名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鳥居祐一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鳥居祐一のプロフィール

鳥居祐一、とりい・ゆういち。日本のコンサルタント。神奈川県出身。青山学院大学経済学部卒業、カルフォルニア大学アーバイン校留学。日系経済機関を経て独立。サクセスカレッジを主宰。

鳥居祐一の名言 一覧

多くの人はすぐに儲けたいと考え、待つことができない。でも、億万長者は、目先の利益にとらわれず、後で大きな果実を得られることが多い。


億万長者がとくにお金を惜しまないのは人脈づくり。人助けには出費を惜しみませんし、高級住宅街に住むのも、資産家人脈をつなぐため。人脈=金脈とよくわかっているんですね。


性格を急に変えるのは難しいことですが、日々の行動や意識付けで十分変えられます。


高級ホテルに集まる一流の人たちの身だしなみを真似るだけでも意識が変わります。アメリカには「Fake it till you make it」ということわざがあります。直訳すると「成るまで偽れ」。成功者のように振る舞うことで成功に導かれるのです。


私がいままで出会った億万長者は、キレたり、語気を強めたりする人がほとんどいなかった。感情がしっかりコントロールできているのでしょうね。だから、ビジネスでも冷静な判断が下せるのでしょう。


驚いたのは、割引クーポンを抵抗なく使うお金持ちが少なくないこと。「見栄なんて関係ない。ムダ銭は1円も払わない」という思考が徹底しているんですね。安いだけで不要なものを買うことは皆無です。


日々の買い物は絶好のトレーニングの場。「この商品は、これだけの額を払うだけの価値があるのか」と自分に問い続けると、お金持ちが例外なく持っている「物事をシビアに見る目」が養われる。


アメリカで出会った億万長者たちは、何かわからないことがあると、二回りも年下の私に「ぜひ教えてくれないか」と教えを乞うてきた。そうした謙虚さがあるから、何歳になっても向上できるのでしょう。


稼げる人と、稼げない人の違いは、ひと言で言えば「性格」ですね。たとえばせっかく優れたテクニックを学んでも、すぐ感情的になる性格では、投資しても我慢できませんし、協力者も寄ってきてくれません。結局、テクニックの前に、自分の性格を直さないとダメなんです。


5つ星ホテルや高級レストラン、グリーン車など、お金持ちが利用する場を体験するのもいい。高級レストランといっても一番安い料理でOKです。重要なのは上質な場を体験すること。「今後もまたこれるよう頑張ろう」という成功への原動力になります。


お金持ちから悪口や言い訳、愚痴などを聞いたことがありません。これらは、ねたみやひがみなどネガティブな感情をもたらすだけ。それを分かって意識的に言わないようにしているんです。逆に悪口やグチをやめれば、自然とポジティブな気持ちになれます。


ダイエットは性格改善に効果的。体型と行動には密接な関係がある。スリムになると、自分に自信がつき、堂々と振る舞えるようになります。そもそも体の健康は心の健康を大きく左右するもの。私自身もダイエットでそれを実感しています。


不満ばかり言っている人、人の成功を喜ばない人、新しい挑戦を無理だと言う人。こういう人と話していると、どんなに心が強い人でも、前向きな心を失う。たとえ長い付き合いだったとしても、思い切って離れるべき。


高級ホテルのラウンジなら、ちょっと高めのコーヒー代を払えば気楽に使えます。私も商談などで人と会うときは、高級ホテルのラウンジを利用します。上質な空間と時間が自分を大きくし、話し合いがスムーズに進みやすいからです。ホテルのブランドを自分の信用に置き換えて見てくれるので、結果、話がまとまりやすくなります。


効果が大きいのは、つきあう人を変えることですね。「お金の話ばかりしない」「明るくおおらか」「倹約家」。こうしたお金持ちの性質を備えた人と過ごす時間を増やせば、あなたの性格も自然と変わってくるものです。まずはセミナーや勉強会など社外の集まりに参加し、そういう人と接する機会を持つようにしましょう。


鳥居祐一の経歴・略歴

鳥居祐一、とりい・ゆういち。日本のコンサルタント。神奈川県出身。青山学院大学経済学部卒業、カルフォルニア大学アーバイン校留学。日系経済機関を経て独立。サクセスカレッジを主宰。

他の記事も読んでみる

安藤百福

事業のヒントは周りを見回せば、どこにでも転がっている。事業化できないアイデアは単なる思いつきにすぎない。本当のアイデアとは実用化されて、成功を保証するものである。どんなに優れた思いつきでも、時代が求めていなければ人の役に立つことはできない。


稲盛和夫

事業を成長させる出発点は、「何としても事業を成功させたい」という「強烈な願望を抱く」ことに尽きます。


中西勝則

無理をしないことと、何もしないことでは、まったく意味が違う。


武田國男

米国に進出した当時、武田は米国の製薬会社に収益性の点で大きく水をあけられていました。彼らの土俵である米国市場で戦うためには、差を埋めるだけでは十分ではありませんでした。収益性で逆転して優位に立つぐらいでないと。だから高付加価値化によって1円でも多く稼げる会社にしたいと思ったわけです。


橘木俊詔

統計や経済理論を使い分析すると、直感とは違った現実社会の別の顔が見える。


竹村富士徳

正月に1年の目標を立ててみたものの、三日坊主で終わった経験は誰しも身に覚えがあるでしょう。目標を立てただけで達成できるのは、一部の確固たる意志の持ち主のみで、投げ出す結果に終わるのが普通なのです。


松井道夫

息抜きで絵は描けません。いつもキャンバスの前で頭をかきむしっています。絵を描くのはストレスの溜まる行為。でも、だからこそおもしろい。
【覚書き|趣味の絵画について語った言葉。松井氏は高校生時代にプロを目指し創作に励んでいた】


宮内義彦

人材の多様化を積極的に進めてきたために、人材を多様化するうえで注意すべきことがわかってきました。ひとつは、せっかくの多様な人材を既存の仕事の枠にはめ込んでしまってはなんの意味もないということです。豊富な経験を積んだ熟年社員に対して、新入社員と同じような業務研修を行い、自社の色に染めようとするのは時間の無駄です。それよりも彼ら自身の色をオリックスでどのように生かすかを考えてもらう一方で、会社側はそれぞれの色を実現しやすい役割分担や職場環境作りをした方が有意義だということです。


萩元晴彦

仕事に「クリエーティブな仕事」と「クリエーティブでない仕事」があるわけではない。仕事をクリエーティブにこなす人間と、そうでない人間がいるだけだ。


ジェイソン・ダーキー

私なりに重要だと思うのはコミュニケーションの「OS」を変える必要があるのではないかということです。日本には空気を読んで行動するウェットな文化がOSとなっていますが、この上にいくら新しいソフトを入れても変わりません。一方で、日本に住むと快適なのも事実であり、それはウェットな文化だからです。ですから良い部分をなくすのではなく、ドライな文化を少なくとも9時から5時までの就業時間は採り入れる切り分けが必要なのではないでしょうか。


臼井由妃

自己紹介は「普段のビジネスシーン」「異業種交流会」「プライベート」といった3つほどのパターンを想定して、日ごろから練習しておくとよいでしょう。慣れてきたら、季節の話題やニュースを採りいれると内容にもより幅が出てきます。たとえば、天気の話題は誰とでも共有できて便利ですが、天気の話題に自分のキャラクターを重ねるひと言を添えると、自然に素顔を垣間見せることができて、相手も親近感を持ってくれるはずです。


滝野一征

考え方が変わったのは、創業2年目に一人のエンジニアを辞めさせた時ですね。すごく辛かったですが、次の日から会社の空気がガラッと変わりました。もしあそこで私が決断できなかったら、MUJINはまずい方向に進んでいた可能性があります。この一件で決断する大切さを学びました。