黒田知宏の名言

黒田知宏のプロフィール

黒木知宏、くろき・ともひろ。日本のプロ野球選手(投手)。甲子園出場、新王子製紙春日井を経てドラフト2位で千葉ロッテに入団。最多勝、最高勝率の年2冠を達成するなど活躍する。千葉ロッテで1億円プレーヤーになった最年少記録を樹立。

黒田知宏の名言 一覧

同じようなミスを何度も繰り返したら、財産になってないじゃないかと思われちゃいます。


黒田知宏の経歴・略歴

黒木知宏、くろき・ともひろ。日本のプロ野球選手(投手)。甲子園出場、新王子製紙春日井を経てドラフト2位で千葉ロッテに入団。最多勝、最高勝率の年2冠を達成するなど活躍する。千葉ロッテで1億円プレーヤーになった最年少記録を樹立。

他の記事も読んでみる

猪股浩行

高校卒業後、一時訪問販売の仕事をしていたんです。そこでトップセールスをする先輩が商品を売ろうとせずに、とにかくお客様を喜ばせることばかりしていた。結果として自分のファンを作り、誰よりも商品を売っていたんですよ。配送員は、ただ荷物を運ぶだけ。安く早ければいいだろ? という感じ。ホスピタリティのホの字もなかった。そこで自分ならもっと良いサービスでファン作りができる、と。


小川理子

芸術でも開発でも追求するにあたっては、100点を取れなくてもいい。欠点があるからこそ、個性あるものが生まれる。


前川孝雄

失敗やミスがあったときに責任を負うのが上司の仕事ですから、リスクに敏感なのはある意味当然です。上司に決断をしてほしいなら、事前にできるだけリスク要因を潰しておくことが必要。


小池利和

一部の根強い反対を押し切って、情報通信機器事業に生き残りを懸けるために、安井さん(安井義博社長)は一計を案じます。90年のことです。社内に「21世紀委員会」を設置して、ブラザーの将来あるべき姿や事業構造について社員に議論してもらったのです。ここで絶妙だったのは、委員会の中に30代、40代、50代の世代別に3つのチームを作って、それぞれのチームが議論した結果を提言してもらう形にした点でした。時代の変化に敏感な人が多い若手で構成される30代社員のチームが、現状を否定する大胆な提言をしてくれると期待してのことだったそうです。実際、3つのチームで最も大胆な提言をまとめたのが、30代のチームでした。


木川眞

我々はお客様の話を聞くことから始めます。全国約6万人のセールスドライバーが、お客様の細かなニーズを集めてきます。いまあるサービスへの不満だけではありません。困っているけれども解決策のないことを探っていくのです。仕方ないと思って諦めていること。ここに、オンリーワンづくりのヒントがあります。


堀場雅夫

日本企業を元気づけるには、60歳以上の人をみんな会社から外してしまえばいいんです。そうすれば1年以内に平均株価は倍になりますよ。あらゆる執行部門のトップは体力、知力、経験の面で40代が一番いいですね。社長は還暦が限界ですよ。私自身は53歳で社長を譲りました。


山本忠人

自ら実践しないと、何が求められているのかを理解できない。サービスやソリューションを売るためには、言行一致で自分たちがエクセレントカンパニーになることが求められる。


堀場厚

人財育成は手間暇がかかりますが、これを惜しんではいけない。


枡野俊明

人間、生まれたときは誰しも裸です。衣類もお金も地位もありません。天災などで家や衣類、働き場所、少しずつ手に入れてきたすべてを失うのは、非常に悲しいこと。しかし、その負の感情を「命をいただいた」とプラスに転じるような思考に変えてはじめて、前に踏み出すことができる。「もう一度生まれた状態に戻った。自分には無限の可能性がある。だから一歩を踏み出そう」と考えられるようになればいい。


アルバート・アインシュタイン

第三次世界大戦はどう戦われるでしょうか。わたしにはわかりません。しかし、第四次大戦ならわかります。石と棒を使って戦われることでしょう。


金井英之

初対面の人と会うのは、人脈を広げるチャンスだと思って、自分から積極的に話しかけるようにすれば、初対面に対する苦手意識が薄くなり、楽しく話せるようになるでしょう。


羽生善治

先のことを考えるのは、楽しいといえば楽しいものです。でも、だいたいは、考えてもそのとおりにならない。いろんな人がいろんなことを予想していますが、まずそのとおりにはなりませんよね。あまり予想なんかしても仕方がないとさえ思います。


岸見一郎

ご近所のルールの中には、ゴミの出し方ひとつとっても、過剰なほど厳格に定められていることもある。しかもボス的な存在感を醸し出しているオバサマ(オジサマ)が、ゴミの出し方を見張っていたりするから恐ろしい。ボスキャラをないがしろにすると、いわれのない風評を立てられたり、妬みを買ったりして面倒なことになります。そんな人には、「おかげで、ゴミが散らからないで済んで助かっています」などといってみる。重箱の隅をつつくようなルールに拘泥して威張っている人は、屈折した承認欲求の強い人が多い。感謝の意を伝えておきましょう。


守屋洋

私ども日本人は戦略戦術という言葉が好きなのだという。しかし、言葉が好きな割に、いざ使う段になると、世界の民族の中で一番ヘタクソだとも言われる。たぶん、日本人は真面目なタイプが多いので、逆にそれが禍して、上手く使いこなせないのではないかと思う。いずれにしても、これでは世界の海千山千の相手に苦戦を免れない。


辻嘉一

料理が本当にわかる人は昔の方が多かった。お金持ちが趣味的な生活してはりましたなぁ。いまは億だの兆だのという言葉が日常で出て、こまやかな話がお留守になりますやろ。みなさんお忙しい。朝からお茶やって楽しもうなんてお時間ございません。そんなんやってたら一線からのけられてしまいます。


ページの先頭へ