名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

齋藤嘉則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

齋藤嘉則のプロフィール

齋藤嘉則、さいとう・よしのり。日本の経営戦略コンサルタント。東京大学工学部卒業後、大手建設会社勤務を経て、英国ロンドン大学LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)で経済学修士を取得。米国の大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタント、米国大手家庭用品メーカー日本法人ゼネラル・ディレクターなどを経て独立し、ビジネスコラボレーション代表となる。主な著書に『問題発見プロフェッショナル 構想力と分析力』『問題解決プロフェッショナル 思考と技術』『戦略パワー・プロフェッショナル』など。

齋藤嘉則の名言 一覧

効果的な問題解決を行うには、現場での情報収集や仮説を検証するための調査や分析が必要です。


問題解決に取り組むうえで最も重要なのは「知恵と度胸」です。解決策を考え、失敗するリスクをとって将来に対する決断をいま下す度胸がなければ、決して明るい未来は開けません。ただし、せっかく度胸があっても解決策の精度が低ければ、ただの無謀になってしまいます。そこで解決策の精度を高める知恵が必要になります。


昨今の環境変化の中では、従来の社会システムや事業運営のフレームワークが通用しなくなっているのに、思考はフリーズし、決断を下す覚悟が定まらず、本質的な問題解決に取り組めていないケースが目につきます。こうした企業は発生した問題への事後的な対処しかできず、未来を切り開くことは難しい。


実際に取り組んでみて成功する確率が高い解決策を、筋のいい結論といいます。結論の筋を良くするには、アクションに結びつく結論を出すという強い意志と、問題を構造的に考え続ける努力が必要です。


「この問題には原因が100あります」といっても、企業の経営資源であるヒト・モノ・カネには限りがあります。すべてに対策を打つことは現実的ではないし、仮にできたとしても中途半端に終わってしまいます。問題の原因追求や解決策の具体化を行ったあとは、どれに焦点を当てて取り組むべきか、絞り込まなければいけません。「優先して取り組むべき課題はこれだ!」と決める、課題決定力が必要です。


木の幹から枝が分かれていくように、問題の原因や解決策をツリー上に分解して整理するロジックツリーは、様々なビジネスシーンで見かけます。しかしよく見ると、ただツリー上に思いつきを羅列しているだけで問題の原因追及が甘かったり、想定される解決策が漏れていたりするいい加減なものが少なくありません。ロジックツリーを形だけ真似て、考えたという状況証拠を積み上げても、結局チープな解決策しか生み出しません。


齋藤嘉則の経歴・略歴

齋藤嘉則、さいとう・よしのり。日本の経営戦略コンサルタント。東京大学工学部卒業後、大手建設会社勤務を経て、英国ロンドン大学LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)で経済学修士を取得。米国の大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーで経営コンサルタント、米国大手家庭用品メーカー日本法人ゼネラル・ディレクターなどを経て独立し、ビジネスコラボレーション代表となる。主な著書に『問題発見プロフェッショナル 構想力と分析力』『問題解決プロフェッショナル 思考と技術』『戦略パワー・プロフェッショナル』など。

他の記事も読んでみる

谷田千里

紙の書類を減らすことが必須でした。そこで、社員に1人1台ずつ、タブレットの「Surface」を支給しました。今は5万円程度で買えるタブレットもありますが、あえて1台あたり15万円のものを選びました。以前の弊社はIT投資が少なかったという反省もあり、お金をかけることにためらいはありませんでしたね。それに大きな投資をすれば、社員たちに「タブレットをちゃんと活用してくれないと、お金をかけた意味がないじゃないか」と文句を言えますから(笑)。


大田友昭

その時代に適した行動をとるためには、客観的に自分を見る目が必要。


後藤卓也(花王)

上ばかり見ても、何もつかむことはできません。自分を成長させる種は、足もとにたくさん転がっているはずですよ。


平井伯昌

よくあるのが、ネガティブに考える人が「前向きに考えよう!」「強くならなきゃ!」と思い込もうとすること。一時的に頑張れても長続きせず、そう思うこと自体に疲弊したり、他人と比較して自分のふがいなさに落胆したりする人もいます。しかし、無理に強くなろうと思い込まなくても、自然な対応力を身につければ、誰でもプラスに捉えられると思うのです。


田所史之

海外で店舗を増やそうと思ったら、現地で責任者となる方を雇用しなければなりません。日本から派遣した責任者では、現地の方を取りまとめるのは非常に難しいですからね。TOYOTAや京セラが海外で成功したにも、いち早く現地の責任者を置いたからです。


三森裕

大学を卒業して就職したのは、輸入車の販売会社でした。でも最初は、同期入社8人のうち、私がビリの成績。だから、なんとか成果を出そうと飛び込み営業もずいぶんやりました。それで最終的には全国トップの成績を収めました。


岡島悦子

体当たりの経験を積んで大化けする人がいる一方、「伸びない人」は「自分が何に向いているかわからない」と、いつまでも足踏みしてしまう「キャリア迷子」に陥りがちです。経験の場を失うことになりもったいない。つべこべいわずに目の前の仕事に真剣に取り組むべきだと思います。


中村伸人

当教室では社員は「コーチ」でなく「先生」、子供たちを「生徒」と呼びます。体操だけではなく、挨拶やお礼など礼儀からルールを守る大切さ、集団行動のマナーも教え、ルールやマナーを守らない時には注意や指導も必要です。そのためにも「コーチ」ではなく「先生」になるのです。スポーツ部門ではなく教育部門での人気ランキング入りでも分かるように、従来の体操、スポーツ教室とは違う新しいカテゴリー「スポーツ教育」の企業として認められてきました。


佐藤優

僕らの人生上の問題や悩みのほとんどは、突き詰めれば、じつはお金で解決できる案件だとわかる。逆に、お金で解決できない問題のほうが少ないと言ってもいい。結婚の悩み、夫婦の問題、会社の悩み、仕事の問題……、いろんな理屈をつけて悩んでいますが、客観的に考えてみたら、じつはお金が解決することが本当に多い。この現実を、まずしっかりと認識することが重要。その上であなたは、「人生はお金がすべて」と考えるか、「お金は大切なものだが、人生はそれだけではない」と考えるか。


庄司哲也

こちらの考えを理解してもらえば、力になってくれる。


平林亮子

富裕層の方々は、関連法規を調べたり、市場調査をするなど最低限の準備はするものの、基本的には「まず行動してみる」人が多い。「やってみなければわからないことが多いから」です。


辻慎吾

良い部分を伸ばしつつ、弱点を克服していけば、東京の総合力は上がっていき、いずれ世界の都市間競争に勝つことができるでしょう。総合力こそが、都市の「磁力」です。世界中からヒト・モノ・カネを惹き付ける、そういう磁力を持った都市にするためには何をすればよいかを政官民一体になって考えるべきです。