名言DB

9490 人 / 112001 名言

黒沢酉臓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

黒沢酉臓のプロフィール

黒沢酉臓、くろさわ・とりぞう。日本の経営者。雪印乳業創業者のひとり。北海道興農公社創立者。「健土建民」と「三愛精神(人を愛し、神を愛し、土を愛す)」の二つの志をもって日本酪農界の発展に寄与した人物。

黒沢酉臓の名言 一覧

健土建民とは、健やかな土地の上に健やかな民が育つということである。土の尊さ、ありがたさ、大切さを十分に教わり、健全な国家と国民はその土にのみ成り立つことを知らなければならない。


黒沢酉臓の経歴・略歴

黒沢酉臓、くろさわ・とりぞう。日本の経営者。雪印乳業創業者のひとり。北海道興農公社創立者。「健土建民」と「三愛精神(人を愛し、神を愛し、土を愛す)」の二つの志をもって日本酪農界の発展に寄与した人物。

他の記事も読んでみる

三谷宏治

人から言われて自分の方向性を決めるなんて、ずいぶん受け身だと思うかもしれません。でも、だからこそ広がる世界もあります。私は、人から頼まれたことは基本、断わりません。私の気づかない才能を評価して依頼してくれたのかもしれないからです。事実、学校での教育も書籍の執筆も、そうやって広がっていった世界です。


筒井道隆

僕はむしろ自分がリーダーになりたいというよりは、リーダーのサポートをしたいんですよね。自分が前面に出ていくのはもともと苦手なんです。ポジション柄、自分がやらないといけない場合はやります。ただ、別にリーダーがいて、そのリーダーシップに殉じて行動していくほうが痺れます。実は誰からも日の目を見ない、裏方が好きですね。


茂木誠

そもそも世界のいかなる国にも共通するのは、それが人間の集団である、ということです。人間はサルから進化した哺乳動物であり、常に群れを作ります。サルの群れは縄張りを作り、食糧を確保して生活します。しかし、そこに別の群れが獲物を求めて入り込んだとき、衝突し、争いが起きるわけです。この原則は人間が人間であるかぎり、変わりません。そして、ある地域に住み着いた「群れ」の延長線上に作られたのが国家ですから、国同士が争うのは当然なのです。現代を生きる私たちは、頭でっかちになっていて、理屈付けに注目します。「この紛争は宗教を巡る戦いだ」「あの戦争は、イデオロギーの激突だった」と。でも、その背景には、必ず「縄張りを広げたい」「資源が欲しい」「もっといい場所で暮らしたい」という本能が隠されているのです。


松尾均

人と人とのアナログなものを大切にする姿勢が、サービスの分野ではとくに重要だと思います。


酒巻久

製品開発では失敗事例にヒントがあるが、経営では成功事例を研究すれば応用できる。経営幹部を育てる場合も、早い段階から目を付けて、いい経験をたくさんさせることが重要。


青野慶久

場企業の社長は利益を出すために粉骨砕身して働くべきという風潮を、私は変えたい。上の人間が率先してやれば、下の人もそれを目指すことができますから。


小野大輔

限られた時間の中で結果を残す。これは生きるということと同義な気がします。誰だって不老不死なわけがない。生きているこの時間を無駄にしないように、ともに生きる人を大切に、後悔のないように生きたい。


大前研一

教えない大学。僕が作ったビジネス・ブレークスルー大学のコンセプトはこれです。一番は、この「教えない」というコンセプトに尽きる。大学受験をゴールに「答えはこれだ」と先生が「teach(教える)」するのが、日本の教育スタイルだった。確かに戦後の高度成長期には最良の手法。だけど、いまはとっくに「答えの無い時代」になっているよね。急速にグローバル化、IT化が進み、プレイヤーが入り乱れ、変化も加速した。人類が初めて踏み入れた世界が広がっている。答えがどれかなんて誰もわからないよ。答えが無いなら、どうすればいい? 自分の頭で考え「自分で答えを見つける」しかないよね。そう、僕の作ったビジネス・ブレークスルー大学は生徒が自ら気づき、答えを探すプロセスを手伝う場。つまり「teach」ではなく「learn(学ぶ)」の場というわけだ。


有本隆浩

当社は、景気がどん底の時代に、次の成長の芽を仕込んできた。


山口悟郎

営業マン時代は移動時間に本を読んでいました。東京に15年くらいいたんですけど、仕事で京浜東北線とか東海道線に乗って神奈川のほうに行ったりすると、往復で何時間もかかりますよね。その間はフリーですから。


平野岳史

なるべくリスクが少ない形で起業したいと思っていましたから、思う存分チャレンジするために一番いい年齢は25歳くらいじゃないかな、と考えて決めたんです。


マザー・テレサ

苦しみが私たちの生活に訪れてくるとき、微笑みをもって受け入れましょう。神が送りたまうすべてを微笑みながら受け入れる勇気は、神からの最も偉大な賜物といえます。