名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

麻生太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

麻生太郎のプロフィール

麻生太郎、あそう・たろう。日本の政治家。第92代内閣総理大臣。福岡県出身。学習院大学政治経済学部卒業後、麻生産業に入社。麻生セメント社長、日本青年会議所会頭などを経て政界に進出。経済企画庁長官、経済財政政策担当大臣、総務大臣、外務大臣、内閣総理大臣などを務めた。

麻生太郎の名言 一覧

生きていく上に大事なことは朝は希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝と共に眠る。その気持ち。


麻生太郎の経歴・略歴

麻生太郎、あそう・たろう。日本の政治家。第92代内閣総理大臣。福岡県出身。学習院大学政治経済学部卒業後、麻生産業に入社。麻生セメント社長、日本青年会議所会頭などを経て政界に進出。経済企画庁長官、経済財政政策担当大臣、総務大臣、外務大臣、内閣総理大臣などを務めた。

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

仕事とはお金を稼ぐことである。これは基本だ。これがわかるのが早ければ早いほど、ビジネスとは何かを理解するのも早くなる。


マギー司郎

自分のことってあんまり覚えてないのよ。40代? うん、何してたのかな? 計画性がなく、いつも行き当たりばったりですから。普通、こういう仕事をしているとデビュー何十周年記念とかのイベントをやったりするじゃないですか。僕、そういうこと一回もしたことないのね。ああいう祝い事とかイベントって、金集めじゃない? そんなことはしないで、今日、明日、そして今週、今月が生きられればいいんですよ。身の丈に合ったことを淡々とやってね。


さだまさし

未練たらしいというか、逃げるのがいやで、「もう駄目だっていうところまでやらせてくれないかな」と言ったら、スタッフも「いや、まさしがそうと決めたら、行くとこまで行こう」と言ってくれて。歌って稼ぐしかない! と動き出したんです。不渡りも出したし、もう自転車操業もいいとこでね。
【覚え書き|ドキュメンタリー映画『長江』で28億円の借金を背負ったときを振り返って】


青井忠雄

どこよりも親切に。日本一気分よく買える店を目指す。最後は何と言っても人で決まる。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

異なるビジネスを異なる地域で手がけているからこそ、多様性を得ることができる。


佐々木常夫

部下にバカにされていると感じたとしても、自分の思い込みということも多々ある。あまりに縦の関係に縛られるあまり、上司が過剰反応しているのです。裏を返せば「上司なんだから尊敬されて当然だ」という驕りともいえるでしょう。部下も対等な人間だと思っていれば、バカにされているなんて疑心暗鬼になることはないはず。


倍賞千恵子

渥美(清)さんも(高倉)健さんも、余分なものがない俳優さんだと思います。山田洋次監督は、「贅肉のない芝居はよい」とおっしゃいますが、まさにそのようなお芝居をされていました。それと、お二人とも大スターなのに、謙虚だったところが共通していますね。どちらも相手のことを考えてくださるし、細かなところにも気を配ってくださいました。


松村幸治

当社では社員の仕事も完全マニュアル化してあります。ですから、新卒社員を採用すると、研修等々もやりますが、業務内容が与えられ、作業の手順も基準も全てが決まっているので、あっという間にその業務に精通した人材へと育っていきます。そして、最終成果物もピカピカのプロが作ったかのような商品に仕上がります。


神田昌典

米国人に尊敬されるような英語を話したいと思うなら、オバマ米大統領のスピーチを丸暗記することをお勧めします。大事なのは、恥ずかしがらず、彼になりきること。彼がやっているのをリアルに真似ようとすると、発声から、体の使い方まで変わってくる。まさに英語を「体感」するんです。


渡邉美樹

東日本大震災は、仕事とは何かについても考え直す機会になりました。仕事とは、お金のためだけにするのではないというメッセージが報道からは伝わってきます。被災地で仕事を失った人たちは、仕事をしたいと言います。そこには、金銭的な問題もあるはずですが、それと同じくらい、社会と関わりたい、人の役に立ちたいという強い思いがあります。


青野慶久

働き方改革とは、どういう状態になれば成功だといえるのでしょうか。私はシンプルに、「みんなで集まって働くことが楽しいかどうか」が問われるべきだと考えています。誰もが楽しく働けるようになれば、働き方改革は成功。楽しくなければ、失敗ということです楽しさとは、「一人ひとりの幸福度」と言い換えていいでしょう。


はあちゅう(伊藤春香)

以前IT業界で編集長業務をしていたとき、ものすごく忙しい上に追加で仕事をどんどん任されて、上司に「こんなにできません!」と訴えたんです。すると、「できる方法を考えるのが編集長だろう」と言われて、はっとしました。それで、この案件は部下に割り振ろう、この作業は削っても問題ない、という具合に、一つ一つの仕事を見直すことで時間をつくる方法を学んだのです。