名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

鴻上尚史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鴻上尚史のプロフィール

鴻上尚史、こうかみ(こうがみ)・しょうじ。日本の劇作家・演出家、映画監督、俳優。劇団「第三舞台」主宰。愛媛県出身。早稲田大学法学部在学中、同校演劇研究会に所属し、劇団「第三舞台」を結成。同劇団を人気劇団へ成長させた。『スナフキンの手紙』で岸田國士戯曲賞。文化庁の芸術家在外派遣研修制度でロンドンに1年間留学して俳優教育法を学ぶ。映画・舞台の俳優、ラジオパーソナリティ、コラムニストなどとしても活躍した。

鴻上尚史の名言 一覧

役者に「もっと元気よく」と伝えるときでも、相手によって一番効果的な言い方は違います。そして、役者一人一人に最適な言い方ができるのが、一流の演出家なんです。これは有能な上司にもいえることだと思います。


できない人って、いつも何か思い悩んでいますよね。考えるときは考える、考えないときは考えない。そこをきっちり分ける。大事なのはそこじゃないでしょうか。


劇団の役者たちも、自分という慣れた演出家とずっとやっていたら、演出家の言葉に反応する力がどんどん弱まっていく。それで、「10年間みんなで一人旅に出よう」と決めたんです。
【覚書き|劇団「第三舞台」を10年活動休止した理由について語った言葉】


劇団員とは20年以上も一緒にやってきたので、「一を言えば十をわかってくれる関係」なわけですよ。だからすごく楽なんだけど、このままそれに甘んじていたら、「演出家としての言葉」が痩せ細ってしまうと感じたんです。
【覚書き|劇団「第三舞台」を10年活動休止した理由について語った言葉】


面と向かって人とぶつかり合えば、当然、相手の言葉で傷つくこともあるし、つらい思いをすることもある。でも、自分が変化できたり、成長できたりする言葉をもらえることだってあるんです。逆に、内にこもっていたら、傷つくこともできないけど、自分自身が成長することもない。それはもったいないなあ、損だなぁと思います。


日本の若者の表面に出てくるパワーは、明らかに落ちていますね。でも、総体的なパワーの量は、いまも昔も大して変わっていない。ただ、そのパワーを人とぶつけ合う方に向けるのか、それとも自分の内に向けるのかというときに、内に向ける割合が大きくなっている気がするんです。


仕事で一流になれる人と、二流で終わる人の違いはスイッチの切り替えじゃないですか。日本の労働環境は過酷です。電車が定時にちゃんと来る国なんて、日本ぐらいですよ。消費者としてはすごく快適だけど、働く側としてはとても大変です。だから、オンとオフの切り替えをちゃんとしていかないと、心身がもたない。


鴻上尚史の経歴・略歴

鴻上尚史、こうかみ(こうがみ)・しょうじ。日本の劇作家・演出家、映画監督、俳優。劇団「第三舞台」主宰。愛媛県出身。早稲田大学法学部在学中、同校演劇研究会に所属し、劇団「第三舞台」を結成。同劇団を人気劇団へ成長させた。『スナフキンの手紙』で岸田國士戯曲賞。文化庁の芸術家在外派遣研修制度でロンドンに1年間留学して俳優教育法を学ぶ。映画・舞台の俳優、ラジオパーソナリティ、コラムニストなどとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

御手洗冨士夫

キヤノンにとって最も大切なことは雇用の維持・確保。常に社員が活躍できる道を準備し、雇用を守り、人間尊重、雇用尊重の経営を続けていきたい。


スティーブ・ジョブズ

前進し続けられたのは、自分がやることを愛していたから。自分が愛せるものを見つけなければならない。


鏡リュウジ

企業のトップのなかには、経営判断を占い師に相談する人もいると聞きます。その真偽はともかく、じつは仕事と占いは、無関係というわけではないのです。仕事の方針を占いで決める、などということはちょっとヘンなことです。合理的に判断できることなら、合理的に解決すればいい。でも仕事では、合理的に処理できない理不尽なこともしばしば起こるもの。それをどう捉え、いかに解釈するかという点で、占いは非常に有効なのです。なにしろ占いは、二千年に及ぶ蓄積からの知恵とでもいうべきものですから、そこにはいろんなヒントが詰まっているのです。


前村哲路

ダイエー、マイカル、長崎屋、そのほか各社の失敗の原因は全国展開にあるというのが私の仮説です。ユニーは中京圏を軸とし、1府19県以上には広げません。経営者の目が届く、身の丈に合った経営の方が利益を稼げます。そのかわり、他の地域では他社と組むことで利益を取り込みます。


福井泰代

もともと私は趣味でいろいろな発明をしていたのですが、ヒットするとすぐ類似のものが出て来て真似される。だからそれを前提に考えて、どうすれば類似商品が出て来てもスタンダードになれるかを考えました。


戸塚隆将

準備をし、率先して上司に報告にいけば、ポイントを整理し論理立てて伝えられる。後で報告しようと準備はしていても、不意に上司に呼ばれて、説明を求められることもある。また、用意がないままエレベーターでばったり会って状況を聞かれれば、慌てて、しどろもどろになってしまうはず。自分のペースで喋れるような態勢を事前に準備し、自ら行うことが大切。


稲盛和夫

経営に関する数字は、すべてがいかなる操作も加えられない経営の実態を表す唯一の真実を示すものでなければならない。


真田幸村(真田信繁)

いったん約束を結んだことの責任は重いと存じます。日本国中の半分を賜るとしても、気持ちを変えることはできません。
【覚書き:徳川家康にスカウトされ、信濃一国を与えるので部下になれと言われた時の言葉。】


澤田秀雄

ハウステンボスを引き受ける前に5カ月かけて調査しました。数字はもちろん、現場に行っていろいろ調べていった結果、重病ですが、手術すればなんとか生き返ると判断しました。


鈴木茂晴

政府の社会保障財源は厳しい状況で、満ち足りた老後を年金だけで生活することは無理というのが現実。リタイア後にバラ色の生活を望むのであれば、バラの部分は自分でつくることが必要な時代。


平野岳史

けん引役である企業のトップが元気のない顔で社員の前に出ることは許されません。伸びている会社で社長がしょんぼり下を向いているなんて、あり得ないでしょう。戦国時代だって、大将が「さあ、いくぞ」とやる気いっぱいでなければ、戦に勝てなかったはずです。さらに、この役割意識にもうひとつ付け加えるとすれば、周囲の期待に応えたいという気持ちでしょうか。


宮﨑大輔(宮崎大輔)

僕の持ち味はスピードなんで、スピードに磨きをかけていきたい。スピードを磨くにはスピード練習しかない。