名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鳥居祐一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鳥居祐一のプロフィール

鳥居祐一、とりい・ゆういち。日本のコンサルタント。神奈川県出身。青山学院大学経済学部卒業、カルフォルニア大学アーバイン校留学。日系経済機関を経て独立。サクセスカレッジを主宰。

鳥居祐一の名言 一覧

多くの人はすぐに儲けたいと考え、待つことができない。でも、億万長者は、目先の利益にとらわれず、後で大きな果実を得られることが多い。


億万長者がとくにお金を惜しまないのは人脈づくり。人助けには出費を惜しみませんし、高級住宅街に住むのも、資産家人脈をつなぐため。人脈=金脈とよくわかっているんですね。


性格を急に変えるのは難しいことですが、日々の行動や意識付けで十分変えられます。


高級ホテルに集まる一流の人たちの身だしなみを真似るだけでも意識が変わります。アメリカには「Fake it till you make it」ということわざがあります。直訳すると「成るまで偽れ」。成功者のように振る舞うことで成功に導かれるのです。


私がいままで出会った億万長者は、キレたり、語気を強めたりする人がほとんどいなかった。感情がしっかりコントロールできているのでしょうね。だから、ビジネスでも冷静な判断が下せるのでしょう。


驚いたのは、割引クーポンを抵抗なく使うお金持ちが少なくないこと。「見栄なんて関係ない。ムダ銭は1円も払わない」という思考が徹底しているんですね。安いだけで不要なものを買うことは皆無です。


日々の買い物は絶好のトレーニングの場。「この商品は、これだけの額を払うだけの価値があるのか」と自分に問い続けると、お金持ちが例外なく持っている「物事をシビアに見る目」が養われる。


アメリカで出会った億万長者たちは、何かわからないことがあると、二回りも年下の私に「ぜひ教えてくれないか」と教えを乞うてきた。そうした謙虚さがあるから、何歳になっても向上できるのでしょう。


稼げる人と、稼げない人の違いは、ひと言で言えば「性格」ですね。たとえばせっかく優れたテクニックを学んでも、すぐ感情的になる性格では、投資しても我慢できませんし、協力者も寄ってきてくれません。結局、テクニックの前に、自分の性格を直さないとダメなんです。


5つ星ホテルや高級レストラン、グリーン車など、お金持ちが利用する場を体験するのもいい。高級レストランといっても一番安い料理でOKです。重要なのは上質な場を体験すること。「今後もまたこれるよう頑張ろう」という成功への原動力になります。


お金持ちから悪口や言い訳、愚痴などを聞いたことがありません。これらは、ねたみやひがみなどネガティブな感情をもたらすだけ。それを分かって意識的に言わないようにしているんです。逆に悪口やグチをやめれば、自然とポジティブな気持ちになれます。


ダイエットは性格改善に効果的。体型と行動には密接な関係がある。スリムになると、自分に自信がつき、堂々と振る舞えるようになります。そもそも体の健康は心の健康を大きく左右するもの。私自身もダイエットでそれを実感しています。


不満ばかり言っている人、人の成功を喜ばない人、新しい挑戦を無理だと言う人。こういう人と話していると、どんなに心が強い人でも、前向きな心を失う。たとえ長い付き合いだったとしても、思い切って離れるべき。


高級ホテルのラウンジなら、ちょっと高めのコーヒー代を払えば気楽に使えます。私も商談などで人と会うときは、高級ホテルのラウンジを利用します。上質な空間と時間が自分を大きくし、話し合いがスムーズに進みやすいからです。ホテルのブランドを自分の信用に置き換えて見てくれるので、結果、話がまとまりやすくなります。


効果が大きいのは、つきあう人を変えることですね。「お金の話ばかりしない」「明るくおおらか」「倹約家」。こうしたお金持ちの性質を備えた人と過ごす時間を増やせば、あなたの性格も自然と変わってくるものです。まずはセミナーや勉強会など社外の集まりに参加し、そういう人と接する機会を持つようにしましょう。


鳥居祐一の経歴・略歴

鳥居祐一、とりい・ゆういち。日本のコンサルタント。神奈川県出身。青山学院大学経済学部卒業、カルフォルニア大学アーバイン校留学。日系経済機関を経て独立。サクセスカレッジを主宰。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

僕も昔、50歳か60歳で辞めると言っていましたが、やはり辞められない。だったら中途半端じゃなくやれるところまでやろうかという気持ちです。パワーが続いている時は頑張って事業の発展のお手伝いができればいいと。


柳川範之

経済学や法学のような社会科学系の学問は、むしろ社会に出て実際に経済活動に参加することによって初めて理解できる面が多い。商売をしたことのない若者にとって、経済学や経営学は机上の空論に見えてしまう。だから暗記に走ってしまう。多くの卒業生が、実際に仕事を経験した後になって、あの科目をもっと勉強しておけばよかったと悔やむというのはよく聞く話だ。


松田丈志

自分は速いと思ったことはないんですよ。どの年代でもライバルがいて、県内でも勝てない子がいて、その壁を超えたと思ったら、次は九州大会で、全国大会で、世界大会でより速い人とぶつかる。逆に言うと、自分に圧倒的な強さがなかったからこそ、次の目標、その次の目標を立て、タイムが縮まること、世界ランキングが上がることを喜び、長く競技を続けていくことができたのかもしれません。


徐楽楽

小さな会社だからこそ、チームワークが大切。


津谷正明

当社は経営体制を刷新し、社長という仕事を経営戦略を担うCEO(最高経営責任者)と事業全般を担うCOO(最高執行責任者)に分けました。さらに会長が取締役会・株主総会議長を務めます。取締役会は国会みたいなもので、そこの議長は中立であるべきです。だから当社会長には代表権がありません。一方、私をはじめとする執行部はいわば内閣、監査が司法のような存在です。言い換えれば三権分立。チェック・アンド・バランスがよく機能する仕組みに変えました。


アウレリウス・アウグスティヌス

私たちが当然なすべきことをなすは称賛に値しない。なぜならば、それを行うことは私たちの義務だから。


糸井重里

「今、そんなことをしている場合じゃないんだよ」という考えはマイナスに働くと思っていて、古典でもアートでも映画でも何でもいいから、「感じる」時間を持つことも大切ではないでしょうか。ほぼ日では「ほぼ日の学校」というシェイクスピアや歌舞伎、万葉集といった古典を学ぶコンテンツを提供しています。僕が学び始めて思ったのは、偉人の哲学といった知が身につくと、生き方を考えるための武器になり、何時に他者への想像力を深めると思うんですよね。テクノロジーの話ばかりに視線を向けがちな今だからこそ、そうした人間の礎となる部分の大切さを忘れてはいけないと思う。時代がどう変わろうが、「人間って本来はこうだろう」みたいな。


安達一彦

企業は人。とくにIT系の会社は人に尽きる。


横山進一(経営者)

現状維持を望む人がいるんです。でも、明らかに日本の環境は変わったんです。保険会社を巡る環境も大きく変わりました。少子高齢化や規制緩和、外資の参入など競争が激化しました。まさに、思い切った変革を行わなければ生き残れない時代になったのです。


齋藤孝(教育学者)

私は仕事も勉強も、人生における「祝祭」だと考えています。新しい仲間と出会い、新しいアイデアを考え、新しいモノを生み出す。新しい意味が生まれる場所は、すべて祝祭の場となります。それを祝う心で、何事にも上機嫌で相対することができれば、いつしか小さい自分を乗り越えていくことができるはずです。


金川千尋

あふれる情報の中で、私が最も重視するのは営業マンが集めてくる需要家の生の声です。毎日の仕事もそれを起点に始まります。朝、私は出勤途中の車中から、アメリカにある子会社で世界最大の塩化ビニル樹脂メーカー、シンテック社の現地駐在幹部へ電話をかけます。アメリカにはこの人がこんなことをいうなら、市場のサインであると察知できるようなキーパーソン需要家が何人かいて、その言葉はまさに神の声です。それを毎日確認するのです。


藤本篤志

営業力を強化するために何より重要なのは、営業にまつわる幻想を捨て、現実を直視すること。凡人営業マンのパフォーマンス向上のため、具体的な対策を実行することです。とりわけ、スーパー営業マン待望論、スーパー営業マン育成論という幻想に取りつかれているマネジャーはいますぐ目覚めて欲しい。やり方次第で凡人でも十分な営業結果は出せる。営業センスがゼロでも営業はできる。