齋藤直美の名言

齋藤直美のプロフィール

齋藤直美、さいとう・なおみ。日本の組織活性化コンサルタント。著書に『ほめる・しかるで部下を劇的に伸ばす!20代男子戦力化マニュアル』『あたりまえだけどなかなかできない叱り方のルール』『叱り方ハンドブック』。

齋藤直美の名言 一覧

褒める時は「前より良くなったよ」などと過去と比較して褒め、叱る時は、将来と比べて「次はもっと良くなるよ」と伝えるのがコツ。


怒りそうになったらスキップするといい。心と体はつながっていますから、楽しい動きをすることで不安も怒りも小さくなる。


相手に改善すべき行動を考えさせたい場合でも、方向性やヒントを示すことが必要。


必要なのは、的確で具体的なアドバイスです。それがなければ、「頑張れ」という前向きな表現も曖昧な指示にしかなりません。


感情を意識だけでコントロールするのは困難。そこで、物理的に変えられるところからコントロールします。部下に「ムッ」ときたら席を立ち、時間をおく。すると落ち着きますから、その後でゆっくり叱ればいい。


何度叱っても効果が薄い場合は、叱るべき的が外れていないかどうか振り返ってみてください。また、対面では内容より態度や表情といった視覚・聴覚情報の影響度が93%を占めます。優しく話すより、真剣な態度、少し低い声で話すほうが響きます。


叱る時に最も注意したいのは、話し終えた時に相手が不快に思っていないかどうかです。叱る目的は、何かを改善してもらうため。話し終えた時、相手が納得していなければ、行動の改善は期待できません。ですから必ず、最後は相手に前向きな気持ちになってもらえるように叱ることが大切。


叱り方の基本4ステップ

  1. 主観ではなく事実で話す。部下自身に、まず主観的なミスの事実を認識してもらう。
  2. 怒りではない感情(残念・心配など)を伝える。
  3. 改善してほしい行動を伝える。意識の改善ではなく行動の改善を促す。
  4. メリットを伝える。

齋藤直美の経歴・略歴

齋藤直美、さいとう・なおみ。日本の組織活性化コンサルタント。著書に『ほめる・しかるで部下を劇的に伸ばす!20代男子戦力化マニュアル』『あたりまえだけどなかなかできない叱り方のルール』『叱り方ハンドブック』。

他の記事も読んでみる

山田真哉

普段から周りにある数字を意識し、その裏側の意味を読み解く訓練をしておくことが、会計センスを磨くことにつながります。「会社の数字に強くなりたい」と思うなら、まずは、数字に基づいた思考法を鍛えることから始めましょう。


中村真一郎(経営者)

高価なシステムを導入すれば経費は上がってしまう。開発会社であればシステムそのものを売り込まなければならない。しかし当社の場合、ASPを無料で提供したとしても、物流で利益を上げる事ができる。


岸上克彦

メーカーとして、商品の供給を途絶えさせることは許されない。


高橋健志

以前の日本ではミネラルウォーターを買うなどという概念はありませんでしたが、今では当たり前。それと同じことです。社会のニーズはあるのだから、企業努力によって新しい概念を根付かせていけばいい。


徳重徹

世の中に確かなものなどありません。本当にできるかどうかは、誰にも分からない。でも、絶対に必要だから、やるのです。


FROGMAN(CGクリエイター)

いまの40~50代は感性が若い。そうした層に情報が届く工夫をすれば、若者向きのものでも受け入れてもらえる。


北尾吉孝

証券、銀行、保険の3大コア事業の企業生態系を構築するほか、コアとなる事業をサポートする機能を担う事業も展開していきました。たとえば、顧客目線で考えれば、山ほどある投資信託などのどれを選んだらいいかが分からなくなってしまいます。それ故、選択のためのガイダンスが必要になるだろうと考えました。そこで投資信託の格付けを中心に、アナリストらによる世界規模の金融・経済情報を提供するアメリカのモーニングスター社とジョイントベンチャーを組むことにしたのです。こうしてインターネットをフルに活用して差別化を図り、勝つための仕組みをつくってきました。


森川陽太郎

心がラクになる3か条

  1. 120%の努力で頑張らない。努力を重視すると余計な不安を生む。少しの努力でも結果は出せると意識改革を。
  2. ポジティブ思考は不要。ネガティブを意識し、放っておく方が、心が安定する。
  3. 反省しない。大きな失敗は反省しなくても心に残る。それ以上の反省は不要。途中で反省するのは集中を乱すだけ。

鳥居勝幸

営業で相手へのヒアリングという段階を軽んじて、自社の説明と提案だけに力を入れる営業マンもまま見受けられますが、顧客に一方的な印象を与えるのでやめた方がいいでしょう。また、実際の提案を待つまでもなく、ヒアリングの段階で、すでに相手はこちらの力量を判断しているものです。


箭内道彦

僕はどんな人間と何回会っていたとしても、毎回緊張してしまうんです。でも、その空気を交換し合うのがコミュニケーションの面白さでもあると気づいたんです。緊張というのは、目の前の相手とその場をとても大切に考えるからこそしてしまうものなわけですし、なにより、その誠実さが目に見える、「誠実指数」が伝わりやすいんです。


澤村伊智

怖いシーンだけで引っ張れたら一番いいんですけど、長編ではなかなか難しい。長いホラーを書くうえで、有効なのはやはりミステリー的な仕掛けなんですよね。読者の予想を裏切るような展開を用意して、あっと言わせるのを楽しむ。そんなサディスティックな気持ちも、多少あったりします。


市村修平

自分だけが得をしようと思っても無理。いまは協調しながら自らも栄える時代。


青谷洋治

バブルが崩壊した時、日本中を回って100年、200年も続いている店を見て回りました。そういう店には根っ子があるんです。人間も同じで、人を幸せにするには金銭とかではなく根っ子を育ててあげることだと思ったんです。


佐治信忠

どの業界でも、現実には2位以上でないとまともな利益は出ず、事業の永続性が確保できません。少なくとも主力商品は、2位以内に入れるよう努力していきます。何回やっても駄目だった日本茶飲料も、伊右衛門のヒットでやっと2位に入りました。簡単に諦めず、試行錯誤しながら何度も挑戦することが大切です。


樋口建介

我々は大学で利益を出そうとは思っていません。福祉・医療の観点で大学経営に入りましたから、患者や利用者の立場で運営ができるんです。だからこそ、学生目線の大学運営ができるんです。


ページの先頭へ