名言DB

9412 人 / 110637 名言

鶴岡秀子の名言

twitter Facebook はてブ

鶴岡秀子のプロフィール

鶴岡秀子、つるおか・ひでこ。日本の経営者。「ザ・レジェンド・ホテルズ&トラスト」CEO(最高経営責任者)。東京出身。日本大学経済学部卒業後、(株)ロベリア、朝日アーサーアンダーセン、サイバーブレインズ取締役などを経てザ・レジェンド・ホテルズ&トラストを設立。

鶴岡秀子の名言 一覧

営業や接客で大切なのは「お客様に好かれること」ではなく、「お客様を好きになること」。自分が相手に好意を持つと、相手からも好かれます。


夢の実現に動き、周囲に夢を語ると応援してくれる人が現れます。


妄想は「思う」だけ。夢は「行動」を伴うもの。


アクションは最高のメッセージであり、人に語ると夢は成長する。


一日一日進めるところまで進むことが大切。周囲の協力は一朝一夕で得られるわけではありません。1歩進むと応援してくれる人がほんの少し集まり、さらに1歩進むとまた少し集まってくれる。私はこうやって1600人の株主の賛同を得ました。夢を少しずつ実現する姿を見て、周囲の人は信用してくれるのでしょう。


自分の売りたいもののことはひとまず忘れて、お客様の本番を共有するよう心がけることが大切。お客様の本番はお店を出た後にあります。その服を着てどこへ行こうとしているのか、その思いを共有できると商品は勝手に売れていきました。


鶴岡秀子の経歴・略歴

鶴岡秀子、つるおか・ひでこ。日本の経営者。「ザ・レジェンド・ホテルズ&トラスト」CEO(最高経営責任者)。東京出身。日本大学経済学部卒業後、(株)ロベリア、朝日アーサーアンダーセン、サイバーブレインズ取締役などを経てザ・レジェンド・ホテルズ&トラストを設立。

他の記事も読んでみる

今田洋輔

同じ動きを繰り返し繰り返し体に叩き込まないと、いざっていうときに精度の高い再現ができないですから。実際、結構なベテランでも、僕がちょっと目の前で握ってみてって言うと震えてますから。


坂根正弘

見える化の威力は私自身が会社経営で経験した。社長になったとき、まず会社の問題を見える化することから始めた。たとえば、当時は「日本のものづくりは高コスト」という固定観念が広がっていたが、実際に世界中の工場、商品ごとのコスト構造を分析してみると、日本の工場は変動費部分では十分競争力があった。一方で、固定費部分が非常に重いことがわかり、「1回の大手術」と宣言して構造改革を実施した。


弘兼憲史

その日やるべきことが10ある場合、どこから手を着けるかは僕自身悩むところです。そんな時は、それぞれの仕事の負荷を考えます。例えば、重たい仕事が3つ、軽い仕事が7つある場合、重い3つから手をつけると時間を食い、軽い7つをやる時間すらなくなるかもしれません。だから僕は、請求書を書いたりメールに返信するなどの軽い仕事から着手し、その作業を進めながら頭の片隅で重たい仕事のことを考えるようにしています。


樫尾幸雄

いつも鮮度を求め、これでいいのかと問い続ける。そして、もっといいものがあれば、古いものをぱっと捨てて、切り替える。これが変化の速い時代に勝ち残るカギです。


佐藤達雄

当社は99年に株式公開を果たし、2003年2月期の売上高は約460億円になります。最近、しみじみと考えるのは、小商圏でお客様に喜んでいただく方法は、1957年に乾物屋を始めた時から何も変わっていないということです。まず現場に出て、顧客とじかに接する。結果は後からついてきます。それが私の原点です。


久代敏男

普段の人間関係でいえば、相手に関心を持つことが気配りの第一歩です。あたり前のことを指摘しているようですが、マネジメントする立場になって多くの部下を抱えると、簡単なことができなくなる人が目立つのです。


御立尚資

知識は2割が手に入れば、すぐに現場で試してみることです。カレーライスのつくり方を思い浮かべてください。カレーの歴史やスパイスの調合から勉強していたら、いつまでたっても鍋を火にかけることすらできないでしょう。肉とジャガイモとニンジンを刻んで鍋に入れ、ルーを混ぜればできるということがわかった途端「よしやってみよう!」とつくった人のカレーは、ひどい味かもしれません。でもその人は、周りから文句を言われることで改良のポイントを知ることができ、それを繰り返しているうちにいずれ美味しいカレーがつくれるようになるものです。仕事も同じです。


松下正幸

優秀な会社であればあるほど、競争相手からヒット商品が出にくいわけですから、自社商品をあたかも他社の商品だと思って、それを超える商品をつくるという意識が大切。


古森重隆

世の中の変化に素早く対応することは大事だが、もっと良いのは、変化を先読みし変化に備えること。そして、最も良いのが、自ら変化を作り出し、一歩先に行くことだ。


行本明説

仕事の無駄をなくそうとするのなら、まずは「大事な仕事」を明確にしなければなりません。ホワイトカラーにとっての大事な仕事は日によって異なります。ですから1日の仕事がスタートする前には、どんなに忙しくても「今日一番大事な仕事は何か」を明確に意識してから仕事に臨むべきです。これはタイムマネジメントの基本中の基本です。


平強

企業経営は戦略を明確化し、目標に向かって徹底的に立ち向かうことが成功の秘訣。


横井啓之

(ABCクッキングスタジオも)順調とは程遠いですよ。例を挙げると、首都圏初出店の時に大変な苦労をしました。横浜の山下町に気に入った物件が見つかったんですが、不動産屋が貸してくれません。「生徒がたくさん集まると騒音の原因になる」など、いろんな理由を言いますが、要は聞いたこともない料理教室に物件を貸すのが不安だったんでしょう。ならばと、その物件の大家さんの自宅を調べて直接交渉。何度も通ってお願いし、相手が根負けするまで粘りました。


山下泰裕

重要なのは経験したことをどうとらえるか。よく「あの時の失敗が生きて、今の彼・彼女がある」などと他人を評論する人がいます。けれど、本当のところは「失敗が生きた」のではなく、その人が「失敗を生かした」ということではないでしょうか。同じ失敗をしても、生かせない人もいるはずです。


山崎将志

何をしても上手くいかないときは「目標を現状よりも大きく設定し直す」といいでしょう。たとえば営業マンが売上を伸ばしたいとき。売上目標を「月100万円」に設定していて上手くいかないのであれば「月1000万円」に設定するのです。すると「毎日1件余分に回る」という現状の延長線上の解決策ではどう考えても達成できないとわかります。そして、自然と発想がジャンプするようになり、これまでに思いつかなかった解決策が生まれます。


松下幸之助

いままでは世間の通念通りの商売をやってなんとか上手くいっていたが、次第にこれでは物足りないという気持ちが出てきた。いったい生産者の使命はなんだろう、こんなことを連日夜遅くまで考えた結果、私なりにひとつの信念が生まれた。それは簡単にいうと、この世の貧しさを克服することである。たとえば水道の水はもとより価のあるものだ。しかし道端の水道を人が飲んでも誰もとがめない。これは水が豊富だからだ。結局生産者はこの世に物資を満たし、不自由をなくすのが務めではないのか。
【覚書き|松下電器創業13年目で水道哲学を実践しはじめた当時を振り返っての発言】