名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

鷲見貴彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鷲見貴彦のプロフィール

鷲見貴彦、すみ・たかひこ。日本の経営コンサルタント。「ベンチャーバンク」社長。岐阜県出身。岐阜大学教育学部卒業後、出版社、船井総合研究所などを経てベンチャーバンクを創業。著書に『僕の会社に来なさい』。

鷲見貴彦の名言 一覧

企画持ち込みで事業化した例もいくつもあります。事業の可能性や採算性も見ますが、その人の思いや熱意を重要視しています。


無難な人生の先に待っているのは後悔。


真の幸せはお金や名声ではなく、情熱を傾け取り組むことのできる「大好きな仕事」を「見つけ」「作り出し」「携わる」ことで、手にすることができる。


チャレンジすることこそが人生の成功を決める。


当社に「失敗」の概念はありません。挑戦の先には必ず得るものがあり、そこには事実、成功か大成功しかない。


展開している業界は多岐にわたります。私自身がそれほど興味がないものも含まれます(笑)。なぜなら、これら事業の中には社員提案から事業化したものもたくさんあるからです。創業時から新規事業を生み出し続けるという目標を掲げて起業しましたので、社員にも「好きを仕事に」新規事業をどんどん生み出してほしいと強く考えています。


事業や商品、サービスが好きかどうか。「好き」の部分を「誇りがもてる」と置き換えてもいい。この思いが揺るぎない軸となり、全ての行動の源泉になる。これこそが私が経験を通して確信した新規事業を成功させる最大にして最高の秘訣です。


もし創業当時のように流行りだけで選んでいた事業だったとしたら競合店と同じように手っ取り早く閉店していたでしょう。やはり、事業や商品を愛しているからこそ粘り強く効果的な展開が図れたと考えています。


鷲見貴彦の経歴・略歴

鷲見貴彦、すみ・たかひこ。日本の経営コンサルタント。「ベンチャーバンク」社長。岐阜県出身。岐阜大学教育学部卒業後、出版社、船井総合研究所などを経てベンチャーバンクを創業。著書に『僕の会社に来なさい』。

他の記事も読んでみる

高倉豊

ライバルと差別化するためには、細かな違いを強調するより、ゼロベースで戦略を立てていったほうがいい。いまロクシタンという化粧品メーカーをお手伝いしている。新ブランドについては、まず化粧品であることを忘れることにした。そこで浮かび上がってきたのが、雑貨として販売するという戦略だった。日本の化粧品市場は約2兆円で、すでに頭打ちになっている。その中でシェアの奪い合いをしている状況だが、各社似たりよったりで差別化は難しい。一方、ギフト市場は十数兆円、パーソナルギフトにかぎっても7兆~8兆円あるといわれている。それならば雑貨として売ったほうが可能性は広がる。新ブランドを雑貨として売ることにしたら、取り扱ってくれる店舗が増えた。おかげさまで滑り出しは上々だ。


勝間和代

まず私は、休日と決めた日には仕事を入れることをやめました。そうすると限られた時間の中で仕事をするクセがつき、できない仕事は断ることができ、人に仕事をまかせられるようになりました。


石渡美奈

初対面のときは、まずはなんといっても満面の笑顔。それから、何気ない会話をしながら話題の共通点を探して、そこから話を広げていきます。話をしていて楽しいと相手が思ってくれることが、私にとっては重要です。私と話して楽しかった、いい時間を過ごせたと思ったら、その人は「今度この会社の○○さんに相談するといいよ」というように、何かしらお土産をくれます。人間ってそういうものなのです。


松本秀幸

勉強はまず始めてみることが大切で、興味のあることだけ続けてみればいい。1日3分でも英語の勉強を続けられたという成功体験から自信が生まれ、苦手意識も徐々に払拭される。勉強を続けていると、会話力や読解力、単語力などのさらなるレベルアップを図りたいと感じる時が来る。そうなったら1日3分ではなく、本格的に勉強を始めるタイミング。それまでは焦る必要はない。


堀切功章

日本の食文化とアメリカの食文化が融合して、しょうゆがこれだけ北米で浸透しました。私どもがしょうゆを海外で売る際の基本的なスタンスは食文化の「融合」。食文化は各国や地域で違います。ですから、グローバルに交流させ、融合させることが必要。


鑄方貞了(鋳方貞了)

人を育てるというのは、立派な社会人を育てるのと同時に、経営のわかる人、どんな小さな仕事でも経営的な感覚を持ってできる職業人を育てることです。そのためには、まずしっかりとした経営理念を持つことが先決ではないでしょうか。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

米作は普通1年に1回収穫がある。お百姓さんは年1回、その成果が見られる一生涯には30回、40回と同じことが経験できる。一方、植林も生育の早い杉なら20年目くらいには伐採できる。しかし、人間の生涯は一世一代の経験である。


篠塚孝哉

「机の汚い人は仕事ができない」とよくいいますが、たしかに身の周りを整理できないと、仕事の効率は著しく下がります。しかし一方で、「一見綺麗な机なのに、モノを探してばかりいる」人もいます。これはいわば、「整理のワナ」に陥った状態です。整理そのものが目的になり、効率化が忘れ去られているのです。このワナに落ちやすい人の多くは、「整理グッズ好き」という特徴をもっています。グッズを買うたびに手間をかけて収納・分類したわりには、配置が把握しきれない、という事態を招きがちです。


青木紘二

ヨーロッパに長く住んでいると、人生を楽しむという価値観がかなりの比重を占めます。いま、社員たちにもよく、「仕事は楽しくやりなさい」と言っています。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

この世で幸福以上の何かを求める人は、幸福の分け前にあずからなくとも不平を言ってはならない。


木村惠司(木村恵司)

街のにぎわいは、やはり人がつくりだすものです。そのためには、単に建物というハードを魅力的につくるだけでは不十分です。むしろ、ハードの上でどんなソフト展開をするか。これが大事になってきます。


辻慎吾

未来に目を向けて、技術進歩を含むあらゆる可能性を考慮した上で、都市のあるべき姿を考えていかなければならない。都市づくりに次世代技術を積極的に取り込むことで、都市の未来を切り拓いていければ、日本が世界をリードしていける。