名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

麻野進の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

麻野進のプロフィール

麻野進、あさの・すすむ。日本の人事コンサルタント。大阪出身。関西学院大学法学部卒業。人事専門コンサルティングファーム取締役、大手シンクタンクマネージャーなどを経てパルトネール代表に就任。著書に『「部下なし管理職」が生き残る51の方法』『役員の登用・評価・育成のすべて(共著)』。

麻野進の名言 一覧

いまの自分が会社に何を求められているかを見極めないと、有能社員が一転お荷物社員になることもある。


30代は最低限の専門性を高めるためにスキルを高める。40代は自分のことだけでなく部下をいかに育成するかに視点を移していくことが必要。


上司を見極めるにはいろんなタイプを知っておき、比較できるようにすること。別の部署の上司と食事をしたり話を聞いて、できるだけたくさんの上司と知り合いになることが大切。


ゼネラリストであれ、スペシャリストであれ、自分が好きな仕事、分野でなければ長く続かない。活躍する人材は、会社の中で最適なポジションに就けるように、上手に立ち振る舞っていますね。


最も大切なことは、出世の見込みがほぼ消えたからといって、すねたり腐ったりしないこと。


組織のマネジメントでは、部下の強みと弱みを把握したうえで強みを発揮させることが定石ですが、対上司の場合は弱みを補完することが重要です。


どんな業種であれ、すべての企業は「環境適応業」です。目まぐるしく変わる周囲の環境に適応していかねば、生き残ることはできません。そこで働く社員も、また同じです。


体育会出身の営業マンにありがちなパターンですが、長時間労働が評価されるのは35歳ぐらいまで。40代になると、人件費の観点からも非効率だと目を付けられ、評価はむしろマイナスになっていきます。若い頃のように勢いで売るのではなく、経験で売る方向にシフトする必要があります。


酒の席でのグチやクダ巻きは要注意です。昔と違ってアルコールを無理に勧めるようなことがなくなったので、出席者の2割ぐらいは素面と思っていい。そんな場所でうっかり失言をした場合、昔のように「あれは酒の席のことだから」と流してもらえなくなっているのです。


正管理職の悪口は厳禁です。たとえあなたから見ていろいろ問題があっても、あなたの人事評価の権限を握っているのは直属の上司です。しかも、引き上げた上層部の責任もありますから、どんなダメ上司でも一年やそこらで配置転換にはならない。ケンカしても、勝てる相手ではありません。そんな暇があったら、ダメ上司の弱みをカバーしつつ課内の他のメンバーの人心掌握につとめたほうが生産的です。


たとえ出世競争で追い越された相手でも、弱みを突いてはいけません。むしろ、後見人として年下の上司をフォローするぐらいの構えで臨んだほうが、組織にもあなた個人の評価にもプラスです。


外資系企業で長年生き延びている人は、じつはパフォーマンスが高いタイプより、担当業務の専門性を引き継ぎ不可能なレベルにまで引き上げているタイプだというのも示唆的です。ただ専門性が高いだけでなく、小規模なりに社のミッションとして成り立つもの、あるいは事業として予算を達成していけるものがベストでしょう。


年齢を重ねれば重ねるほど、大半の中高年社員の立場が厳しくなることは否定できません。そこで過去や自分のプライドに固執せず、経験を活かした柔軟性を発揮していくことが、能力ピークを過ぎてからも生き残る力の核になるのです。


いま待遇がよくても、自分の働きが給料分に見合っていなかったら、賃金カットやリストラの対象になりかねない。ようは「会社への貢献度>本人の給料」になっているかどうか。これからは本人の能力云々よりも会社の業績にどれだけ貢献しているかがシビアに問われる。


「自分はコミュニケーションが苦手だからスペシャリストを目指す」という考え方の人がいますが、プロジェクトで社内外の人と一緒に仕事をすることが多い。スペシャリストと言ってもコミュニケーション力がなければ務まらない。


いま企業の多くはスリム化を図っています。部門もポストも減って慢性的ポスト不足。そこで苦肉の策として「部下なし管理職」がどんどん生まれている。会社の出世ラインの王道であるゼネラリストではなく、スペシャリストとして自分を確立すれば、部下なし管理職であっても会社に必要とされる人材となることが可能。


麻野進の経歴・略歴

麻野進、あさの・すすむ。日本の人事コンサルタント。大阪出身。関西学院大学法学部卒業。人事専門コンサルティングファーム取締役、大手シンクタンクマネージャーなどを経てパルトネール代表に就任。著書に『「部下なし管理職」が生き残る51の方法』『役員の登用・評価・育成のすべて(共著)』。

他の記事も読んでみる

長友佑都

インテルのチームメートにはどんな状況に立たされても動じない強さがある。彼らのメンタルから何かを学び取りたいと以前から考えていた。彼らは、心に大きな余裕を持っていることに気がついたんです。それに比べ、インテルに来てからの僕は心に余裕がなかった。それからは、プレーだけでなく毎日の生活でも、心に余裕を持つことを常に意識しました。


池田千恵

朝、手帳を使って1日の準備をすれば、始業後、パフォーマンスが最大限に発揮される。


田川博己

自分の時間を獲得するために時間管理をして「この時間はこれをやる」と決めておかないと、スケジュールがどんどん埋まってしまいます。取締役となり、より大きな組織を預かるようになったときから、時間管理がますます重要になってきました。


小林栄三

我々はいつもガツガツしていました。伊藤忠の人間が通った後にはぺんぺん草も生えていないと言われた時期もあった。生き残るためにリスクのある商売をしなければならなかったのです。


村石久二

わたし個人ではなく、チームワークで永続していく企業でありたい。


武藤潤(経営者)

多様性のエクソンモービルを支える価値観は「正直さ、誠実さ」です。このベースがあって結果が出てきます。このベースを欠いて結果を出しても評価されません。この価値観は、新生・東燃ゼネラル石油の私たちが大事にしていかなければならないものです。


中山讓治(中山譲治)

社員によく「ナンバーワンを目指せ」と言っていますが、これは必ずしも、売上や利益でナンバーワンになろうという意味ではないのです。それぞれの社員が担当している分野でナンバーワンを目指そうという意味です。


浜田宏

当時の学生にとっては、卒業したら企業に就職してサラリーマンになるというのは既定路線でした。でも僕は、フラフラと過ごしながら、自分の将来についていろいろと悩んでいました。逆にそれがよかったのでしょう。何をやりたいのかと深く考えた分だけ、いったん目標ができたら、そこに向かうエネルギーが湧いてきたんです。


熊坂隆光

いまのキャッチコピーは「産経新聞があってよかった」です。これは読者の方の率直な感想でもあります。今日の政治状況や大震災後の日本など、今の日本が置かれた状況下で、どの新聞を読むべきか、何に論拠を求めたらいいのかという時代に「産経新聞があってよかった」という読者の率直な感想から、こういうキャッチコピーにしたんです。


午堂登紀雄

節約ばかりでは、ますます貧乏になるばかり。限られた貴重なお金を、いかに「生き金」として賢く遣うことが出来るかどうかが、お金持ちと貧乏人の分かれ道。


高橋がなり

僕の挫折人生で学んだことだけど、ものごとが思うように進まないときは焦りが一番よくない。我慢だよ。我慢をしなきゃいけないんだ。でも我慢をしていると思うとまた辛くなって焦り始めちゃうんで、いったん死んだふりをして現状から逃避しちゃうといいんだ。そしてしばらくすれば、エライ大変なことだと思っていたことが、結構たいしたことではないことに気づく。そうしたらしめたもので、毎日楽しいことを妄想するんだよ。妄想できるようになれば、そのうち運が回ってくるよ。


エドガー・ケイシー

あなたがどのような状況にあろうと、それは今のあなたにとって最も望ましい状況であることを忘れてはならない。