名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

C・K・プラハラードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

C・K・プラハラードのプロフィール

C・K・プラハラード。アメリカの経営学者、コンサルタント。ミシガン大学経営大学院教授。インド出身。企業戦略論の第一人者として、多国籍企業の企業戦略と経営者の役割について研究を重ねるた。共著の『コアコンピタンス経営』は日本でベストセラーになり、90年代の日本企業に大きな影響を与えた。論文『The End of Corporate Imperialism』にてマッキンゼー賞受賞。その他の主な著書に『ネクスト・マーケット』など。

C・K・プラハラードの名言 一覧

答えは「効率的になる」ことではなく「変わる」ことにある。新たな考えを持たずにリストラだけしても解決にはなりません。


国内のライバルが競争し合いながら成長していくというかつての成功の方程式は足かせに変わりました。


新興市場開拓を狙って新たなビジネスモデルをつくるには4つの重要な条件があります。

  1. 新興国の市場規模が巨大であることを認識すること。
  2. 性能に見合った価格を設定するのではなく、所得の低い人々が購入できる価格と性能はどのようなレベルか考えること。
  3. 環境に及ぼす影響に敏感になること。
  4. 製品に高度な技術を盛り込むこと。

ノキアはインドで7割の携帯電話シェアを獲得しています。ノキアは携帯電話のプリペイドカードを新興国の人々に販売することを思いついたのです。顧客が住む場所の多くに銀行やATMがないから、遠方にある銀行まで電話料金を支払いに出かける煩わしさをなくせば携帯電話を購入してもらえるだろうと考えたわけです。


新興国市場に進出するには、企業は従来とは全く異なるビジネスモデルを考案しなければなりません。従来と同じ製品では売れないからです。


C・K・プラハラードの経歴・略歴

C・K・プラハラード。アメリカの経営学者、コンサルタント。ミシガン大学経営大学院教授。インド出身。企業戦略論の第一人者として、多国籍企業の企業戦略と経営者の役割について研究を重ねるた。共著の『コアコンピタンス経営』は日本でベストセラーになり、90年代の日本企業に大きな影響を与えた。論文『The End of Corporate Imperialism』にてマッキンゼー賞受賞。その他の主な著書に『ネクスト・マーケット』など。

他の記事も読んでみる

石井桃子

大人になってからのあなたを支えるのは、子ども時代のあなたです。


井上貞治郎

「寝れば一畳、起きれば半畳、五合とっても三合飯」の明るさと、「今にえろ(偉く)なったるぞ」の意欲が私の力だ。


太田大介

気分転換としての運動の習慣を身につけるのは、それほど難しいことではないでしょう。体力増強が目的ではないので、一回あたりの時間や、週に何回するかといったルールを決めることなく、楽しんでやればいいと思います。


小林節(経営者)

生まれたらみんな死ぬわけですから、どうやって納得して死ぬかです。


松井道夫

バブル崩壊の前に、経済同友会で素晴らしい経営者の方々とお話をする機会がありました。その方々が「このままだと日本経済は落ちるところまで落ちる」とおっしゃっていた。その理由が、「民間企業が官僚化していくから」だと言うんです。官僚化とは「決断しない」「無謬性がある」ということです。無謬性、つまり自分は正しいと信じている。だから責任は取らない。でもそれを民間がやったらダメだと言うんです。なんと、その後の日本はその言葉通りになってしまった。大企業の経営者といっても、社長がいて、副社長や取締役がたくさんいて、取締役会や様々な会議で多数決で物事を決めていく。誰も決断していないから、誰も責任をとらない。最近はホールディングス体制の会社も増えていて、ますます責任の所在が不明瞭になっています。昨今の日本企業の不祥事の一因も、民間の官僚化にあると思いますよ。


田中忠雄

人と同じで、ちょっと気を抜くと企業にも贅肉が付く。


山口悟郎

価格交渉は難しい。値引きに応じてしまえばそれで終わりだ。製品の機能も品質も変わらないとき、残るのは営業力しかない。自分たちと付き合えばどれだけ得をするのか、トラブル対応を含めて、値段だけの交渉にしないことだ。営業は社内の工場とお客様の両方を説得しなくてはならない。お客様の言いなりでは工場は動かないし、工場の言いなりではお客様は注文をくれない。


湯浅和夫

無駄を本気で指摘し、効率化に向けた提案をしてくれるかどうか。このあたりが、アウトソースを選ぶときのポイントになるでしょう。


山田昭男

いま派遣労働者の労働条件の改善が社会問題になっているけど、ウチはすべて正社員。そういうと、「いまは転職の時代だから、正社員を雇うのは古い」という人がいる。アホかといいたい。それはマスコミが勝手に煽っているだけやと思うね。最初から会社を辞めようと思って入社する人間が、どれだけいるのか。私には疑問に思えてならない。会社を転々としてステップアップしたいと考えている人間なんて、全労働人口からすれば、ほんのひと握りでしょ。それに、転職した人の大半が、むしろ転職先で労働条件が悪くなっているケースが多い。それを、「いまの若者はすぐ辞めるから」なんていうステレオタイプの悲観論を経営者がもってしまったら、それこそ従業員は、不安で仕事に身が入らないよ。基本的に経営者は、定年まで勤めたいと考えている大多数の真面目で純粋な従業員の思いをすくい取ってやるべきでしょう。


櫻井英明

達人とか名人と呼ばれるような映画監督やTVプロデューサーでも興行収入や視聴率のデータだけをもとにシナリオや作品を描いている訳ではありません。考えに考え抜いて俳優を選び、現場を何度も取材し、それでも飽き足らずにさらにその上を目指して苦悩している筈です。楽をして怠惰な姿勢では決して名品は生み出せません。


麻生哲朗

二枚目の役柄を演じることが多い人がコミカルな役を演じると、視聴者に新鮮な印象を残すことができたりするでしょう。でも、ここで注意しなければならないことがある。その人のキャラクターに合わないことは、やらせてはダメ。ありがちな「変なことをやらせて視聴者を驚かせておしまい」ではなく「この人のこういう姿って見たことなかったけど、ありそうだよね」という見せ方をする。それがCMを視聴者の心に長く残す。


松井忠三

自分から率先して挨拶を習慣化することで、部下たちとの情報共有がぐっとスムーズになる。上司からは有用な情報がたくさん上がれてくるようになる。