名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

黒木渚の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

黒木渚のプロフィール

黒木渚、くろき・なぎさ。日本のシンガーソングライター、小説家。宮崎県出身。福岡大学人文学部卒業、福岡大学大学院人文科学研究科英語学英米文学専攻修了。大学在学中から音楽活動を開始。小説家としても活躍した。

黒木渚の名言 一覧

書けば書くほど面白くなってくるし、書けば書くほど悩むし、それはすごくスリリングで、楽しいこと。書くことと一緒に冒険したい。


世の中を見ていると、嘘っぱちのなかで、本当のものが見つかるときがある。


リズムや音程のない世界で書くことはとても新鮮でした。音楽のようにはコントロールできない部分も。そのなかで自分の言葉が「これは音楽に、これは小説に」と、ひよこの雌雄選別みたいにより分けられていくのを感じていました。

【覚え書き|初の小説『壁の鹿』執筆時を振り返って】


厳しい学校の寄宿舎で中・高時代を過ごした私は、音楽とは簡単に触れあえない環境にいたんですね。そこでひたすら向き合ったのが図書館の蔵書。出会ってきた膨大な言葉のストックが私の源です。


死を優秀なリミッターのようなものとして捉えているんですね。死があるから、それまでの生が凝縮してくる濃度が高くなっていく。使いようによっては素晴らしいリミッターになっていく。それを常々思い出していたほうが、絶対愉快になる。


尖っている、個性的、鬼才……音楽の世界では、奇抜な人なんて当たり前のようにいる。ここに飛び込んできたときは、普通でいてはダメなんじゃないか、変にならないと埋没してしまうんじゃないか、という問題を抱えてしまった。けれど一周廻って今は、「普通」っていいなぁと考えている自分もいて。「普通」って、フラットな視点を持っていることとすごく近いところにあると思うんです。そして、その視点を得ることができたなら、世の中をもっと面白く観察できるんじゃないかって。


黒木渚の経歴・略歴

黒木渚、くろき・なぎさ。日本のシンガーソングライター、小説家。宮崎県出身。福岡大学人文学部卒業、福岡大学大学院人文科学研究科英語学英米文学専攻修了。大学在学中から音楽活動を開始。小説家としても活躍した。

他の記事も読んでみる

大井川和彦

小手先の対策では駄目だと思います。昨年の茨城県は、県北を舞台にしたNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」がヒットし、県南生まれの稀勢の里関が横綱に昇進、私の同級生でもある水戸一高出身の恩田陸さんが直木賞と本屋大賞をダブル受賞して大いに盛り上がった。それでもなお(都道府県魅力度ランキングは)最下位です。意識を変える必要があるんです。


御手洗冨士夫

原価に占める労働コストの比率を下げるということが一番大事なのであって、一人ひとりの賃金を下げることではない。働く人の一人ひとりの賃金は高くてもいいんです。むしろ、これからは高くしていかないといけない。


永守重信

常に何十ものM&A案件を抱えています。この半年間で、8件を断念しました。最後は値段が合わないんですよ。買いたい買いたいだと失敗します。条件が合って、考え方が近い会社を探すのは簡単じゃないんですね。投資銀行が持ってきた条件だけでやっても、うまくいく確率はゼロに近いと思いますよ。M&Aがブームになっていますけど、そんなに高い値段で買っていいのかとよその会社を見てます。


篠田法正

私はPCが立ち上がる1分間に必ずある本の一節を読むと決めています。その後起動したPC画面にはスケジュールが表示されるように設定してあるので、1日をスムーズに始められます。


高井英幸

これまでは映画を作ることしか知らない人たちが映画を作ってきました。映画なら何でもヒットした時代はそれでも済みましたが、これからは、お客様がどんな映画にお金を払ってくれるのか考えないといけない。


尾崎裕

ここ(関西)の地方文化が我々の企業文化に影響していると思うし、新しい取り組みもこちらがだいたい多いですよね。東京は中央官庁のお膝元だから、みんな行儀よくて、横の関係を保ちながらやる。お上からの圧力もある。関西は「そんなの自分でやったらええねん」という世界で、役人が言ったって、「そんなのできまへん」という文化があります。江戸時代からそうです。ここは商人の町で、全部自分たちでやるんだという意識が強い。そういうところはDNAとして関西に残っていると思います。


熊谷正寿

一番になれないものはやりません。けれども、今は、二番、三番でも、一番になれる可能性があれば、諦めずに頑張ることが非常に大事。


林成之

人間の脳には、「生きたい」「知りたい」「仲間になりたい」という3つの本能があります。この3つの本能が、世の中の仕組みをつくりました。つまり「生きたい」を体現したものが家族や家庭であり、「知りたい」を具現化したのが学校や教育、「仲間になりたい」を形にしたのが社会や会社です。人間はこの3つのバランスがとれているとき、精神的に安定します。


日野原重明

私は先日、103歳で初めて馬に乗りました。あぶみを踏んで辺りを見回すと、天下を取った気分になりました。今年の104歳の誕生日には104つの俳句を収めた初めての句集を出版しましたが、俳句を創めたのは100歳の時です。わざわざ講演会に来てもらわなくても、私の話が聞けるようにフェイスブックも創めました。


金丸恭文

厳しい注文や要求に応えられたことで、怖いものがなくなった。それはスタッフ共々自信になった。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

悪の葉っぱに斧を向ける者は1000人いても、根っこに斧を向ける者は1人しかいない。


桜井一紀

人の行動は「自分自身への問いかけ」の連続です。いま何をやるべきなのか。自分はどうしたいのか。次の動きを決めるのは、自分との対話です。だから同じ失敗を繰り返す人は、同じ質問を繰り返している人だといえます。行動を変えて、仕事のパフォーマンスを上げるには、自らにこれまでと違う新しい質問を投げかける必要があります。