黒田暲之助の名言

黒田暲之助のプロフィール

黒田暲之助、くろだ・しょうのすけ。「黒田国光堂(のちのコクヨ)」社長・会長。

黒田暲之助の名言 一覧

得意先が現金を積み上げて店の前に行列を作った。しかし、父は昔からの取引先を最優先し、原価すれすれの値段で快く商品を渡していた。父は「戦後の混乱などアブクのようなものだ。そんなもんに目がくらんでは駄目だ」と周囲の声に耳を貸そうとしなかった。


今日の姿になったのは、企業と社員が共通の目的を持ち続けたからだと思う。現代風に言えば企業理念の共有。私なりの言葉を使うと「共感と共鳴の経営」ということになろうか。【覚書き:それほど先進的商品を取り扱かわず、また大きな宣伝も打っていないのに、文具メーカーとして日本屈指の企業になった秘訣を聞かれての答え】


黒田暲之助の経歴・略歴

黒田暲之助、くろだ・しょうのすけ。「黒田国光堂(のちのコクヨ)」社長・会長。

他の記事も読んでみる

葛西紀明

もともと引退したら監督・コーチをやってみたい気持ちはありましたし、後輩たちを早く世界一に育ててあげたいとも思っていました。それに、後輩に教えながら「自分もここに気をつけよう」などと気づくこともたくさんあります。

【覚え書き|現役を続けながら土屋ホームスキー部監督を務めていることについて】


市居愛

銀行に預けたお金は見えない。どれくらい増えたか実感しにくい。対して500円玉貯金は、日々貯まっていくのを実感でき、貯金への意欲が湧いてくる。


黒鉄ヒロシ

女性について男が何かを考える時、絶対に忘れてはいけないのが「男は、自然物である女性に勝てない」、ということです、男女では見えている世界が違いますから。弱々しいのはむしろ男の方で、いくつになっても学歴コンプレックスを引きずるのが男なら、別れた女のことを忘れられないのも男。女性はどこかで、ひょいと飛び越えられるものです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

聞き上手でなければ、話し上手にはなれない。


小松易

片づけの極意は、すぐに分けて整理すること。「いらない」と分類したものは早めに捨てる。すぐに判断ができないものは一週間、一ヶ月と期限を決めて「漬け場所」に置いておき、期限が来たらまとめて捨てるといい。そのうえでデジタルツールなどを使って整頓する。調査でも稼ぐ人の大半が書類をデジタル化しており、そこそこ収入の人の約3倍にあたる26%が名刺をデジタル管理している。現物保管をする必要がないものはデジタル化を検討する余地がある。


中野幸治

私は会社に戻る前の1年間、中小企業大学校の経営者育成コースに通っていました。そこで、自社の経営分析なども行なっていたので、研究の中で会社の現状を知ることも必要でしたし、伸ばすべきところ、必要なものなどを入社前に考えることができました。


須藤利究

工夫なく名刺を配ったり、無目的に飲みに行くだけでは人脈は広がりません。まずは、どんな人脈が必要かを考えることが大切。その上で、対象となる人々にSNSなどでアプローチし、「面白い人間がいる」と認知されるという手順を踏みましょう。


村岡恵理

SNSを敢えて絶ち、腰を落ち着けて勉強したり、読書に没頭したりして、自分のペースと自身のための静かな時間を取り戻す。球根になったイメージで、時にはそんな春への備え方も愉しくはありませんか。


アルバート・アインシュタイン

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う。


黒川博昭

私の役目は、仏像を彫る仏師のようなものかもしれません。仏師は、仏の形をつくろうとするのではなく、彫りだそうとするのです。つまり本来あるはずの富士通の強さを発揮できる形を取り戻すのが、私の最大の仕事だと思っています。


岸部一徳

僕は芸能界に向いてないのかもしれませんね。お祭り騒ぎとか、華やかな場所に出向くのはちょっと気恥ずかしいというタイプでしょうか。俳優として広い意味での芸能界で生きているわけですけど、自分の中にある苦手なこととか、恥ずかしいと思うことをあえて残していこうと思っています。


藤田晋

「現場の声を拾って考える」などと、現場の大切さを理解している姿勢を見せる経営者はたくさんいますが、実際に現場に立って、現場の人と一緒に考えている人はほとんどいません。現場の人間からすれば、「現場に立たずして、何が分かるのか」と思っていることでしょう。経営者だけでなく、課長でも部長でも同じことですが、大事なのは「現場で仕事をすること」なのです。


林恵子(社会起業家)

自分が悪かったときは子供たちの前で、「ここはママが悪かったから謝る、ごめんなさい」といいます。たまに「それは間違っている」と子供から指摘されることもあるけど、でもそれで家族みんなの気持ちが整理され、安心するんです。


古森重隆

当社では従来の仕事のやり方にとらわれることなく、新しい発想で仕事を進めることを各職場、各人に求めている。


林成之

ものごとに取り組むときには、人に言われてからではなく、自分から取り組むことを心がけていると、自己報酬系神経群が活性化して、高い意欲を得られるようになります。


ページの先頭へ