名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鴨居達哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鴨居達哉のプロフィール

鴨居達哉、かもい・たつや。日本の経営者。「マーサージャパン」社長。長野県出身。上智大学外国語学部卒業後、セイコーエプソン、プライスウォーターハウスクーパース取締役、米国IBM、日本IBM常務などを経てマーサージャパンに入社。同社社長を務めた。

鴨居達哉の名言 一覧

育成で最も重要なのは、背伸びしてようやく目標を達成できるような経験をさせること。そうした経験の場を提供することが、経営陣には求められます。


専門性が高いと、「その分野で生きていこう」と視野を狭めることにつながりやすい。


人事制度は、企業の歴史とともに作られるものなので、従業員にも慣れがありますM&Aの後に人事の仕組みを一本化することは非常に難しく、工夫が求められますね。


鴨居達哉の経歴・略歴

鴨居達哉、かもい・たつや。日本の経営者。「マーサージャパン」社長。長野県出身。上智大学外国語学部卒業後、セイコーエプソン、プライスウォーターハウスクーパース取締役、米国IBM、日本IBM常務などを経てマーサージャパンに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

猫ひろし

僕は朝や夜のほか、舞台や営業があると、少し遠いくらいなら、リュックサックを背負って、走って移動することも多いんですよ。途中で道がわからなくなると、交番に入ったりして聞くんですけど、「走っていく」というと、みんなビックリ! でも、そうでもしないと、1日30キロという距離を稼げませんから。


板倉雄一郎

我々ベンチャーキャピタルの目的は、お金を増やすこと。うちのファンドの出資者の方は、出資したお金が何倍にもなって帰ってきてほしいわけです。その代表である私にとっては、投資したベンチャー企業が成長し、価値が増大して出資した額が増えるということが望ましい。だから同じように投資対象の会社もお金が欲しいと言ってくれるのが一番いいわけです。これは経営者として最低限必要な条件ですね。


太田垣士郎

四分の危険があっても、六分の可能性があれば私はやる。


豊島逸夫

個人投資家としても心の準備だけは怠らぬようにしたい。メディアに日本株暴落の見出しが躍れば、プロだって不安感に襲われるものだ。しかし、空売りは必ず買い戻される。目論見通り下がれば、利益確定の買いに走り、上昇相場を切り崩せないならば、早々と見切って損切りの買い戻しに入る。そこまで読んで、ばたつかぬことだ。


古森重隆

大きなうねりについては、歴史の動き方を知ることで大局観が磨かれる。


大嶋利佳

話し方を磨く目的は、「話し手の格を上げる」ことです。品格のある人は、目下の相手にも丁寧な言葉で接するものです。つまり、ポジションや力関係に関わらず、常に適切な言葉を選べることが、レベル高い大人であることの証明なのです。


小山昇

会議は数字の報告にほとんどの時間が費やされます。このスタイルで会議をやるのは、数字はそれだけで言葉だからです。


白石達

私は、自分の考えを主張しない人間より、しっかりと主張する人間の方が成長すると思っています。だから、現場で部下に指示する立場になったときは、大きな方針だけ出して、小さな方針については下から上がってくる案をやらせる形をとるなど、主張させる場を必ず設けました。


山梨広一

マッキンゼーに入社して3年目くらいのとき、ある先輩から「山梨さんは議論するときに条件とか否定から入るよね」と言われてハッとしたことがあります。それまで日本の事業会社で社内の企画部門の仕事をしており、内部調整のためにこの条件が整っていないとできないとか、余計なリスクはとらない癖がついていたのでしょう。しかし、そんな堅実な提案ばかりを心がけていては、社外に向けての提案で長期的にビジネスを成功に導くことは難しいのです。


中村信仁

商談でのプレゼンテーションは長くても5分が限度でしょう。30分も延々と商品説明を聞かされるなんて、お客様にしてみれば苦痛以外の何ものでもありません。商品の基本性能や特性は、パンフレットやカタログを読めばわかることです。売れる営業をめざすなら、パンフレットには書けない、もっと立体的な話をしなくてはなりません。立体的な話とは、この商品を購入したらどんな効果が得られるのか、「お客様にとってのメリット」を感じさせる話のことです。


新田信行

我々を必要としてくれる人達のために頑張るしか、おそらく道筋はない。かっこよく言うと「組織価値」を高めるためにどうしたらいいのかを考えるということ。


吉田たかよし

企画立案や営業戦略を練るなどのクリエイティブな仕事は午前中に。午後は外回りで人と会ったり、メールの返事や情報収集、身の回りの書類整理など、頭を使わないルーティーンや雑務に充てるべき。