名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

鳥井信宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鳥井信宏のプロフィール

鳥井信宏、とりい・のぶひろ。日本の経営者。「サントリー食品インターナショナル」社長。大阪出身。慶應義塾大学経済学部卒業、米国ブランダイス大学国際経済・金融学修士課程修了。日本興業銀行(のちのみずほフィナンシャルグループ)を経てサントリーに入社。海外開発事業部長、大阪支店長、営業統括本部長、ビール事業部プレミアム戦略部長、取締役、サントリーホールディングス執行役員、常務、専務などを経てサントリー食品インターナショナル社長に就任。

鳥井信宏の名言 一覧

新商品は「千三つ」と言われます。千回挑戦して成功は3回という確率ですから、失敗を恐れずに挑戦すべきだ。


これまでのやり方では、ある程度のところで終わってしまう。もっと上のレベルに行くためには、組織を含めてより強化していかなければいけない。


良いところも悪いところも含めて、私のビジネスの下地は全部、日本興業銀行で作られています。銀行員を経験したお陰で、バランスシートというものの考え方を学ばせていただいたと思います。


「やってみなはれ」とは、成功するまでずっとやり続けるということではなくて、たとえうまくいかずに失敗しても、自ら責任を取って、しっかり仕事に取り組むということ。


これからの課題は、仕組み作りだと思います。今までは、私がハンズオンでやってきたところもありますが、これからはもう少し仕組みで仕事をやっていかなければいけない。


上場であれ、非上場であれ、我々の使命は、お客様が欲しいと思う商品をお届けすること。そうすれば、結果としてシェアも上がり、利益も増え、投資家の皆さんのご期待にお応えすることになるはず。


鳥井信宏の経歴・略歴

鳥井信宏、とりい・のぶひろ。日本の経営者。「サントリー食品インターナショナル」社長。大阪出身。慶應義塾大学経済学部卒業、米国ブランダイス大学国際経済・金融学修士課程修了。日本興業銀行(のちのみずほフィナンシャルグループ)を経てサントリーに入社。海外開発事業部長、大阪支店長、営業統括本部長、ビール事業部プレミアム戦略部長、取締役、サントリーホールディングス執行役員、常務、専務などを経てサントリー食品インターナショナル社長に就任。

他の記事も読んでみる

陰山英男

「しんどい仕事をしなさい」と言うと、何だか根性論のように思うかもしれませんが、そうではないのです。私も30代のときは、学校の中の「しんどい仕事」を全部引き受けました。そうすることで、その仕事がしんどい理由や、意外に効率化できることに気づき、合理化、効率化に特に注力することになりました。集中力を高める自分自身のトレーニングにもなったのです。


兒玉義則

入社後、アドバイザーとして店舗に配属されました。本当に貴重な経験でした。お客様とお話をすることで、お客様がどんな点を気にされ、何に不安を抱かれるのかを直接知ることができます。どんな説明がわかりやすいのか、何を明確にすればご納得いただけるのかも学びました。


大坪英夫

改革はまず旗を揚げることから。そして、到達地点を確認し、その先にまた旗を揚げる。この繰り返しです。振り返ってなどいられません。


藤原和博

歳をとるほどに「生き生きと輝く人」と「覇気を失っていく人」の差は、自分で自分の人生をプロデュースできているかどうか。人生を主体的に生きられるかどうかで大きな違いが生まれる。


武井俊文

企業に限らず、日本の組織は従来なら考えられなかったような不手際を何度も起こしています。個々人がルールを守るという当たり前のところから、仕事のやり方を考えてみる必要があるのかもしれません。


吉田秀雄

自信を持て。自信がないから君の仕事には迫力も粘りもない。そして厚味すらがない。


阿部祐二

ちょっとだけ早起きすることはお勧めします。15分早く起きるだけで、予想以上にたくさんのことができます。


山口真導

節税対策として投資に資金を振り分ける場合、一つ注意が必要なのは、モノではなくコトに対して支出することです。例えば、広告を普段使ったことのない媒体に出してみるとか、研修旅行に行ってスキルアップと親睦を深めるというようなことです。投資として、モノを購入することも否定はしませんが、それが固定資産になる場合、節税効果は限定的です。モノはあくまでも必要な分だけ購入するようにしましょう。


ゲーリー・ベッカー

良いリーダーのそばで学ぶことが、リーダーシップの一番の勉強になります。


柴山和久

私はこれまでに様々な対象にお金を使って、自己投資をしてきました。その中で、「生まれ変わってもまたお金を使う」と決めている自己投資は1つだけ。それは財務省時代のMBA留学中に没頭した読書です。とはいっても、「MBAを取得するために本を読んで勉強した」という話ではありません。読んだのは哲学や文学の本で、日本語で書かれた岩波新書や、英「ペンギンブックス」シリーズを買い求めました。MBA取得のための授業は、留学1年目で一通り終えていたこともあって、ある程度時間を自由に使える2年目のほぼ1年間すべてを読書に費やせたのです。振り返れば日本の財務省で働いている時からずっと、「何のために働いているのか」「自分は社会の中で、どんな存在か」という問いを心の底に抱えていました。「昔の人はどう考えていたのかを知りたい」と思い、本に手を伸ばしたのです。哲学や文学の本をひたすら読みながら、人生や社会との関係を考え続けた1年間でしたね。1年間の読書漬けは超ハード。文字通り寝食を忘れて没頭していたので、「読書」という穏やかなイメージからは程遠かった。ひたすら読み続けた結果、体重は5キロも減りましたから(笑)。


江上剛

提案した時、1回否定されても、何度も再提案する。プライベートな場でも蒸し返す(笑)。すると根負けするし「熱いヤツだ」と認めてもらえる。


アルバート・アインシュタイン

人は海のようなものである。あるときは穏やかで友好的。あるときはしけて、悪意に満ちている。ここで知っておかなければならないのは、人間もほとんどが水で構成されているということです。