名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鷲見貴彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鷲見貴彦のプロフィール

鷲見貴彦、すみ・たかひこ。日本の経営コンサルタント。「ベンチャーバンク」社長。岐阜県出身。岐阜大学教育学部卒業後、出版社、船井総合研究所などを経てベンチャーバンクを創業。著書に『僕の会社に来なさい』。

鷲見貴彦の名言 一覧

企画持ち込みで事業化した例もいくつもあります。事業の可能性や採算性も見ますが、その人の思いや熱意を重要視しています。


無難な人生の先に待っているのは後悔。


真の幸せはお金や名声ではなく、情熱を傾け取り組むことのできる「大好きな仕事」を「見つけ」「作り出し」「携わる」ことで、手にすることができる。


チャレンジすることこそが人生の成功を決める。


当社に「失敗」の概念はありません。挑戦の先には必ず得るものがあり、そこには事実、成功か大成功しかない。


展開している業界は多岐にわたります。私自身がそれほど興味がないものも含まれます(笑)。なぜなら、これら事業の中には社員提案から事業化したものもたくさんあるからです。創業時から新規事業を生み出し続けるという目標を掲げて起業しましたので、社員にも「好きを仕事に」新規事業をどんどん生み出してほしいと強く考えています。


事業や商品、サービスが好きかどうか。「好き」の部分を「誇りがもてる」と置き換えてもいい。この思いが揺るぎない軸となり、全ての行動の源泉になる。これこそが私が経験を通して確信した新規事業を成功させる最大にして最高の秘訣です。


もし創業当時のように流行りだけで選んでいた事業だったとしたら競合店と同じように手っ取り早く閉店していたでしょう。やはり、事業や商品を愛しているからこそ粘り強く効果的な展開が図れたと考えています。


鷲見貴彦の経歴・略歴

鷲見貴彦、すみ・たかひこ。日本の経営コンサルタント。「ベンチャーバンク」社長。岐阜県出身。岐阜大学教育学部卒業後、出版社、船井総合研究所などを経てベンチャーバンクを創業。著書に『僕の会社に来なさい』。

他の記事も読んでみる

宮坂学

さらに上を求めて挑戦し続けている。目標をアップデートすれば、新たな世界が開ける。


ビル・ゲイツ

一度決断したあとに再び同じ問題にこだわると、決断の実行の妨げになるばかりか、決断を下すことも躊躇するようになる。そもそも、本当に心が決まっていないなら、決断を下す意味などないじゃないか。


宮嶌裕二

当社はリアルとの融合をテーマに、スマホを使った新しいユーザー体験の実現を目指しています。ユーザーが増えれば増えるほど、旅行や街歩きが増えるので地方観光にも貢献でき、地方創生にも役立つサービスになっています。


小林節(経営者)

ホテル業とは、いかにしてお客様に楽しんでもらうかを常に考え、そしてお客様の喜ぶ光景を目の当たりにする仕事。


進藤孝生

相手を説得するには、論理が明確でなければなりません。話す内容を考えるときは常に、どの順番で話せば伝わりやすいかを考えます。


吉田たかよし

ハーバード大の実験ですが、算数の問題を解いた後に自己採点させ、点数に応じて賞金を出すという実験をしたのです。自己採点なので、ご褒美をもらおうと思ったらウソつき放題です。すると、明るい部屋では答案をごまかした人が24%。ところが薄暗い部で同じテストをすると61%がズルをしたのです。どうやら明るいときと暗いときでは人はモードが変わる。明ると相手の行動がよく見えるで、信頼・協力関係を築こうとする。逆に暗いとウソがバレにくいので、ウソをついたほうが得だと感じ、不誠実な本能が目覚めてしまう。同じ人が朝は正直で夜はウソをつきやすくなることも実証されています。


瀬口清之

中国古典は全部を理解する必要はなく、ぱらぱらと読み、「所々分かる」程度でOK。最初は「何となく分かった気になる」ことが大切。


高島宏平(髙島宏平)

客観的に考えるために「オイシックスは他人が経営している会社で、自分がコンサルタントだったら、何を社長に提言し、どこを注意するか」と自問しています。


アルフレッド・アドラー

人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしているのだ。人生は極めてシンプルである。


吉田昌生

雑念はわくのが当たり前。わいたらダメと思うほど、かえって手放しにくくなります。雑念がわいてもジャッジをせず、ただフッと手放す。瞑想ヨガはその繰り返しで上達します。


大山健太郎

事業構想をどのようにするのかが一番大事なこと。そのとき大事なことは、メーカーの都合ではなく、常に消費者目線に立つということ。消費者にとって何が必要で、どういう事業が一番いいのかということを常に考えながらやってきました。


三喜俊典

会社が持っている現場力を有機的に結びつけて活用すると同時に、意思決定のスピードをより高めていくことが必要だと思います。経営環境が激変する現在では、重厚長大産業の代表ともいえる鉄鋼メーカーであっても、迅速な決断なくして生き残っていくことはできません。