名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

龍華明裕の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

龍華明裕のプロフィール

龍華明裕、りゅうか・あきひろ。日本の弁理士。東京出身。東北大学工学部卒業、東京大学工学部大学院修了。キヤノンに入社。キヤノンで開発や特許申請の仕事に携わる。その後、日米の弁理士資格を取得。日米の特許事務所勤務を経てRYUKA国際特許事務所を設立。

龍華明裕の名言 一覧

事業は最初に誰かの想いが必ずあります。「こういうことができるんじゃないか」という気持ちが人に伝わる間にだんだんと膨み具現化していき、実現するのです。


会社を経営しようと思ったとき、また会社の中で生きようと思ったとき、自分が価値を感じるものに対してどれだけエネルギッシュに、一生懸命になれるかということが非常に重要だと考えます。


ビジネスをする上では、なりたい自分になれることが大切です。会社が大きくなるにつれて、あるいは新しいお客様が増える中で、自分を変えていく必要性が生じます。そのとき自分の振る舞いを柔軟に変えられるキャパシティを持っていたほうがいい。


私は大学時代に学習塾を経営した経験から、きちんとしたプロセスを踏めば成功するだろうという自信を持っていました。この塾を興したときのモチベーションや経験は現在に至るまで自分の教訓となっています。


キヤノンは知的財産について意識が非常に高い企業でした。そこではどのような特許がとれるのか、またその技術が特許できちんと守れなければ、事業としての可能性があってもやめる、ただ作れても売り出さないという徹底した姿勢がありました。その姿勢を見まして、「なるほど。特許というのはこれほど大切なものなのか」と価値の大きさを非常に実感しました。


現在の私は、発明ひとつひとつを守ることに価値を見出しています。価値の高い特許を取れればその範囲の事業を一定期間守ることができますし、その特許によって産業にも社会にも影響を及ぼします。このように社会に貢献する発明の創出をサポートし守るという観点から事業を展開したいと思っています。


龍華明裕の経歴・略歴

龍華明裕、りゅうか・あきひろ。日本の弁理士。東京出身。東北大学工学部卒業、東京大学工学部大学院修了。キヤノンに入社。キヤノンで開発や特許申請の仕事に携わる。その後、日米の弁理士資格を取得。日米の特許事務所勤務を経てRYUKA国際特許事務所を設立。

他の記事も読んでみる

森川亮

100通りくらいニーズを考えて、全部試せば、いつかは当たりが出る。


井上聡(経営者)

最初はエゴ丸出しで、いずれトップに、世界一に上り詰めてやろうと思っていました。僕はデザインの世界で、弟の清史はヘアデザイナーの世界で。幸いにして比較的早く世の中に認めてもらうことができ、有名ブランドとの仕事が次々実現していきました。ただ、あるとき、ふと気づいたのです。名声が高まれば高まるほど、交渉や契約書のやり取りにかかる時間ばかりが増え、やりたい仕事に取り組む時間がどんどん失われていっている、と。お互い、同じタイミングで、これまで上を目指してきたことに対して疑問を持つようになった。必死に努力して、求めていた地位を手に入れたけど、全然幸せになれない。このままさらに上を目指していったところで、いつまでたっても幸せにはなれないんじゃないか。ならば、本当にやりたい仕事を一緒にやろうじゃないか。これが独立のきっかけです。


ジェイ・エイブラハム

全体は、ひとつひとつの小さな過程の積み重ねで成り立っている。ほんの小さな要因が、ビジネス全体をダメにしてしまう。


ニーチェ

偉大さとは、方向を与えることだ。どんな河も自分自身によって大きく豊かなのではなく、多くの支流を受け入れて進むことによってそうなるのである。あらゆる偉大なる精神についても同じことがいえる。肝心なのは、のちに多くの支流が辿ることになる方向を示すことである。


辻本憲三

日本だけの発想で物事を考えるのは間違いです。たとえば、日本だけにいたらスマホブームでスマホ用のアプリだけを開発していればいいけど、スマホ用のアプリって日本と韓国しか売れないんです。米国人は車を運転するから、ゲームは家に帰ってからやる。電車に乗ってスマホの小さい画面を見ながらゲームをしているのは主に日本と韓国くらいです。だから、米国でスマホ用のアプリを開発したところでヒットしない。これは欧州も同じ。


楠木新

会社員で物書きをしている私を、周囲は「変わった奴」と見ていたのですが、中学時代の同級生は「お前は人から話を聞いて、それを誰かに伝えることが好きだった」と言うのです。そう考えると、小さい頃に得意だったことを今もやっているだけのことかもしれません。彼に言われるまで気がつきませんでした。


三国大吾

失敗の理由はいくらでも挙げられるが、成功したときの理由を明確化することは難しい。そこで現在、大学院でシステムデザインマネジメントを学び、自分なりの成功パターンを論理立てて、可視化することを目指しています。


大原孝治

働く人が仕事に誇りを持って、やりがいを持って働ける職場をつくる。それが雇用の確保にもつながる。


磯崎功典

お客様とのあらゆる接点で当社独自の価値をお伝えすることが、さらなる支持拡大につながる。


佐藤優

僕らの人生上の問題や悩みのほとんどは、突き詰めれば、じつはお金で解決できる案件だとわかる。逆に、お金で解決できない問題のほうが少ないと言ってもいい。結婚の悩み、夫婦の問題、会社の悩み、仕事の問題……、いろんな理屈をつけて悩んでいますが、客観的に考えてみたら、じつはお金が解決することが本当に多い。この現実を、まずしっかりと認識することが重要。その上であなたは、「人生はお金がすべて」と考えるか、「お金は大切なものだが、人生はそれだけではない」と考えるか。


天坊昭彦

大局観を養っても、為替や株価、原油価格などのピンポイントでの動きを予測することはできません。しかし中長期的に戦略を考える際には不可欠です。経営に携わる方は、大局観を持って政治や経済の動きを見ることが大切だと思います。


伊達政宗

時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ。