名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

鳥塚亮の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鳥塚亮のプロフィール

鳥塚亮、とりづか・あきら。日本の経営者。「いすみ鉄道」社長。東京出身。明治大学商学部卒業。学習塾職員、大韓航空、ブリティッシュ・エアウェイズなどを経て「いすみ鉄道」社長に就任。著書に『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』『ローカル線で地域を元気にする方法』。

鳥塚亮の名言 一覧

訓練費用700万円を自己負担してもらう形で運転士を募集しました。実際に初年度から6名の応募がありました。自己負担でも応募があったのは、鉄道ファンの究極の夢は「運転士になること」だからです。私自身がそうでした。


新潟長野間を走っていた国鉄時代の一番古いディーゼルカー「キハ52」が引退すると聞きつけ、JRから3000万円で買い取りました。これはマニアなら目がない旧型車両。乗車率アップに一役買ってくれています。


「地元の足を守る」という考え方だけではダメ。ローカル線に魅力を感じる都会の人たちを呼び込み、地域にお金を落としていってもらわなければならない。


私がしたのは、お客様に喜んでいただけるように、サービスをフレキシブルに変えたり、物販をしたり、イベントを企画したり、ということです。これは、商店街の人たちやスーパーマーケットなど、世の中で商売をしている人ならみんなやっていること。つまり、「安全に走らせてさえいればいい」という旧国鉄の体質を、民間企業の体質に変えたのです。


ブリティッシュ・エアウェイズを辞めるときは、「バカだな」とも言われましたし、「(いすみ鉄道)社長の任期は1期2年なのだから、休職すればいいじゃないか」とも言われました。でも、退路は断つべきだと考えました。


本格的に鉄道オタクになったのは小学4年生のときです。お小遣いで時刻表を購入し、ボロボロになるまで持ち歩いていました。東京鹿児島間の駅名なら全部言えましたよ。鉄道が大好きで新卒時は国鉄に入りたかったのに、採用枠がなく、諦めました。しかし「いすみ鉄道」社長に就任し念願の職につけた上、廃線も免れ、望外の喜びです。


鳥塚亮の経歴・略歴

鳥塚亮、とりづか・あきら。日本の経営者。「いすみ鉄道」社長。東京出身。明治大学商学部卒業。学習塾職員、大韓航空、ブリティッシュ・エアウェイズなどを経て「いすみ鉄道」社長に就任。著書に『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』『ローカル線で地域を元気にする方法』。

他の記事も読んでみる

岸田一郎

価値のある媒体に、読者やクライアントは集まります。同じように、価値のある仕事をしていれば、自然と多くの人が集まるのではないでしょうか。


白潟敏朗

お客さんは、売り手が気づかない意外なところを評価することもある。


高橋フミアキ

読みたいと思わせる文章は、最初の「つかみ」が9割。そこで十分に工夫し、シンプルな文章を心がければ、最後まで読んでもらえるでしょう。


奥田碩

上手くやろうとすればするほど、準備に時間がかかり、機会損失は拡大する。下手でもいいからやってみて、上手くいかないところは、その都度、直していく方がずっと効率的です。


山本良介

思考が成長したからこそ、今も第一線で戦える。


高岡壮一郎

目標を決めた以上は、逆算してやるべきことを最短スピードで実行しようと思い、優秀な仲間を誘って、1年後には当社の設立までこぎつけました。
【覚書き|起業した当時を振り返っての発言】


秋元康

今の大衆が何を求めているのかと聞かれても、正直全く分かりません。ただ、「見たことのないものを見たい」という心理はいつの時代も同じだと思います。


井上武(経営者)

私は3つの信条を大切にしています。ひとつ目は「与えられた道がベストだと思うこと」、ふたつ目は「経営理念を明確に」、3つ目は「ピンチはチャンス」です。


齊藤多可志

人に何を言われても、「絶対にお客様のためになる」と確信できるなら突き進めばいい。常に自分が最高だと思えるものを提供していく努力を続ければ、結果で証明できるもの。


赤羽雄二

書類・資料作成のスピードアップの基本は、締め切り直前にやることです。誰でも経験があると思いますが、明日が締め切りの仕事と時間的に十分な余裕がある仕事では、はかどり方がまるで違います。人は締め切り前には、普段の数倍の効率で仕事が処理できるので、それを意識して利用します。ただし、ただ締め切り直前に取り組むのでは、単なるやっつけ仕事になってしまいます。質の高いアウトプットを上げるには、準備が大切です。事前に書類・資料作成に必要な下準備は済ませて、締め切り直前には一気呵成に仕上げるというやり方が効果的です。


小笹芳央

与えられた仕事でも全力で取り組み続けていくと、周囲の信頼が積み上がっていく。信頼はより大きな仕事を差配する自由につながる。


マルタン・プロヴォ

私は以前から「創作の謎」に関心を寄せていました。作家になろうがなるまいが、書く行為は誰にとっても非常に重要な意味をもつ。自分が置かれた現状を乗り越えていくための手立てになりうると信じているわけですね。