名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

齋藤匡司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

齋藤匡司のプロフィール

齋藤匡司、さいとう・ただし。日本の経営者。サプリメントメーカー「日本シャクリー」社長。京都大学大学院高分子化学科修了、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。エクソンモービル勤務、日本ロレアル副事業本部長などを経て日本シャクリー社長に就任。

齋藤匡司の名言 一覧

困難は、未来の感謝と思いやりや自信の源です。困難には前向きに立ち向かうことに意義があります。


自分のことばかり考えていても幸せにはなれないし、人間に生まれた甲斐が無い。


日常の当たり前の数だけ幸せが隠れています。心臓は動かしてもらっている。すなわち、生かされていることへの感謝が基本です。


今期は温故維新の精神で、守るべきところと変えるべきところを見極めて、ブランド価値をさらに高めていきたい。


どれだけビジネスで成功しても人間的に成長できなければあまり意味はないでしょう。走り続けるばかりでなく、一日一回立ち止まって自分の心を見つめる余裕を持ってほしい。自分の現在地を確認したら、将来のビジョンを明確に描き、目標達成に向けてひたすら努力を続けてほしい。


突然現れた日本人に対し、当初は反発の声もありましたが、根気強くスタッフ達と向き合い続けました。また、優秀な部下をワールドワイドのトップと面接させて彼の夢である海外勤務を実現させるために、私のビジネスクラスチケットをエコノミークラス二枚に変えてパリ出張に同行させるなど、部下が将来を切り拓くきっかけづくりも積極的にしました。こうして3年間の任期を終えてシンガポールを離れる時には、スタッフ全員が早朝の空港まで内緒で見送りに来てくれ「World Best Boss賞」と刻まれた金メダルを贈ってくれました。私の人生で忘れられないサプライズでした。
【覚書き|「ロレアル」のシンガポール法人でゼネラルマネージャーをしていた当時を振り返っての発言】


ハーバード大学経営大学院の最初の1年は食らいつくだけで精一杯でした。成績が下から10%に入ってしまうと容赦なく放校処分。入学当初は本当に大変で、初めて挫折を経験しました。まだ幼かった娘と遊んでやりたかったのですが、寝る間も惜しんで明け方まで必死に勉強する日々。束の間の休息は、毎週金曜日に家族と食事する時間だけでした。この経験が今の自信につながっています。どんなに困難な局面を迎えても、動じない胆力が身に付きました。


MBAを取得した世界水準の社員に対し、自分がいかに井の中の蛙だったか痛感しました。そして、MBA取得に必須の英語力を磨くため、20代の頃は一分一秒を無駄にせず、難聴気味になるほどリスニング教材を聴き込みました。
【覚書き|エクソンモービルで働き始めた当時について語った言葉】


私が大学院生だった80年代当時はバイオテクノロジーの全盛期。私は人工細胞工学研究に従事し、本気でノーベル賞を目指していました。でも、次第に自分は研究職には不向きだと思うようになりました。研究室にこもるより、外で活動する方が私には合っていたのだと思います。


齋藤匡司の経歴・略歴

齋藤匡司、さいとう・ただし。日本の経営者。サプリメントメーカー「日本シャクリー」社長。京都大学大学院高分子化学科修了、ハーバード大学経営大学院でMBAを取得。エクソンモービル勤務、日本ロレアル副事業本部長などを経て日本シャクリー社長に就任。

他の記事も読んでみる

鎌田薫

知識の集積ではなく、教養を学ぶことによって人間の生き方や物事の見方、考え方を身につけていく。それが本当のリベラルアーツ。


梅原勝彦

私は、自分の子どもたちには会社の仕事をさせませんでした。それは子どもの出来が悪いからではなく、私が子煩悩で、社員と同じように厳しく接することができないと思ったからです。ただし、できるなら世襲のほうがいい。他人を経営者に育てるには、余計な手間がかかるからです。それが二代目、三代目なら、錦の御旗があるので社員もついていきやすい。だから、同じかちょっと劣る程度の能力があるなら、世襲のほうがいいと思います。たとえば会社が経営難に陥ると、他人なら放り出してしまうこともありますが、子どもならがんばれる。ただ、この場合も、いつでも他人に継げるいい会社にしておくという条件つきです。


横川竟

自宅やコンビニ、スーパーよりも美味しく、なおかつリーズナブルというのを目指しています。つまり手軽で美味しいものを提供したいんです。これは昔の「すかいらーく」の商品の基本でもあり、「家庭の味を超える料理」という言い方をしていました。コーヒーもフードも家庭料理の上を目指していて、そうでないと売るなと言っています。


松沢哲郎

たとえ明日死ぬとわかっても、いつもと同じ1日を淡々と過ごしたい。


田中孝雄

米国ではEPC(設計・資材調達・建設工事)のうち、C(建設)は当面やらないと決めました。米国では一定レベルを持つ現場監督の確保が難しくなっており、日本企業ではコントロールができないからです。


太田肇

表彰制度を導入するときに気をつけなければいけないのは、受賞者を選ぶ方法である。ここでは単純な営業成績トップといった賞ではなく、それぞれの会社が独自に設ける賞のこととお考えいただきたい。仮に受賞者を、社長や幹部が密室の中で決めたとしよう。そういう方法で選んでしまうと、必ずといっていいほど不信や不満を抱く人間が出てくるものだ。「あいつは社長のお気に入りだから表彰された」とか「あいつがもらえるのに、自分がもらえないのはおかしい」などと社員から思われた瞬間に、賞そのものの値打ちが損なわれてしまいかねない。こうした事態を避ける方法として、「ポイント制」を用いるのもいいだろう。売上をこれだけ上げたら何ポイント、お客様から感謝の声が届いたら何ポイント、どこかで何かを発表したら何ポイントといった具合に、ポイントの割り当てを決めておくのである。そうして一定以上のポイントを獲得した従業員を表彰するというルールがあれば、不満が出ることはまずないだろう。


西水美恵子

いまの金融を駄目にしているのは、お金の動きだけを見て、お金が何をつくっているのか、何を育てているかまで吟味しないことです。ファイナンスと実経済のリアル、この裏と表をしっかり見ておかないと、いい仕事はできません。


大西洋

いまはまだ注目されていなくても、大きな花を咲かせる可能性を秘めた種を探し、それを2年、3年かけて育てるほうにこそ、大きなビジネスチャンスはある。


逢沢明

これからの日本経済は二極化の社会と騒がれていますが、企業も勤労者もまさに「本物」がグンと有利です。右肩下がりの経済で仕事ができない人は、社会からどんどんはじかれていきます。本物は勝ち残って、偽物は敗退する時代。いままで以上に我々は厳しく選別されていくのです。


猪瀬直樹

官僚は、昨日やったことを今日も繰り返すのが得意ではあっても、新しく明日を作ることはできません。だから官僚機構と同じく、民僚化した一般企業もどこかで一度、大掃除をすべき。


福澤朗

よく話す内容をセリフのように一字一句覚えてくる人がいますが、それでは感情が入らない。しゃべる行為には、ふと垣間見えるその人の人間性が大事。


中須賀真一

「国の規制に足を引っ張られて、やりたいことができない」と言うベンチャー企業家が多いが、国を避けるのではなく、巻き込んでいかなければならない。