名言DB

9413 人 / 110706 名言

A・S・ニール(ニイル)の名言

twitter Facebook はてブ

A・S・ニール(ニイル)のプロフィール

アレクサンダー・サザーランド・ニイル(A・S・ニール)。イギリスの教育者。エディンバラ大学卒業。様々な教育改革を行った。スコットランド・グレトナ・グリーンスクール校長を務めた。

A・S・ニール(ニイル)の名言 一覧

最も良い教師とは子供とともに笑う教師である。
最も良くない教師とは子供を笑う教師である。


子どもを学校に合わすのではなく、学校を子どもに合わせる。


A・S・ニール(ニイル)の経歴・略歴

アレクサンダー・サザーランド・ニイル(A・S・ニール)。イギリスの教育者。エディンバラ大学卒業。様々な教育改革を行った。スコットランド・グレトナ・グリーンスクール校長を務めた。

他の記事も読んでみる

山田満(経営者)

「自分の力で何とかしたい」という実感こそ、良い仕事が出来る重要な要因。


若山陽一

M&Aで重要なのはインテグレーション(一体化)です。効果を発揮するには、働く人の気持ち、感情を大切にしなければなりません。つまるところ、買収先の社員、取引先が、M&Aを受け入れてくれるか、我々と一緒になることで喜んでもらえるか。


池谷直士

NPOを立ち上げて6年、苦労したのは採用です。私にはビジョンがあります。福祉と医療、心と体の両面からのアプローチで全ての人が笑顔になる事業をしたい。「障害者が頑張ってるなら、まあ手伝ってあげようか」という軽い気持ちの人とはギャップがありました。結果、スタッフは総入れ替え。ブログに私の思いの丈を書いて、採用のハードルを高くして、「それでも勤めたい」という人が来てくれるようになると、事業はぐんぐん成長していきました。


高嶋美沙子(Misako Rocks!)

子供は、先生や母親から指導を受けるのは嫌ですよね。でも、自分と同じ苦しみを味わった人の話は絶対に聞くんです。だから年齢が離れていても、私とファンの子たちは先生と生徒のような縦の関係にはならないんです。


青野慶久

メールを書くときはほとんど用件のみです。余計な挨拶を書き連ねることはしません。それから、メールを送る際に署名を添付するかたちにしている人が多いと思いますが、私はあえて署名をつけていません。私の場合、メールを何往復もやり取りすることが多いので、それにいちいち署名がついてくると、とても読みにくくなってしまうからです。これだけで数秒は短縮できているはずです。たった数秒でも、1日100件程度はメールのやり取りをするので、1件で5秒短縮できれば、1日で10分、1年で2.5日分の時間を短縮できる計算になります。


戸塚隆将

新人時代に叩き込まれたのは「顧客の立場で、どうすればいいかを考える」ということでした。


川端克宜

ガーデニング事業の立て直しを担当したときのこと。まず、私は業績不振の理由がどこにあるのかを探るため、現場の声に耳を傾けると、人口減少の時代だから売れないとか、当社は後発組だから伸びないとかいう声が多かったのです。しかし、冷静に考えれば、人口が減ったとしても、団塊の世代をはじめとしてこれから定年退職を迎える方はどんどん増えていきますし、皆さん元気な方が多いので、ガーデニングのニーズは確実にあるはずです。であれば、事業が伸びないはずはありません。それでも事業が伸びていないということは、商品そのものに問題があるか、商品の使い勝手に問題があるか、もしくは販売方法に問題があるか、しかないわけです。


立花貴

自分が生まれた時代よりも後世の社会がよくなったと実感したい。身近な人に感謝しながら、チャレンジを続け、最後に「人生悔いなし」と言い切って生きた時間を終えたい。これが私の野心です。


鍵本忠尚

気持ちとしては殴り合いの喧嘩です。日本人の発明は優れているが、ビジネスは弱いとよくいわれます。たしかにお人好しじゃ、この世界で生きていけない。勝たないと意味がないと思って踏ん張りました。
【覚え書き|ドイツの製薬企業との特許裁判を振り返って】


孫正義

我々、1社で世界中の100万社を買収するというのは、それは無理。それよりも、100万社が活用しやすいプラットフォームを提供して、そのプラットフォームに乗るためのストレス、摩擦の部分を限りなくゼロにする。


越智直正

靴下に関わるようになったのは、中学を卒業した15歳の時。大阪の靴下問屋で丁稚奉公を始めました。独立するまでの13年間、大将からどやされまくりました。それでも、中卒のバカはバカなりに、靴下作りを極めてきたというプライドがあります。ほかに何も知らないから、逃げずに続けられたのでしょう。


月岡隆

労働組合がなくていいですねと周囲からは言われますが、組合がないということは、組合がある会社以上に社員を大切にしないとやっていけない。経営陣も社員も大変ですが、そういう中で信頼関係が生まれてくるんです。


山田満(経営者)

現場の実態を知らずして、ものづくりはできない。現場第一主義は必須条件。


八木進午

総支配人としての私のやるべき使命は、歴史を重ねたホテルであっても「常に新しい何かをやっている」と思っていただけるような仕掛けづくりをやり続けていくこと。


細井一雄(経営者)

当社がナンバーワンになれる分野は何かを分析してみたのです。業務コンサルタントの分野で、大手コンサルティングファームに勝てるのかと。しかし、JDEの領域であればナンバーワンになれる。ならば、「ジェクシードはJDEが得意だ」というレベルではなく、圧倒的に「JDEといえばジェクシードだ」と言われるくらいになろうと考えています。これが、最も大きな戦略だと言えます。