らすために効果的。


川村元気

自分が何に不満で、何を欲しているのかということには、ものすごく気を配っています。その個人の感覚の集積が「時代の気分」になると思っているからです。


金川千尋

たとえ、リスクを踏んででも時期が来たらいつでも取り掛かれる用意を常にしておき、普通なら一年半かかるところを半年で完成させる。そこに決定的な差が生まれるんです。立ち上げに一年半もかかっていてはブームは過ぎてしまう。


中野貴志(経営者)

当社で提供するシステム・ソリューションは、大きく分けて「売上アップに貢献するもの」と「コストダウンに役立てるもの」に分類できますが、いずれにしても、システムによってクライアントの事業成長を支援するのが使命です。


ページの先頭へ