名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鶴岡公二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鶴岡公二のプロフィール

鶴岡公二、つるおか・こうじ。日本の外交官。東京大学法学部卒業、アメリカハーバード大学法科大学院修士修了。外務省に入省。外務審議官、駐英大使などを歴任。他国との各種交渉に尽力した。

鶴岡公二の名言 一覧

どのようにして相手に納得してもらうか。それには、すべてを正直に説明し、誠実さをもって対応するのが最も納得性が高い。


相手の立場を理解し合えば、そこから信頼関係が生まれる。


交渉は、どのようなものであれ、基礎的なところから始めなければならない。その最も重要な基本は、「相手を知り、己を知る」ことにある。


交渉は人間対人間が向き合う場で、すべてが手づくりの世界だ。互いに納得を得ながら、さながら絨毯を織り上げるように、一つ一つ丁寧に積み上げていく。それには駆け引きは無用で、誠実さこそが基本になる。


交渉とは互いにギリギリのところで合意に至る共同作業。その意味では交渉相手はともに成果を導き出す同志でもある。そのため、「寝食を共にする」というわけではないが、会合の場を離れ、相手の交渉官を誘って食事に連れ出すこともあった。


当初予定していた合意に至らなかった場合、できるだけその場で打開の道を探る。このとき、公的な立場を超え、一つの個人的な自由な発想で、「仮にこういう条件であればあなたはどこまでできますか」という議論をすることで、次の道が開ける可能性が出てくる。交渉が難しければ難しいほど、「頭の体操」をしながら共同作業ができるよう、互いに相手を理解し合い、信頼関係を結ぶことが大切。


交渉で最も大きな力になるのは、駆け引きとは対極にある「誠実さ」だ。どのような交渉であれ、合意が容易でない場合、こちらがテーブルに着く前に決めた条件を相手が丸のみする形で決着することは基本的にありえない。それはお互い様だ。したがって、交渉とはそれぞれが許容できる範囲内で、どのように工夫し合い、協力し合って、合意に至るかという「共同作業」にほかならない。


相手ができもしない大風呂敷を広げてきたとき、それを見抜くためにも、相手がどこまでのカードを切れる権限を持っているのか、しっかり見極めなければならない。


交渉で特にポイントになるのは、相手がどこまでのカードなら切れるのかという権限の見極めだ。例えば、相手が本当はできもしないのに、こちらの要求に対して大風呂敷を広げたとき、それを真に受けて、こちらも向こうの求めるものを提示したとする。翌日、相手が「昨日はあのように話したが、上層部に掛け合ったら、やはり無理だった」といい出した場合、当然、交渉はやり直しになる。


相手を知るとき、相手の立場を理解するだけではなく、交渉担当者その人についても、理解しておかなければならない。どのようなポジションの人間で、上司とはどのような閨係にあり、どんな業界とつながりがあり、交渉現場に来るまでどの程度の準備をし、内容をどのくらい理解してテーブルに着いているのか。そして、どんな人柄か。


交渉では、まず相手の立場を明確に理解する。その際、徹底して追求しなくてはならないのは、「なぜそうなのか」という理由だ。すべてのことに理由があり、相手も理由がないことはいわないからだ。


交渉というと、駆け引きを思い浮かべる人も多いだろう。例えば、最後は「50」で手を打つつもりで、最初は「500」くらいからふっかける。相手の腹を探り何度か交渉を重ねて妥協案を見いだすのだ。しかし本当に交渉をまとめようと思ったら、こうした駆け引きは百害あって一利なしだ。実際の交渉現場では相手も準備しているから、法外な要求だとわかり、こちらには真面目に交渉を行う考えがないのではないかと不審を抱かれてしまう。次にこちらが「100」に下げても、相手はまだ何か裏があるのではないかと疑い、結局、交渉はまとまらず、「50」もとれなくなってしまう。


鶴岡公二の経歴・略歴

鶴岡公二、つるおか・こうじ。日本の外交官。東京大学法学部卒業、アメリカハーバード大学法科大学院修士修了。外務省に入省。外務審議官、駐英大使などを歴任。他国との各種交渉に尽力した。

他の記事も読んでみる

酒巻久

「書く」行為こそ、仕事に向かう姿勢を変え、成長をもたらす。仕事内容や目標を改めて書き出すと、行動を見つめ直すことができ、今後の指標がはっきりする。当事者意識を持って効率的に働けるようになる。逆に書かないと、目標が曖昧なまま、走り続けてしまう。


オダギリ展子

組織で働いているのであれば、どこに何があるのかが、自分だけにしかわからないというのは禁物です。職場の人たちと共有できる整理術を心がけることが重要です。誰でも一目でわかるように整理しておけば、出張先から電話一本で、同僚に資料を確認してもらうことも可能です。欲しい情報がすぐに得られます。


高橋がなり

脱負け犬十ヶ条

  1. 自分だけは、自分の潜在能力を信じてあげろ。
  2. 自分の予測する、自分の限界という壁を乗り越える経験をしろ。
  3. 自分を正当化して「できない」と言うな(時間的・経済的・人的などの要因を「できない」理由にするな)。
  4. 金よりも大切な目的を持て(金は手段であって、目的ではないはずだ)。
  5. 常識を身につけ、常識を疑え(常識は思考能力のない人のための道具である場合が多い)。
  6. 信念を持て、そして信念に照らし合わせて行動しろ(信念がないと目先の利益にとらわれてしまう)。
  7. ずるい技法を学べ、しかし利用するな(技法を知っていれば騙されずに済むことが多い)。
  8. 行動に迷ったときは、自分にとって苦しいと予測する方を選択しろ。
  9. 人生美学を持ち、それに従いカッコよく生きろ(土下座をすることやボロを着ることもカッコいい場合がある)。
  10. 親を大切にしろ(親とは、いまの自分が存在する要因となった人のことを言う)。

金田一秀穂

最近の若者は、「怒られ耐性」が低い。たとえばレポートも「ここはこうしたほうがいい」と言っただけで「駄目出しされた」と大騒ぎしてしまいますから。でもこれは、もしかしたら、駄目出しばかりする人が増え、若者が萎縮してしまっているからかもしれませんね。否定することに熱心な人が目立つ世の中になった気がします。「ではどうすればいいか」と解決にまで踏み込む声は少ない。駄目出しだけでは、相手が聞く耳を持てるはずがありません。怒る立場にいる上司や親などは気をつけたいものです。


鈴木おさむ

この業界に入ったとき「たくさん映画を観ろ」と言われたので、面白いもの、つまらないもの、いろいろ含めて年間で360本以上観る生活を続けました。その結果、三年ほどたったあたりから、企画を思いつくようになったのです。きっと頭の中のデータ量が増えて、検索エンジンが機能するようになったのでしょう。


田原総一朗

京セラの稲盛和夫さんに取材したとき、面白い話を聞きました。彼は日本の企業にセラミックを売ろうとしたのですが、最初は相手にしてもらえなかった。それで本場のアメリカに売りに行った。アメリカはテストだけはしてくれるから、チャンスがあったんですね。結果、テキサス・インスツルメンツという大きな半導体会社が買ってくれて、京セラは世界的企業になった。


為末大

私は100メートル走からハードル競技に転向しました。世界ジュニア陸上競技選手権大会に参加し、世界のトップレベルを肌で知ったことが一番のきっかけでした。「このまま100メートルで勝負を続けたら、日本では勝てても、世界でメダルに届く可能性はゼロに近い」そう痛感したのです。一方、ハードル競技なら世界との差は大きくない、という実感も得ました。だから私は、「世界で勝ってヒーローになる」という勝利条件を満たすには、ハードルに転向するのがいいと判断したのです。結果、世界陸上で2度も銅メダルを獲得できたのですから、理にかなった転身だったと思います。


鳥原隆志

「緊急度も重要度も低い仕事」は、とりあえず3週間ほど様子を見て、やらなくても問題ないようだったら、タスクから完全に外してしまっても大丈夫。


木村多江

10代、20代は必死に自分のために、どうしたらお芝居が上手になるか? って脇目も振らず進んでいた。でも、考えてみると、私はいままで周りの人に励まされ、生かされてきたんだなぁと。今度はお返しをしていきたい。それが使命かなって。最近、そんなふうに考えるようになってきました。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんは私によくこう言っていた。「君が本当に優れた投資家なら、相場が上げていようが下げていようが関係ない。真の投資家は、相場の状態に関係なく儲けることができる」つまり、成功は相場には関係なく、あなた次第だということだ。


秋田谷結香

じつは大学病院のICU(集中治療室)で働いていたころ、体調を崩して休職したんです。しかも、その後に不整脈で倒れて入院。同じ看護師の母から「生きててよかった」と言われる状態で。療養中は心身ともに家族に支えてもらいました。その時、本当に親孝行したいなと思ったんですね。でも、私自身、方法がよくわからなくて。親孝行の情報をまとめてみようと思い立ったのが、(親孝行についての情報ブログを始めた)ひとつのきっかけです。それと、20代半ばにそんな体験をしたことで、「自分がワクワクドキドキできることで、人に何かを提供していきたい」と思うようになりました。じゃあ、自分の好きなことって何かなと考えた時、私は親孝行を広めたいと思ったんです。


瀧川克弘

弊社では報連相を禁止しています。最初は責任の重さに重圧を感じても、慣れてくれば即決できるように。自分で決めることが楽しくなります。