名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鴻池忠彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鴻池忠彦のプロフィール

鴻池忠彦、こうのいけ・ただひこ。日本の経営者。「鴻池運輸」社長。大阪府出身。関西学院大学商学部卒業後、鴻池組に入社。鴻池運輸副社長を経て社長に就任。

鴻池忠彦の名言 一覧

当社は裏方に徹して愚直なまでに顧客満足を追求してきた。一番大事にしてきたのは、お客様の信頼を得ること。


ストレートに言えば我々は裏方。格好よくする必要なんか全然ない。これからも表に出るのではなく、超一流の下請けを目指していきたい。


得意先と一緒に働いているという自負心は、現場の大きな力になっており、こうした姿勢が現場同士の信頼関係を生み、トップ同士の信頼にもつながってきた。


一般の物流会社は荷物を運んで終わりだから、細切れのサービスになってしまう。顧客からすれば、ワンストップの方が便利だが、手間がかかるため他社の参入が難しい。


長きにわたって事業が展開でき、多方面から信頼をいただけているのは、情熱を持って取り組んできた人の力によるものです。今後、AI技術などを採り入れた省人化が進んでも、それをコントロールするのは人です。当社は実直に仕事に取り組むプロ集団を目指していきます。


お客様となる各企業は、様々な事業を展開しています。その事業や工程のなかには、アウトソースできるものも含まれています。そこで、お客様にはコア事業に注力していただき、当社はその周辺を取り巻く多様な事業を請け負っています。


我々の最大の強みは、生産工程の中に入っていることである。ラインを動かすと、いつどこで何が必要かということが分かる。なので、我々が原材料を発注する。それをトラックから降ろして、メーカーの倉庫に保管して、また発注する。これらを一貫して行えるワンストップサービスが特徴。


メディカル業界に向けては、特に医療機関や医療関連メーカー、卸企業などを対象に、一貫物流はもちろん、安心・安全な総合医療サービスを提供しています。病院内では医薬品や医療材料などが分散管理されているケースがあり、在庫や使用期限の管理は煩雑な業務になっています。そこで適正在庫や期限をしっかりと集中管理して、必要になった部門にスピーディーにお届けする病院内物流業務を提供しています。これも当社が手がける運輸や倉庫といった物流業のノウハウを活用したサービスです。


鉄鋼業界では、もともと当社が工場内での運搬事業を手がけていたこともあり、鉄の性質や製鉄に関する知識を積み重ねてきました。この経験や培ったノウハウを生かして、鉄の水切りや、配送、高炉や転炉、連続鋳造など幅広い工程に関わる仕事を任せていただいています。


鴻池忠彦の経歴・略歴

鴻池忠彦、こうのいけ・ただひこ。日本の経営者。「鴻池運輸」社長。大阪府出身。関西学院大学商学部卒業後、鴻池組に入社。鴻池運輸副社長を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

大友啓史

監督とスタッフやキャストは、ヒエラルキーの関係にあるわけではない。それぞれがプロで、役割が違うだけです。彼らの提案にはできるだけ耳を傾け、常に優れたアイデアを求め続ける。それが僕にとって大切。


安延申

インターネットの分野だけは今後伸び続けていくだろうと思ったので、このまま役所にいてレールの上に乗るより飛び出るのも面白いかと。例えば、鉄とか石油とか一筋にやってきた人たちの業界に、役所から天下ったところで敵わないけれども、新しい分野であれば一斉にスタートだなと思いました。


スティーブ・ジョブズ

原動力は製品であって、利益じゃない。


伊藤正裕(起業家)

経営者は常にイノベーションを考えなくてはいけない立場なので、既成概念にとらわれない発想が必須なんです。私は常に学習スイッチをONにして情報を素通りさせないようにしています。


糸井重里

僕は毎日寝る前に腕立て伏せ50回、腹筋20~30回、それとスクワットをやっています。「しまった」っていう写真を見てから一念発起したんです。朝晩には体重計にも乗っています。50グラム単位で量れるものを使っているから、効果が目に見えるし、ゲーム感覚で楽しくなる。長続きするコツかもしれません。


村上龍

私は「転校生の論理」と呼んでいますが、孤独な転校生が新しい環境でよいところを見つけるように、何かいいところはないか、興味が持てる部分がないか、を考えることです。ある場所で暮らさなければならなくなったとき、そしてその場所が快適でもなく、人間関係もよくないとき、いいところを探し発見できるかどうかというのは、サバイバルする上で、案外重要です。


久住昌之

どうやら自分は先ばかり見据えるよりも、「今やっているひとつひとつのことだけを考える」ほうが向いている。


河野英太郎

仕事を任せた部下がスピーディーに仕事ができるようにするには、上司が忙しそうにしないことも重要です。部下が上司に話しかけるのには勇気がいるもの。それなのに、上司が忙しそうにしていたらどうでしょう? 「話しかけにくいな」「またあとにしよう」と思ってしまいます。こうしたことでどんどん仕事が遅くなり、進まなくなってしまうのです。ですから、上司は暇そうなほどいい。本当は忙しくてテンパっていても、部下が話しかけやすいよう、余裕の表情でいること。


川村誠

経験したことのない事業がたくさんあったため、社長になって最初の1年間は休日返上で勉強に取り組みました。週末も資料を家に持ち帰り、読み続けました。ほかにも、工場の現場に足を運んだり、それぞれの事業を担当する部長から話を聞いたり。この時、常に重視したのは、各事業の「現状」「課題」「今後どうしたいのか」を押さえることです。


渡邉美樹

現状の力を発揮するだけでは、そこに成長はありません。また人生は有限であり、ひょっとしたら明日は来ないかもしれません。毎日を悔いなく生ききるためには、プラス20%の無理が必要な締め切り設定でちょうどいいのです。


角田秋生

公文ではペン習字や書き方教室「公文書写教室」を開講しています。既に生徒数は7万人ほどになり、多くの大人の方も受講しています。考え方は公文式と基本的に同じです。まず、適切な課題を与える。それをやったことを認める。褒める。大人に対しておこがましいですが、やっぱり褒めることが大事なんです。そして忘れてはならないのが「励ます」です。いい意味でエールを送る。結果的に、いままでなかったような学びの意欲や向上心が芽生えるのです。


榎本まみ

お客からひどい言い方をされても、それを4コマ漫画にしてブログにアップしました。すると、読者の方からなぐさめてもらうようになり、気が楽に。また、何を言われても「漫画のネタになる!」と思えるように思えるようになりました。