C・K・プラハラードの名言

C・K・プラハラードのプロフィール

C・K・プラハラード。アメリカの経営学者、コンサルタント。ミシガン大学経営大学院教授。インド出身。企業戦略論の第一人者として、多国籍企業の企業戦略と経営者の役割について研究を重ねるた。共著の『コアコンピタンス経営』は日本でベストセラーになり、90年代の日本企業に大きな影響を与えた。論文『The End of Corporate Imperialism』にてマッキンゼー賞受賞。その他の主な著書に『ネクスト・マーケット』など。

C・K・プラハラードの名言 一覧

1 / 11

答えは「効率的になる」ことではなく「変わる」ことにある。新たな考えを持たずにリストラだけしても解決にはなりません。

C・K・プラハラードの名言|効率的になるのではなく、変わることが重要


国内のライバルが競争し合いながら成長していくというかつての成功の方程式は足かせに変わりました。

C・K・プラハラードの名言|成功の方程式は足かせに変わった


新興市場開拓を狙って新たなビジネスモデルをつくるには4つの重要な条件があります。

  1. 新興国の市場規模が巨大であることを認識すること。
  2. 性能に見合った価格を設定するのではなく、所得の低い人々が購入できる価格と性能はどのようなレベルか考えること。
  3. 環境に及ぼす影響に敏感になること。
  4. 製品に高度な技術を盛り込むこと。

C・K・プラハラードの名言|新興国市場開拓の4つの条件


ノキアはインドで7割の携帯電話シェアを獲得しています。ノキアは携帯電話のプリペイドカードを新興国の人々に販売することを思いついたのです。顧客が住む場所の多くに銀行やATMがないから、遠方にある銀行まで電話料金を支払いに出かける煩わしさをなくせば携帯電話を購入してもらえるだろうと考えたわけです。

C・K・プラハラードの名言|顧客の煩わしさをなくし、購入しやすくする


新興国市場に進出するには、企業は従来とは全く異なるビジネスモデルを考案しなければなりません。従来と同じ製品では売れないからです。

C・K・プラハラードの名言|新興国では違うビジネスモデルで


C・K・プラハラードの経歴・略歴

C・K・プラハラード。アメリカの経営学者、コンサルタント。ミシガン大学経営大学院教授。インド出身。企業戦略論の第一人者として、多国籍企業の企業戦略と経営者の役割について研究を重ねるた。共著の『コアコンピタンス経営』は日本でベストセラーになり、90年代の日本企業に大きな影響を与えた。論文『The End of Corporate Imperialism』にてマッキンゼー賞受賞。その他の主な著書に『ネクスト・マーケット』など。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ