名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

C・K・プラハラードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

C・K・プラハラードのプロフィール

C・K・プラハラード。アメリカの経営学者、コンサルタント。ミシガン大学経営大学院教授。インド出身。企業戦略論の第一人者として、多国籍企業の企業戦略と経営者の役割について研究を重ねるた。共著の『コアコンピタンス経営』は日本でベストセラーになり、90年代の日本企業に大きな影響を与えた。論文『The End of Corporate Imperialism』にてマッキンゼー賞受賞。その他の主な著書に『ネクスト・マーケット』など。

C・K・プラハラードの名言 一覧

答えは「効率的になる」ことではなく「変わる」ことにある。新たな考えを持たずにリストラだけしても解決にはなりません。


国内のライバルが競争し合いながら成長していくというかつての成功の方程式は足かせに変わりました。


新興市場開拓を狙って新たなビジネスモデルをつくるには4つの重要な条件があります。

  1. 新興国の市場規模が巨大であることを認識すること。
  2. 性能に見合った価格を設定するのではなく、所得の低い人々が購入できる価格と性能はどのようなレベルか考えること。
  3. 環境に及ぼす影響に敏感になること。
  4. 製品に高度な技術を盛り込むこと。

ノキアはインドで7割の携帯電話シェアを獲得しています。ノキアは携帯電話のプリペイドカードを新興国の人々に販売することを思いついたのです。顧客が住む場所の多くに銀行やATMがないから、遠方にある銀行まで電話料金を支払いに出かける煩わしさをなくせば携帯電話を購入してもらえるだろうと考えたわけです。


新興国市場に進出するには、企業は従来とは全く異なるビジネスモデルを考案しなければなりません。従来と同じ製品では売れないからです。


C・K・プラハラードの経歴・略歴

C・K・プラハラード。アメリカの経営学者、コンサルタント。ミシガン大学経営大学院教授。インド出身。企業戦略論の第一人者として、多国籍企業の企業戦略と経営者の役割について研究を重ねるた。共著の『コアコンピタンス経営』は日本でベストセラーになり、90年代の日本企業に大きな影響を与えた。論文『The End of Corporate Imperialism』にてマッキンゼー賞受賞。その他の主な著書に『ネクスト・マーケット』など。

他の記事も読んでみる

延岡健太郎

自社の中核(コア)技術を大切にし、どうしても足りない技術や経営資源は他社からの調達も視野に入れつつ、新しい製品を生み出し続けることが大切です。


湯浅智之

人の成長には修羅場が不可欠。任されたプロジェクトや企業で、周囲に認められるような成果を出すことで人間性と経営技術が磨かれる。


藤原和博

リクルートの新人の頃、先輩の仕事を見て印象的だったのが、クレームを言ってくるお客さんを大事にしていたことです。クレームを投げてくるということは、それだけこっちの方を向いているわけで、その気持ちを上手く反転させれば、大きな仕事につながります。ですから、社員は皆、お客さんからクレームがあったと聞くと、新しいプレゼンテーションのチャンス到来とばかりに鞄を持って飛び出していっていました。


ロバート・M・ベラーディ

「これだけでは足りないのでは?」という不安にとらわれると、お金を使うことに罪悪感を覚えるようになります。すると、無駄遣いだけでなく、使うべきときにも出費を惜しむようになります。それは、長い目で見て、損をすることにつながります。自己投資にお金を惜しんで仕事の能力があがらない。住宅価格が安くなっているのに買い渋って数年後に高値でつかんでしまう。これでは、生活は豊かになりませんし、お金に対する不安も消えることはないでしょう。


横田尚哉

仕事には目的や意図、役割があり、それを実現するために手段があります。仕事をスムーズに進めるには、コミュニケーションにおいても、仕事の目的や意図、役割を伝えることが大切です。これは、指示を出す場合でも、受ける場合でも、また誰に対しても、意識すべきことです。


江田麻季子

米国では、最初から一人前に扱われ、順応していかなくてはならない。若いから、あるいは女性だからということはまったく通用しない世界がありました。


松原弘典

確かに上の世代の人たちは、中国で仕事をすると、人間関係があまりに分からなかったり、資金回収ができなかったりで、中国で仕事をする人は限られていました。だからこそ私のような駆け出しにチャンスがあった。それと当時愛読していた「日経ビジネス」で、中国が「世界の工場」として大きくクローズアップされていたことにも興味を惹かれまして。日本のメーカーの人が「すごく大変でアグリー(醜悪)な場所だけど、可能性はある」と語っていて、それは建築でも同じじゃないか、と。で、ここは思い切って行ってしまえ、と決断したんですね。


野口美佳

トレンドの周期がますます短くなっている現在の市場性を踏まえて、当社では毎年、商品の8割を新商品に入れ替えています。こうした市場の変化のスピードに対応するためにも、消費者動向やトレンドを感じ取り、いつでも使えるデータとして自分の中にストックしていくことが大切なのだと思っています。


冨澤文秀

たとえば仕事を頼むとき、「これ、やっておいて」だけでは、フランス人は怒ります。なぜその仕事をその人にやってもらう必要があるのか、相手にわかるよう説明する必要がある。相手をリスペクトする気持ちが重んじられます。


ロバート・キヨサキ

弱いリーダーの会社は弱くなる。リーダーであるはずの起業家や経営者が、当たり障りのない態度をとろうとしたり、人気取りをしようとしたりしたために、行き詰ったり破綻したりする会社がたくさんある。


吉田たかよし

ストレスは心の領域ですが、心は脳の働きで生み出されるもの。脳に悪いことは心にも悪いもの。


寺田和正

私は、無理だと言われると逆にチャンスだと捉えます。無理を無理とせず、チャレンジを重ねていきたい。