黒田善太郎の名言

黒田善太郎のプロフィール

黒田善太郎、くろだ・ぜんたろう。文具メーカー大手の「コクヨ」の創業者。20歳で故郷の富山から大阪へ移住。27歳で黒田表紙店(のちのコクヨ)を創業。「故郷の誉れ」となるようにという願いを込めて商標を「国誉(コクヨ)」に変更し、さらにコクヨ株式会社に変更。オフィス製品全般を取り扱う大手メーカーへと発展させた。

黒田善太郎の名言 一覧

商売の利潤というものは、追求するものではない。利潤は、その事業が社会に貢献することによって社会から与えられる報酬である。


黒田善太郎の経歴・略歴

黒田善太郎、くろだ・ぜんたろう。文具メーカー大手の「コクヨ」の創業者。20歳で故郷の富山から大阪へ移住。27歳で黒田表紙店(のちのコクヨ)を創業。「故郷の誉れ」となるようにという願いを込めて商標を「国誉(コクヨ)」に変更し、さらにコクヨ株式会社に変更。オフィス製品全般を取り扱う大手メーカーへと発展させた。

他の記事も読んでみる

辻範明

営業と技術の両輪で受注できるようになったことが、今の状況につながっている。


猪瀬直樹

集中力を研ぎ澄ますことで、不安や迷いといった雑念をふり払い、目の前の事態に向き合いやすくなります。


橋本昌三

実績・実力に比べて背伸びをした仕事に社員が挑戦していく体質を育むことは、企業の成長に欠かせません。


都築冨士男

経営者には4つの資質が必要です。「情報収集力」「時代を見抜く先見力」、「決定力・実行力」、そして会社や組織を引っ張る「リーダーシップ」です。中でも重要なのが1つ目と2つ目。正しい情報に基づき変化が激しい時代の先行きを見抜く力があれば正しい意思決定ができ、会社経営も順調となり、リーダーシップも高まっていくからです。


西村英俊

会社の組織はピラミッドです。ピラミッドの頂上の社長の情熱が、ピラミッドの上から下に向かって伝わることによって事業は拡大しますし、順法しようという精神も同じく上から下に伝わっていきます。これくらいはいいだろうとか、法にふれなければいいさというような社長の甘さは、下に行くにしたがってどんどん緩み、大きな綻びとなって会社に重大なコンプライアンス上の事件をもたらし、会社をつぶすことになります。


沢野弘(澤野弘)

身だしなみの印象をよくする決め手は「清潔感」。職業によって適した服装やファッションはさまざまですが、この点だけは共通。


赤塚保正

味が良くても、従業員の笑顔やおもてなしの心が無いと、お客様には喜んでいただけません。


白洲次郎

吾々の時代に、この馬鹿な戦争をして元も子も無くしてしまった現在、次の時代に来る人々のためには幾許(いくばく)でもこの負担を軽くして、少しでももっと明るい世の中にして次の時代に引継ぐ義務をも感じる。


池田弘(経営者)

私が信頼するのは、頭のいい、お行儀のいいエリートではなく、あまりにも個性が強すぎて仲間外れにあったり、学校で先生から目をつけられたりしてドロップアウトせざるをえなかった、そしてそれを乗り越えて充実した人生を本気でつくり上げていこうとする人材です。そんな人こそ、石に囓り付いてでも事業を成長させる根性を持っている。


大橋未歩

今はハードワークは美徳ではなく、身体の声に耳を傾けることが大事だと思うようになりました。ですから、「疲れたな」と感じたら、「休めのサイン」と思って、無理をせずに体調を気遣うようにしています。


西成活裕

ひとつの分野で30年ぐらいもがいて何かを掴みとるのも立派ですが、私の場合にはその「新しい組みあわせ」が研究のミソでしたね。すると、流体力学の話題の中で、プラズマのある状態を、非線形数学を使って記述するというのは、世界中の物理学者たちの中でも私だけがやっていることになってくれたわけです。すでに大勢の人がいろいろなことをやってきた分野で、若い人が結果を出そうとするなら、どうしても「まるで違う分野にいって、そこで輸入してきたものをくっつける」というやり方が必要なんです。


細谷英二

なぜ経営が行き詰るのか。それはその企業がマネジメントの原則を実行できていないからです。たとえば、市場のパイを増やして利益をあげる努力。それには顧客や時代のニーズの変化にすぐ対応しないと収益の機会を失います。縦割りの官僚的な組織では機能しないため、トップが目標をきっちりと示し、組織全体の総合力で成果をあげなければいけません。これが大原則だといえます。


貫啓二

トップでいるためには、変わり続けるしかない。


中野勘治

歴史ある会社でも、時代の変化を先取りできる会社づくりが必要。


江上治

時間の価値を高めていくためには、何よりもその限られた時間を、何に、どのように使うかを考えなくてはならないだろう。時間をどう考え、どう使うかは、人生をどうとらえるかということに直結する。


ページの先頭へ