名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鴻上尚史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鴻上尚史のプロフィール

鴻上尚史、こうかみ(こうがみ)・しょうじ。日本の劇作家・演出家、映画監督、俳優。劇団「第三舞台」主宰。愛媛県出身。早稲田大学法学部在学中、同校演劇研究会に所属し、劇団「第三舞台」を結成。同劇団を人気劇団へ成長させた。『スナフキンの手紙』で岸田國士戯曲賞。文化庁の芸術家在外派遣研修制度でロンドンに1年間留学して俳優教育法を学ぶ。映画・舞台の俳優、ラジオパーソナリティ、コラムニストなどとしても活躍した。

鴻上尚史の名言 一覧

役者に「もっと元気よく」と伝えるときでも、相手によって一番効果的な言い方は違います。そして、役者一人一人に最適な言い方ができるのが、一流の演出家なんです。これは有能な上司にもいえることだと思います。


できない人って、いつも何か思い悩んでいますよね。考えるときは考える、考えないときは考えない。そこをきっちり分ける。大事なのはそこじゃないでしょうか。


劇団の役者たちも、自分という慣れた演出家とずっとやっていたら、演出家の言葉に反応する力がどんどん弱まっていく。それで、「10年間みんなで一人旅に出よう」と決めたんです。
【覚書き|劇団「第三舞台」を10年活動休止した理由について語った言葉】


劇団員とは20年以上も一緒にやってきたので、「一を言えば十をわかってくれる関係」なわけですよ。だからすごく楽なんだけど、このままそれに甘んじていたら、「演出家としての言葉」が痩せ細ってしまうと感じたんです。
【覚書き|劇団「第三舞台」を10年活動休止した理由について語った言葉】


面と向かって人とぶつかり合えば、当然、相手の言葉で傷つくこともあるし、つらい思いをすることもある。でも、自分が変化できたり、成長できたりする言葉をもらえることだってあるんです。逆に、内にこもっていたら、傷つくこともできないけど、自分自身が成長することもない。それはもったいないなあ、損だなぁと思います。


日本の若者の表面に出てくるパワーは、明らかに落ちていますね。でも、総体的なパワーの量は、いまも昔も大して変わっていない。ただ、そのパワーを人とぶつけ合う方に向けるのか、それとも自分の内に向けるのかというときに、内に向ける割合が大きくなっている気がするんです。


仕事で一流になれる人と、二流で終わる人の違いはスイッチの切り替えじゃないですか。日本の労働環境は過酷です。電車が定時にちゃんと来る国なんて、日本ぐらいですよ。消費者としてはすごく快適だけど、働く側としてはとても大変です。だから、オンとオフの切り替えをちゃんとしていかないと、心身がもたない。


鴻上尚史の経歴・略歴

鴻上尚史、こうかみ(こうがみ)・しょうじ。日本の劇作家・演出家、映画監督、俳優。劇団「第三舞台」主宰。愛媛県出身。早稲田大学法学部在学中、同校演劇研究会に所属し、劇団「第三舞台」を結成。同劇団を人気劇団へ成長させた。『スナフキンの手紙』で岸田國士戯曲賞。文化庁の芸術家在外派遣研修制度でロンドンに1年間留学して俳優教育法を学ぶ。映画・舞台の俳優、ラジオパーソナリティ、コラムニストなどとしても活躍した。

他の記事も読んでみる

古森重隆

厳しい経済環境の中、経営努力をしていかないと、会社の経営を安定した成長軌道に乗せることはできません。


橋本聖子

誰かが最初にやるから前例となるし、道もできる。非難されるからといって何もやらなかったら自分は向上しない。
【覚書き:政治家になった時の発言】


安斎隆

トラブル発生を恐れて組織を締め付けるのではなく、発生後にいかに適切に対応するかが肝心。


松岡修造

引退した時、次に何を目標に過ごせばいいか僕も迷いました。最初の1~2年はあらゆることにチャレンジしました。何もかもが初めての経験で、思うような出演の仕方ができず悩んだこともありましたが、自分を知るうえでは大事な期間でした。


井出健義

リーマンショック後、純輸入車市場が25万台前後から16万台まで落ち込みました。そのとき、ヤナセの経営の方向性をはっきり決めようということで、初めて中長期ビジョンをつくったんです。それが「顧客目線の原点に戻り、魅力ある全天候型持続・成長可能企業になる」という言葉です。


大川豊

世間や会社からはみ出したって、別に死ぬわけじゃない。明るく楽しく生きていこうぜ!


藤田晋

「走りながら考える」手法が機能しない場合もあります。形がある程度出来上がった「黎明期を終えた市場」の場合、闇雲に走り始めても、他社に見劣りするだけで勝つことはできません。例えば、ソーシャルゲームの市場は、アイデア次第で一攫千金が狙えた黎明期は過ぎています。今この市場に新たに参入しても、勝つことは容易ではありません。


鍵山秀三郎

私は夢を実現するために、日常の些細なことを大切にしながら、薄氷を踏む思いで歩いてきました。一歩でも踏み外せば、絶望と破滅に陥る状況の連続でしたが、夢はひとつひとつ叶えられてきたのです。


本多均

創業時から今も心がけているのは、会社を楽しくすること。社員の幸せを最優先して、社員の能力と意欲を高める手助けをする。これが会社に好循環を生む秘訣だと思っています。


佐々木常夫

部下にもいろいろなタイプがいる。何も言わなくてもどんどん仕事をする人もいれば、性格的にひねくれた人もいる。どうしてもウマが合わないタイプもいるだろう。だがどんな部下でも、一人ひとりが貴重な戦力である。


川村隆

日本の中にいると、自分たちが世界レベルに届いていないということが、実感としてわきにくいんですね。業績が良くなっているように見えているけれども、自分と比べているだけじゃないか、と。過去と現在を比べて、くすぐられているだけなのです。


鹿田尚樹

『効果10倍の教える技術(吉田新一著)』によると、ものごとを整理するのに効果的な方法を実験で検証したところ、「見る」だけでは理解度が15%だったのに対し、「人に教える」ようにすると理解度は90%にまで高まったといいます。内容を整理しそれを人に伝えることは、ものごとの理解を飛躍的に高めるのです。