鯵坂司郎の名言

鯵坂司郎のプロフィール

鯵坂司郎、あじさか・しろう。日本の経営者。「タムロン」社長。鹿児島県出身。立命館大学経済学部卒業後、タムロンに入社。16年間ドイツに駐在、タムロンヨーロッパ社長、タムロン執行役員海外写真事業本部長、上席執行役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

鯵坂司郎の名言 一覧

明るく楽しく前向きに働かないと、成果は出ない。


営業こそが顧客の需要を吸い上げる存在でないといけない。


ドイツ販社時代、競合他社は廉価商品を投入しましたが、値下げではなく高級雑誌に広告を打って対抗しました。レンズにこだわる消費者が安売りを求めていると思えなかったからです。その後、販社は赤字から脱却。いまでも欧州は当社が高いシェアを持つ地域です。


鯵坂司郎の経歴・略歴

鯵坂司郎、あじさか・しろう。日本の経営者。「タムロン」社長。鹿児島県出身。立命館大学経済学部卒業後、タムロンに入社。16年間ドイツに駐在、タムロンヨーロッパ社長、タムロン執行役員海外写真事業本部長、上席執行役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

横田雅俊

営業マンの中には「相手が腕を組んだら拒絶サイン」などと、しぐさから感情を読み取ろうとする人がいます。しかし目や手の「動き」に注目するほうが効果的です。しぐさはその人の癖と見分けにくく、必ずしも内心を表しているとは限りませんが、面談中に何かに触れたり視線を宙に投げたりする「変化」は、感情の動きを表すからです。手の動作に「急にメモを取り出す」「片手でもう一方の手をつかむ」「資料に触る」といった変化があれば、何かしらその原因があるはずです。その原因こそが相手の本音に直結します。


宋文洲

生え抜き経営者もよく変化の必要性や改革を叫ぶ。しかし、30年も同じ企業文化の中にいた人が想定している変化はたかが知れている。30年も漬け込まれた漬け物が、いきなり斬新な味に変われるわけがないのと同じだ。


田原総一朗

問題は子供を理系嫌いにさせる教育システムにある。日本の教育システムには融通の利かなさがあって、柔軟な発想を潰してしまう。そこを変えないとSTEM(科学・技術・工学・数学)を面白いと感じる子供は増えないんじゃないかな。


小泉光臣

海外も含め、たくさんの工場がありますから、一カ所にせいぜい年に2回も行ければ御の字です。でもまったく見てない場合と1回でも2回でも見た場合とでは、大きな差があります。1回訪ねたくらいで偉そうにと思われるかもしれませんが、「それでも俺は見たいんだ」と正直に社員に宣言しています。


相田雪雄

野村証券に呼び戻されて名誉会長に就任した年に、社内運動会を廃止しました。それまでは毎年10月10日に社有のグラウンドで社員と家族を集めて盛大に開いていたのですが、もう、わざわざ休日に社員を集めて士気を鼓舞するような時代ではないと考えたからです。


高田明(ジャパネットたかた)

今を一生懸命生き続ければ、課題が見えてくる。それを一歩一歩乗り越えていく。そこに人生がある。


宗雪雅幸

我々のようにグローバルに投資する場合には一件で100億、200億すぐかかる。その意味では人間を含めた投資設備型の産業です。企業は成長と安定が大切です。そのためには次に必要なものが何かを常に考え、投資する必要がある。


蜷川幸雄

帝国劇場で「ハムレット」を演出したときは、朝日新聞に酷評された。批判されることは問題ないけど、論拠がおかしかったんだ。そのくせつまらない作品はほめてるし。そこで僕は「ニナガワ新聞」という反論を書いた新聞を発行して劇場ロビーに貼ったんだ。朝日数百万部VS壁新聞1部のケンカだよ。不当な権威には抗う。そんな態度が一貫してある。


岡野雅行(サッカー選手)

私の周りにはいわゆる「サッカーの天才」が山ほどいました。それに対して私は天才とはほど遠い人間。総合力ではどう頑張っても勝てません。でも、「足の速さ」だけは勝てるのではないかと考えた。それも、勝負時に裏に抜け出すスピードだけは負けたくないと、そればかりをひたすら研究した。その結果、この領域では世界トップクラスの選手にも決して負けませんでした。だからこそ長年、プロの世界でやっていけた。


貞末良雄

私がやることをお客様が尊敬してくださり、「そこまでやるのか」と驚異の眼差しで見てくださるようになれば、お客様がお客様を呼び、結果として売上げが伸びる。しかも、下請けをいじめるといった、商人として恥ずかしいことはしない。あくまで正しいことをやる。それが、メーカーズシャッ鎌倉の原点です。


岩谷直治

事業は三代かかって完成すると思っている。一代で何でもやろうとしてはいけない。会社を早く大きくしようとして、無理をすれば初代でつぶれる。仮に続いたとしても、子や孫の代に滅びる企業は実に多い。


保木将夫

どんなにいい仕組みをつくっても、経営は最終的には人だと思います。いい人材だと見込んだ人物がいて、ある部署の責任者に据えました。そうしたら、生産性は落ちるわ、経費はかかるわで、毎月1億円の赤字になりました。それで他の人に替え、半年後に2000万円の黒字にしました。


木村達央

我々の感覚が世間の潮流とズレていないかを見定めることが、経営者の務めです。現場に仕事を任せられるか。成否を分かつカギはここにあるといまも確信しています。


楠木新

不本意な人事を契機に、本来自分がやりたかった事柄や自分の適性を新たに発見する人は少なくない。私は左遷を契機に自分を見つめ直した人を数多く取材してきた。


森川亮

商品開発には2つの方向があります。ひとつはグーグルさんのように、人が欲しがるのかわからないけど、エンジニアがおもしろがってつくったものをとにかく世に出して、その中で当たったものをビジネス化していくやり方。もうひとつはアップルさんのように、人が求めるものを突き詰めて考えて、一個に絞って出すやり方です。


ページの先頭へ