名言DB

9419 人 / 110788 名言

IKKOの名言

twitter Facebook はてブ

IKKOのプロフィール

IKKO、いっこう。日本のヘアメイクアーティスト。「アトリエIKKO」主宰。福岡県出身。北九州美容専門学院(のちの福岡美容専門学校北九州校)卒業後、高級美容室「髪結処 サワイイ」で修業。その後、ヘアメイク事務所を経て独立し「アトリエIKKO」を設立。タレントとしても活躍。ユーキャン流行語大賞を受賞。

IKKOの名言 一覧

私、人生で大切なことは「感心」と「関心」だと思うんです。世の中のあらゆることに興味を持って、心で感じるってこと。


数え切れないほどのコンプレックスに向かい合ってきたからこそ、生まれついての女性以上に、美について研究しようと頑張って、努力できたんじゃないでしょうか。


勉強って本来、教わることの意味を理解しないといけない。そうしないと、いわれたことだけはできても、応用ができないんですよ。学校の勉強は、それを通じて、人生の、ものごとの意味をわかっていくということを教えてもらう、大切な時。


50の手習いで始めた書。書には人生が出るんです。自分の字に、責任が持てるようになりたいですね。


人生で成功を積み上げていくには、「浄化」が大切。心身を浄化しないまま成功しても、それはいつか消えていく砂上の楼閣だと思う。


昔、素晴らしい絵を買うお金がなかったときに、絵にも優るものが、美しいスカーフの額装だって発想が生まれたんです。人生、創意工夫ですね。


私の幼少期は、「次に生まれ変わるなら、絶対女に生まれたい」って、ずっと、祈るように思っていたんです。でも、40歳を過ぎたころから「今度生まれてくるとしても、やっぱりIKKOでいい」って思えるようになりました。だって、女ではなく男として生まれたから、いまの私がいる。最初から女として生まれていたら、ここまで努力できていたかどうか。


私はコンプレックスをバネに美容師になって、美容師からヘアメイクに、40歳のときには美容家に。40歳で美容家って名乗るのは、自分でも「ちょっと早いかな」って思っていたんですよ。でも、住まいから料理まで、女の人が楽しくきれいにしたいと思っていることを全て表現していくのが、新たな美容家だと思って、あえて名乗ったんです。覚悟ですよね。


「サワイイ」では修業5年、御礼奉公3年で、計8年勤めさせていただきました。売り上げもナンバーワンになったり、一応の目標は達成できました。でも、次の目標として、雑誌に作品が載るようなヘアメイクアップ・アーティストになりたい、と思ったんです。私の技術は、美容室で私を指名してくれている人にはわかってもらえるけど、やっぱり、全国の人に見てもらいたくなったから。


順調に「アトリエIKKO」は仕事を増やしていったのですが、設立10年目を迎える目前の39歳のとき過呼吸症候群で倒れてしまったんですよ。人と話しても5分と目を合わせられず、ひどいときは心臓が破裂しそうなくらいに激しい動悸に襲われて。普通に歩いていても、真っ直ぐ歩いているかわからなくなったこともあったし、呼吸困難や目眩で倒れそうになったことも……。4年近くは、自分でもどうしようもなかったですから。それまでストイックに、ストイックに生きてきた人生でしたけれど、うまくセーブしないと続かないとわかりました。2日仕事をやったら1日休んで……みたいなサイクルをつくっていきました。弟子やスタッフに任せられる仕事は、全部任せてね。


高校のときだけは、ちょっと男っぽくしてみようかなと思ったけど、やっぱりムリでしたね。「私なんか、本当に生きていっていいのかな」って、本当の自分を隠して。高校卒業後、北九州美容専門学院に入り、初めて「あ、ここなら私も生きていける」って思った。美容学校は個性的な人の集まりだったから。


IKKOの経歴・略歴

IKKO、いっこう。日本のヘアメイクアーティスト。「アトリエIKKO」主宰。福岡県出身。北九州美容専門学院(のちの福岡美容専門学校北九州校)卒業後、高級美容室「髪結処 サワイイ」で修業。その後、ヘアメイク事務所を経て独立し「アトリエIKKO」を設立。タレントとしても活躍。ユーキャン流行語大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

少子高齢化や景気低迷という平均値で物事を語ってはダメで、もっとメッシュを小さくして市場をつぶさに見ていけば、ものすごいチャンスが出てくる。


澤上篤人

「何とかショック」というのに襲われると、マーケットも投資家も世の終わりといった反応をする。いつも言うことだが、「世界経済は大変なことになったと大騒ぎしているあなたたちも、飲んだり食ったりしているよね。そういった生活を企業活動は休むことなく支えてくれている。ショック、ショックと騒ぐが、企業活動は何も変わってはいない。ただ株価が下げただけじゃないの」とね。


糸井重里

新しい仕事を始める時は、様々な壁が立ちはだかります。それは、参考にする前例がないことへの戸惑いなどから生じたりするわけですがそこを突き破るには、やはりアイデアが必要で、「それ面白そう!」と思ってもらえる企画を立てなければいけない。


似鳥昭雄

創意工夫とか、改善改革とか、考えるということを習慣化していかないと、社内競争にも勝ち残れない。


上原昭二

焦らず、無理せず、背伸びせず。私の父、大正製薬前名誉会長の上原正吉から教わった生き方です。父は寡黙な人だったし、私の教育についても自由放任主義でした。ひとつひとつ、ああしろこうしろと押しつけがましいことは全くありませんでした。自分の振る舞い、モノの考え方に接しているうちに把握してくれれば、それで良いというのが父の教育の仕方でした。父の人生、あるいは経営のやり方を見ていて、私なりに解釈したのが冒頭の言葉です。


出川哲朗

僕はひたすら前だけを見ます。テレ東さんで春からやらせてもらっている「電動バイクで旅をする番組」でも、僕は「前に進んでいれば、何か起きてもどうにかなる」と思っているから「行ける所まで、とにかく行っちゃおう!」というノリです。


宮崎駿

ほんのわずかでもいいから、一作品ごとに試みるべきだと思っています。そういうことを放棄した途端に、僕らにとってのアニメーションはただの手段にすぎなくなって、そのなかにストーリーを説明するための手段であったり、自分の大したことのない言いたいことのための手段でしかなくなってしまって、どっかで退廃が起こると思うんです。


西浦三郎

新しいチャレンジを自分で考えていくことそのものが、楽しい仕事なんだと私は思っています。その機会を社員のみなさんに提供していくのが、経営という仕事なのかもしれません。


家本賢太郎

そもそも会社が必要だと思って採用した人なのですから、上司と上手くいっていなかったり、希望の部署に配属されなかったりして、モチベーションを下げている社員には、「あなたのことはちゃんと見ているし、価値がある人間だということはわかっていますよ」というメッセージを伝えています。面談のような場で明確に言うこともありますし、あえて明確には言わずに、ニュアンスだけを伝えることもあります。


戸塚隆将

たまたま何かの縁で知り合った友人・知人との関係が、将来どう発展するかはわからない。将来を期待して関係を築くのではなく、利害を超えたつながりを大切にすることで、結果、人間関係はより深まるのです。