名言DB

9429 人 / 110879 名言

C・W・ニコルの名言

twitter Facebook はてブ

C・W・ニコルのプロフィール

C・W・ニコル、クライヴ・ウィリアムズ・ニコル。日本のナチュラリスト、作家。英国南ウェールズ出身。17歳でカナダに渡る。カナダ水産調査局北極生物研究所技師、エチオピア帝国政府野生動物保護省猟区主任管理官、シミエン山岳国立公園園長などを務めたのち、空手の修行のため来日。日本の自然に魅せられ長野県黒姫に移り住む。各種メディアで環境保護の啓蒙活動をするも限界を感じ、荒れ果てた里山を購入し自ら森の再生活動を開始。その後、環境保護活動や、子供達への環境教育を行った。

C・W・ニコルの名言 一覧

人間にとって、夢中になれるもの、好きなものほど大切なことはありません。


私はこれまで好きなことがあったから、生きることができました。小さいころはひどいいじめを受けていて、学校には居場所がありませんでした。でも12歳で探検家のアムンゼンの記録映画を見て、「北極探検家になる」という夢ができて強くなれたのです。


これから、様々な壁との戦いがあると思います。でも、もう何も怖くありません。神様がニコルにあと何年くれるか分かりませんが、勝つ自信はあるんです。


森を買うにはお金が必要ですし、たくさんの壁があります。でも何かやりたいことがあれば、まずは心の中でやっているつもりになればいい。そうすれば心が先に行って、そのあと体がついていく。するとお金や人も自然とついてくるのではないでしょうか。


北極に初めて行ったときも、かなり強引でした。高校を卒業した直後、北極の調査隊にアシスタントとして同行できるチャンスを得ました。でも両親は大学に行くことを希望していたので、パスポートの申請書類に父親の筆跡でサインし、アルバイトで稼いだお金を携えて、「ちょっとキャンプに行ってくる」と出かけたのです。もちろん数カ月に及ぶ調査ですから、渡航中に自宅に電話をかけ事情を話しましたが……。母親は怒り心頭に発したようですが、それでも私は行きたかったのです。


私はケンカっ早いため、これまでいろいろな人たちとケンカをしましたが、長年のケンカ相手のひとつが林野庁です。


テレビや本で環境保護について訴えかけましたが、自然破壊のほうは一向に止まりませんでした。徐々に「大好きな自然をだしにお金儲けをしている」ような気分になってきて、絶望の日々を過ごしました。40代半ばのことです。そして、「森を保護せよ」と言うだけでなく、みずから森づくりを実践すると発想転換したことで、私は生き返りました。


重要なのは生物多様性に配慮し、土地の水質や地質に合った植物を育てることです。結果として、32種類の絶滅危惧種が戻ってきました。


C・W・ニコルの経歴・略歴

C・W・ニコル、クライヴ・ウィリアムズ・ニコル。日本のナチュラリスト、作家。英国南ウェールズ出身。17歳でカナダに渡る。カナダ水産調査局北極生物研究所技師、エチオピア帝国政府野生動物保護省猟区主任管理官、シミエン山岳国立公園園長などを務めたのち、空手の修行のため来日。日本の自然に魅せられ長野県黒姫に移り住む。各種メディアで環境保護の啓蒙活動をするも限界を感じ、荒れ果てた里山を購入し自ら森の再生活動を開始。その後、環境保護活動や、子供達への環境教育を行った。

他の記事も読んでみる

内藤忍

会食などをしたときに帰り際に、「今日は来て良かったな」とか「お土産をもらったな」と相手に感じてもらうのが理想です。お土産というのは、何も折詰に入ったお菓子を用意することではありません。相手が欲しい情報を提供したり、人を紹介したりすることが、本当に喜ばれるお土産になります。あるいは、食べることが好きな相手なら、食通なら誰もが「おいしい!」と絶賛する店に連れて行きます。それだけで相手は、「この人とつき合っていれば良いことがありそうだ」と思うはずです。あまり打算的になっては逆効果ですが、相手を手ぶらで帰さずに、「得たものがあった」と感じてもらうように努力することが、次に会うチャンスへとつながっていくのです。


大橋徹二

コマツアメリカの社長として、アメリカの鉱山器機事業の立て直しに取り組んだときの経験から、本音で話し合える胆力、気力、時間が大事だと思うように在った。


鈴木典比古

隣の人は別の「個」を持っているわけで、違った人間同士でコミュニケーションを取ろうとしたら、お互いの違いを認め合ったり、相手の考え方を尊重したり、言葉で相手を説得する力、つまり論理性を身につけたりする必要がある。


坂根正弘

日本には競争力があります。その自信を取り戻さない限り、大きな国内投資をしないでしょうし、事業の整理や雇用に手をつけるような一大決心はできないでしょう。


中村靖(経営者)

ベテラン技術者のノウハウを伝承するために、ヘッド・マウント・ディスプレーやウエアラブルのカメラなどを使って、仕事のやり方を記録することにも取り組んでいます。


高橋淳(経営者)

スタッフが包丁を手にして店内で調理することには重要な意味があります。精神論からいうと、肉に対する熱い思いが生まれます。この思いはとても大事です。肉は工業製品ではないので、ひとつひとつ全部違います。ですから、おいしく提供しようとすれば、部位によって切り方を変える必要があります。肉の知識を持ったうえで、細心の注意が求められるのです。しかし加工センターでは作業量や歩留まりなど効率が優先されます。そこで肉へのこだわりもなくなってしまいます。


萩本博幸

父(萩本博市氏)は元々「昭和恐慌に苦しむ地元に精密機械工業を」との思いで創業し、飯田市にも工場を建てた。本社移転は、バブルが崩壊した際に「生まれ故郷を中心にやろう」と考えたからだ。安易に海外移転しなかったのは、今でもものづくりの観点から良かったと思う。


花村仁八郎

利害が絡む問題を解くときほど、自らを公平無私に保っておく必要がある。真実一路であると、自らの心に不安がない。そうなれば健康も維持できるというものである。


浦野光人

そもそも株式会社は、オランダ東インド会社がアジアから香辛料を輸入して、ヨーロッパの食生活を豊かにしたいと思ったことから発生しました。このように、会社の根本には「やりたいこと」があるはずです。


弘兼憲史

『ラストニュース』をやるにあたってテレビ業界の内部が知りたかった。それには外から見るより、自分がコメンテーターになって実際の制作現場にいたほうが、よくわかるじゃないですか。実際、番組が終わった後、音声さんやカメラさんを自分のカメラで撮ったりして資料集めに動き回ってましたから(笑)。だから『ラストニュース』の連載が終わってからは、コメンテーターは一切やめたんです(笑)、必要なくなったので。