名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

IKKOの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

IKKOのプロフィール

IKKO、いっこう。日本のヘアメイクアーティスト。「アトリエIKKO」主宰。福岡県出身。北九州美容専門学院(のちの福岡美容専門学校北九州校)卒業後、高級美容室「髪結処 サワイイ」で修業。その後、ヘアメイク事務所を経て独立し「アトリエIKKO」を設立。タレントとしても活躍。ユーキャン流行語大賞を受賞。

IKKOの名言 一覧

私、人生で大切なことは「感心」と「関心」だと思うんです。世の中のあらゆることに興味を持って、心で感じるってこと。


数え切れないほどのコンプレックスに向かい合ってきたからこそ、生まれついての女性以上に、美について研究しようと頑張って、努力できたんじゃないでしょうか。


勉強って本来、教わることの意味を理解しないといけない。そうしないと、いわれたことだけはできても、応用ができないんですよ。学校の勉強は、それを通じて、人生の、ものごとの意味をわかっていくということを教えてもらう、大切な時。


50の手習いで始めた書。書には人生が出るんです。自分の字に、責任が持てるようになりたいですね。


人生で成功を積み上げていくには、「浄化」が大切。心身を浄化しないまま成功しても、それはいつか消えていく砂上の楼閣だと思う。


昔、素晴らしい絵を買うお金がなかったときに、絵にも優るものが、美しいスカーフの額装だって発想が生まれたんです。人生、創意工夫ですね。


私の幼少期は、「次に生まれ変わるなら、絶対女に生まれたい」って、ずっと、祈るように思っていたんです。でも、40歳を過ぎたころから「今度生まれてくるとしても、やっぱりIKKOでいい」って思えるようになりました。だって、女ではなく男として生まれたから、いまの私がいる。最初から女として生まれていたら、ここまで努力できていたかどうか。


私はコンプレックスをバネに美容師になって、美容師からヘアメイクに、40歳のときには美容家に。40歳で美容家って名乗るのは、自分でも「ちょっと早いかな」って思っていたんですよ。でも、住まいから料理まで、女の人が楽しくきれいにしたいと思っていることを全て表現していくのが、新たな美容家だと思って、あえて名乗ったんです。覚悟ですよね。


「サワイイ」では修業5年、御礼奉公3年で、計8年勤めさせていただきました。売り上げもナンバーワンになったり、一応の目標は達成できました。でも、次の目標として、雑誌に作品が載るようなヘアメイクアップ・アーティストになりたい、と思ったんです。私の技術は、美容室で私を指名してくれている人にはわかってもらえるけど、やっぱり、全国の人に見てもらいたくなったから。


順調に「アトリエIKKO」は仕事を増やしていったのですが、設立10年目を迎える目前の39歳のとき過呼吸症候群で倒れてしまったんですよ。人と話しても5分と目を合わせられず、ひどいときは心臓が破裂しそうなくらいに激しい動悸に襲われて。普通に歩いていても、真っ直ぐ歩いているかわからなくなったこともあったし、呼吸困難や目眩で倒れそうになったことも……。4年近くは、自分でもどうしようもなかったですから。それまでストイックに、ストイックに生きてきた人生でしたけれど、うまくセーブしないと続かないとわかりました。2日仕事をやったら1日休んで……みたいなサイクルをつくっていきました。弟子やスタッフに任せられる仕事は、全部任せてね。


高校のときだけは、ちょっと男っぽくしてみようかなと思ったけど、やっぱりムリでしたね。「私なんか、本当に生きていっていいのかな」って、本当の自分を隠して。高校卒業後、北九州美容専門学院に入り、初めて「あ、ここなら私も生きていける」って思った。美容学校は個性的な人の集まりだったから。


IKKOの経歴・略歴

IKKO、いっこう。日本のヘアメイクアーティスト。「アトリエIKKO」主宰。福岡県出身。北九州美容専門学院(のちの福岡美容専門学校北九州校)卒業後、高級美容室「髪結処 サワイイ」で修業。その後、ヘアメイク事務所を経て独立し「アトリエIKKO」を設立。タレントとしても活躍。ユーキャン流行語大賞を受賞。

他の記事も読んでみる

押味至一

当社の物づくりの原点にあるのは技術力。この技術力をいかに一人一人が早く習得・成長できるかが重要。そのためにも教育制度を現代のスピードに合わせたものに再構築する必要がある。


安田佳生

一番メディアの取材を受けた東京・市ケ谷のオフィスの内装に2億円ぐらいかけましたが、あれは自分の中では成功だったと思っています。取材が増えて、広告費に換算したら年間3億円分ぐらいの記事が出ましたし、問い合わせ件数もそれまで年間60件ぐらいだったのが1万件に増えました。


酒井雄哉

何が起きるかわからないのが世の中だから、慣れた道でも甘く見ないで、今日を真剣に歩かなかったら絶対に続かないんだよ。


内藤誼人

相手と別れるときのタイミングは会話が一番盛り上がったところが目安になる。会話が盛り上がって、少しずつ下がりはじめようとするくらいのタイミングが、あなたが辞去するのに最も適したタイミングなのだ。会話が盛り上がってきて、お互いに興奮、歓喜の感情が残っているときにお別れするようにすると、心地よい余韻がしばらく続き、あの人はなんて素晴らしいんだろうという評価が高まる。相手が退屈しているときに辞去すると退屈な人だったという評価を受けやすい。


永守重信

米国では失敗してもまだチャンスは何度もあるわけですが、日本の場合は一度失敗するとほとんど終わり。これが日本でプロの経営者の育成を遅らせている要因。


杉野正

僕は社員に好かれるかどうか気にしたことはありません。少なくとも、認めざるを得なくなるまで、自ら率先して結果を出すこと、長所を見つけ出して適材適所に配置すること、隠し事をせず、本当のことを話すことで、案外社員には好かれていたかもしれません。


リンダ・グラットン

100年もの長い人生を幸せに生きるためには、偏見を持たずに視野を広げ、複数の異なる選択肢を常に探すようにならなければなりません。その選択肢は自分とは異なる人と会うために旅をすることかもしれないし、社会の別の集まりに参加することかもしれません。世界や他者の在り方に対して好奇心を持つことは非常に重要な姿勢です。


石黒不二代

マーケティングというのは、営業をしなくても売れる仕組みを作ること。


大前研一

答えが無い世界でお金を稼げるのは自ら答えを作り出せる人間だけだよ。


清水亮

これからの時代に重要なのは、情報自体ではなく、情報から私たちが何を感じるか。


林遣都

現場が変われば監督も共演者も変わり、そのつど役に対する向き合い方も変えていかなくてはいけないと、僕自身、最近強く感じていて。一緒に仕事をする人たちが何を感じとり何を投げかけてくれるのか、敏感にキャッチしながら、こちらも芝居で返していかなきゃいけないなと。


西本智実

具体的な目標を掲げ、それに向かって鍛錬を続けていけば、夢は必ず叶う。