名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

齋藤嘉則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

齋藤嘉則のプロフィール

齋藤嘉則、さいとう・よしのり。日本の経営戦略コンサルタント。東京大学工学部卒業後、大手建設会社勤務を経て、英国ロンドン大学LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)で経済学修士を取得。米国の大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタント、米国大手家庭用品メーカー日本法人ゼネラル・ディレクターなどを経て独立し、ビジネスコラボレーション代表となる。主な著書に『問題発見プロフェッショナル 構想力と分析力』『問題解決プロフェッショナル 思考と技術』『戦略パワー・プロフェッショナル』など。

齋藤嘉則の名言 一覧

効果的な問題解決を行うには、現場での情報収集や仮説を検証するための調査や分析が必要です。


問題解決に取り組むうえで最も重要なのは「知恵と度胸」です。解決策を考え、失敗するリスクをとって将来に対する決断をいま下す度胸がなければ、決して明るい未来は開けません。ただし、せっかく度胸があっても解決策の精度が低ければ、ただの無謀になってしまいます。そこで解決策の精度を高める知恵が必要になります。


昨今の環境変化の中では、従来の社会システムや事業運営のフレームワークが通用しなくなっているのに、思考はフリーズし、決断を下す覚悟が定まらず、本質的な問題解決に取り組めていないケースが目につきます。こうした企業は発生した問題への事後的な対処しかできず、未来を切り開くことは難しい。


実際に取り組んでみて成功する確率が高い解決策を、筋のいい結論といいます。結論の筋を良くするには、アクションに結びつく結論を出すという強い意志と、問題を構造的に考え続ける努力が必要です。


「この問題には原因が100あります」といっても、企業の経営資源であるヒト・モノ・カネには限りがあります。すべてに対策を打つことは現実的ではないし、仮にできたとしても中途半端に終わってしまいます。問題の原因追求や解決策の具体化を行ったあとは、どれに焦点を当てて取り組むべきか、絞り込まなければいけません。「優先して取り組むべき課題はこれだ!」と決める、課題決定力が必要です。


木の幹から枝が分かれていくように、問題の原因や解決策をツリー上に分解して整理するロジックツリーは、様々なビジネスシーンで見かけます。しかしよく見ると、ただツリー上に思いつきを羅列しているだけで問題の原因追及が甘かったり、想定される解決策が漏れていたりするいい加減なものが少なくありません。ロジックツリーを形だけ真似て、考えたという状況証拠を積み上げても、結局チープな解決策しか生み出しません。


齋藤嘉則の経歴・略歴

齋藤嘉則、さいとう・よしのり。日本の経営戦略コンサルタント。東京大学工学部卒業後、大手建設会社勤務を経て、英国ロンドン大学LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)で経済学修士を取得。米国の大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタント、米国大手家庭用品メーカー日本法人ゼネラル・ディレクターなどを経て独立し、ビジネスコラボレーション代表となる。主な著書に『問題発見プロフェッショナル 構想力と分析力』『問題解決プロフェッショナル 思考と技術』『戦略パワー・プロフェッショナル』など。

他の記事も読んでみる

宮城治男

「これからは未来をつくる時代」ということです。「こうあるべき」という世の中の姿がない分、未来をつくる若者が自分らしい生き方を選び、主体的に行動した先に、新しい未来が生まれると思います。勤務先や職種を偏差値のようなランキングで並べてほしい人にとっては生きづらい半面、新しい世界をつくりたい人には楽しい時代になるでしょう。


渡邉洋介

自分の文章を客観的に見るには、一晩寝かせるのが有効。朝、理性的な状態で読んで、文章のテンションが高すぎると感じたり、ピンとこない案だったら、迷わずやり直しましょう。パソコン上だけでなく、プリントアウトして客観的に見るのも手ですね。


橋本真由美

私は当社の加盟店や、現場で働く店長をはじめとした社員、そしてパートやアルバイトの方など、とにかく現場を支えてくれる人たちを重視しています。ですから、少なくとも月2回程度は実際に全国各地の現場を回って、彼らの研修にあたっています。私が培ってきた店舗運営のノウハウを直接、伝えているのです。


柴田昌治(コンサルタント)

「自分は正しい」と思い込まず、安易に答えを出しそうになったときは、「そもそも、この答えでよかったのか?」と考える習慣をつけるべき。


児玉和

社長の仕事は社員のモチベーションを上げること。それだけと言ってもいいでしょう。


笠原健治

組織全体を少人数のチームに細分化するとともに、各自の裁量をできるだけ拡げて、自分の仕事を自分で動かせるようにしました。担当するサービスへの愛着が深まり、他人事ではなく自分事として、より積極的かつ自律的に取り組めるようになると考えたからです。


大倉忠司

1品300円を切る価格に設定したのは、それが市場の「ボトム価格」だったからです。しっかりとした「品質」や「価値」を提供するというのは大前提ですが、ユニクロやマクドナルドなど、それぞれの分野で大きな市場を獲得した企業は、ボトムの価格帯で競争力に磨きをかけたところが多い。


宮永俊一

三菱重工の歴史はずっと変化の歴史でした。造船から始まり、船のためのボイラー、タービン、陸上の発電機器、様々な産業機械、ディーゼルエンジンへと広げ、その時代、時代に応じて、主役となる商品も変えてきました時代のニーズに合わせて生きてきた歴史を持つのだから、これからも変化できるはずです。常にずっと「メタモルフォーゼ」というか、変身できる企業であるべきじゃないかと思います。


ウィリアム・A・コーエン

儲けが出ているのだからそれでいいと思いがちですが、実際には間違っている場合もあるのです。戦略的決定が間違っていても売れていることによって、その優秀な販売担当者が会社全体を誤った方向に導きかねません。


ジム・ロジャーズ

投資家として成功したいなら、投資の神様といわれている人々の話を聞くよりも、歴史や哲学を学んだほうがいい。そのために欠かせないのが読書です。歴史書や哲学書から歴史的教訓に学び、ものごとに対する洞察力を磨く。そうすれば大局をつかむことができるし、将来の変化も予測できる。歴史は繰り返すのです。


加藤智治

私が20代のころに勤めていた外資系コンサルティング会社では、ロジカル・シンキングを叩きこまれましたが、当時からロジックだけで人は動かないと薄々気づいていました。そして事業会社の経営に携わるようになって、そのことをハッキリ認識したのです。それは経営の現場で、エモーショナルなコミュニケーションに長けた人たちに会う機会が増えたからだと思います。


小泉文明

失敗が怖いからがむしゃらに働きましたが、実際に失敗して本当の怖さを痛感しました。「こんな失敗は二度としたくない」。その思いが「仕事は常に全力で取り組む」という今の姿勢を根底で支えているし、「自分は気が緩んでいないか?」との戒めにもなっています。