名言DB

9412 人 / 110637 名言

A・S・ニール(ニイル)の名言

twitter Facebook はてブ

A・S・ニール(ニイル)のプロフィール

アレクサンダー・サザーランド・ニイル(A・S・ニール)。イギリスの教育者。エディンバラ大学卒業。様々な教育改革を行った。スコットランド・グレトナ・グリーンスクール校長を務めた。

A・S・ニール(ニイル)の名言 一覧

最も良い教師とは子供とともに笑う教師である。
最も良くない教師とは子供を笑う教師である。


子どもを学校に合わすのではなく、学校を子どもに合わせる。


A・S・ニール(ニイル)の経歴・略歴

アレクサンダー・サザーランド・ニイル(A・S・ニール)。イギリスの教育者。エディンバラ大学卒業。様々な教育改革を行った。スコットランド・グレトナ・グリーンスクール校長を務めた。

他の記事も読んでみる

田路和也

社内外のステークホルダーから信頼されるためには、一人の人間としての人格と能力が問われる。


三木雄信

ソフトバンク時代に私は孫社長から「結論から話せ。結論から」と何度いわれたことか。提案を受けるお客さまも、その孫社長と同じような思いを抱いている。


藤田和生

扇風機に細長い紙をつけて回すと、紙がぴらぴらして怖いですよね。そんなとき、犬は飼い主の顔を見ます。飼い主が怖そうにしていると行かない。ニコニコしていると行く。つまり、人の行動を手掛かりに行動する能力があるということです。犬ほどではないですが、猫もできます。


坂根正弘

お客様にどんどん「コマツがなければ困る度合い」を高めてもらうことで、顧客の信頼を得るとともに、我々も安定した収益を得ることができるようになる。


陰山英男

「仕事が遅い人」は、だいたい何でも後手に回ります。問題が深刻になってから動き出す。一方で「仕事が速い人」は、「ここでこれをやっておくと後が楽」と先々を見据えて素早く動く。


藤森義明

狭い世界にいると「同期よりも早く課長になった」「友達より給料が10万円高い」と小さなことで満足しがちです。そんな気持ちを捨てるためには、日常から抜け出して、圧倒的な実力を持つ人と会うことが大事です。私自身も、アメリカにMBAを取りに行ったり、GEに転職したりするなかで、とんでもなく優秀な人と出会ったことで、「こういう人と戦いたい」と向上心をかき立てられました。


樋口泰行

遅れを取り戻すには莫大なエネルギーを消費する。そこで、他社を先に行かせて追いつくのではなく、自ら先行する会社に変革しようと意識を変えています。


本庄八郎

会社は、社員の失敗では絶対に潰れません。潰すのは社長の失敗です。ですから、社員は若い頃から縮こまらず、新しいことに挑戦し続けてほしい。


武藤潤(経営者)

「この製油所は生産能力が大きすぎるから2割減らせ」といったふうに機械的に命令するだけでは継続性がない。一時的に効率化できたとしても、続かないでしょう。もっとソフトの部分というか、人の気持ちを考えて、納得感を持ってやってもらわないといけない。


川端克宜

商品もメーカー目線の自己満足に陥っていないか。常にお客様目線に立って、商品開発ができているか。何も斬新な商品を開発する必要はなくて、パッケージは地味かもしれないけど、お客様の不満を追求した商品であれば、きっとご支持をいただけると思うんです。そう考えて、商品開発や販売戦略を練り直した結果、業績不振だったガーデニング事業は、今では年々売り上げも伸長。成長事業の一つになりました。


遠山正道

三菱商事本体に勤務した約10年間で今でも一番印象に残っている仕事は、「電子メールのある1日」という架空のストーリーを書いて社内に配ったことです。全社に電子メールシステムの導入を働きかけるのが目的でした。それが当時の社長のもとまで届き、直々に呼び出されて社長本人にご説明することになりました。こうした活動はもちろん、上司から指示されたわけではありません。パソコン通信に出会った感動を出発点に、自分で気づいて、自分で行動を起こしたものです。それを仕事と呼べるのかどうかはわかりませんが、私の自信を深める上でのプチ成功体験になったのは確かです。


五十嵐一弘

強調したいのは、自分の会社、自分の仕事をもっと好きになってほしいという点。私の経験も踏まえ、それぞれが自分の場所で誇らしく働く会社にしたい。


スティーブン・コヴィー

非常に素晴らしい親子関係を築いている人が、次のように述べている。「一人一人の子供に対して、それぞれ違う接し方をしてこそ、公平に接することになる」


中田敦彦

大切なのは、とにかくやってみること。「Just Do It」。これは僕のビジネスの信条でもあります。まずは、やりたいことを言う、始めてみる。すると大きな目標をともにする人が集まってくるものです。その中で、掛け合わせが起こり、別々のスキルや目標を持っていた人同士の間で、新しい関心が生まれ、プロジェクトになる。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

加齢による体力の衰えに抵抗しようと、いきなりランニングやジム通いを始める人がしばしばいますが、これは考えものです。適度な運動ならば問題ないのですが、過去の自分を目指し、その頃と同じ体力をつけようと一念発起するのはケガのモト。運動をしすぎて体力が消耗し、仕事に支障が出るリスクもあるので要注意です。