名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

鬼塚喜八郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鬼塚喜八郎のプロフィール

鬼塚喜八郎、おにづか・きはちろう、アシックスの創業者。軍隊、商社の仕事を経て運動靴問屋鬼塚商会を創業。その後、スポーツシューズメーカーとなりバスケットシューズを開発。東京オリンピックで鬼塚製のシューズをはいた選手が軒並み金メダルを取り、スポーツシューズのトップメーカーとしての礎を築く

鬼塚喜八郎の名言 一覧

志を持った人は、土壇場に強い。困難にぶち当たっても倒れない。


弱肉強食の時代に生き残ろうと思うのなら、自己の特色を出して強者に対抗していくほかない。


創業10周年式典で、会社は公器であり、従業員や会社とともに発展させると宣言した。これに合わせて、私が100%持っていた株式の70%を従業員に分配し、上場を目指した。取引先にも株を持ってもらいました。


中小企業は資本・人材・経営者の力量などが限られている。だから大企業の隙間を探し、その小さい力を一点に集中投下し、錐(きり)でもむように市場に食い込まなければならない。


私がスポーツシューズのメーカーを起こしたのは、青少年の育成に役立つ仕事がしたいと思ったからです。
終戦後、戦友との約束で面倒を見ることになった老夫婦の養子になり、神戸でサラリーマン生活に入ったものの、私利私欲に走る社長に我慢ならず、辞表を叩きつけてしまった。この先どうするか。教育委員会で働く知人に相談すると「それなら運動靴を作れ」とアドバイスしてくれた。スポーツマンはルールを守り、礼を重んじ、ベストを尽くして戦い、チームワークに徹し、目標達成に向けて自己啓発に努める。スポーツマンシップとは何かという彼の説明に感動した私は、残りの人生を懸けて、青少年のためにいいシューズを作ろうと決意したのです。


31歳で創業して55年。転んでは起き上がる苦闘の繰り返しでした。倒産寸前の危機に直面したことも何度かあります。


青少年のためにいいシューズを作る。この創業の志を貫き、ただ自分が儲かればいいという考えに傾かなかったから、取引先や従業員が助けてくれたのでしょう。仕入れ先に初めてナイトクラブに連れて行かれ、自分も少しは楽しみたいと思ってしまったこともあります。でも、夜遅く会社に戻ると、従業員が一生懸命働いている。振り返れば、私が結核を患ったときには、彼らが会社を支えてくれた。自分だけが楽しむわけにはいかないと肝に命じました。


「創業は易く、守成は難し」ということわざがありますが、困難に見舞われたときこそ志が問われるのです。
【覚書き|守成(しゅせい)=事業を引き継いで守ること】


命まで取られへん。駄目ならやり直せばいい。
【覚書き:陸軍の過酷な訓練を経験し、どんなつらい状況でも耐えられるようになったことについての発言】


志あるところに道は開かれ、求めるところに師は現れる。


ヒントは釈迦の教えから得た。インドには三億人の民がいる。うち一億が私の教えに共鳴してくれたら立派な国になると説いたという。なるほど三分の一か。三割がしっかりしていれば、どんなに悪い者がいても残りの三、四割はついてくる。この考えを実践しよう。私は全株式の三割を持つだけにし、残りはすべて社員に分けよう。


鬼塚喜八郎の経歴・略歴

鬼塚喜八郎、おにづか・きはちろう、アシックスの創業者。軍隊、商社の仕事を経て運動靴問屋鬼塚商会を創業。その後、スポーツシューズメーカーとなりバスケットシューズを開発。東京オリンピックで鬼塚製のシューズをはいた選手が軒並み金メダルを取り、スポーツシューズのトップメーカーとしての礎を築く

他の記事も読んでみる

玄侑宗久

仏教っていうと、みなさん「古い」って顔をしかめますけど、奈良時代には最もトレンディーなものだったわけです。瓦屋根の建物を造るなど、当時の日本になかったものが仏教とともに大陸から入ってきて、最もアップデートな世界を歩いていたのが坊さんたちだったんですから。仏像だって、金色の派手派手しいものだったわけです。それがだんだん古びていき、「古びたものも美しいじゃないか」という「わび・さび」の日本文化になっていくのが室町時代の終わりごろなんです。


千本倖生

第二電電を立ち上げた際には、途方もない大きな問題ばかりで、それこそ毎日のように「もうやめよう」と思っていました。でも、「もう1日だけやろう」「もう1%だけやってみよう」と考え直しました。ずっとその繰り返しで、振り返ってみたら、えらく高い山に登っていたということです。


梶原しげる

敬語に対してぜひ解いておきたい大きな誤解があります。それは「敬語はわざわざ学ばなくても身につけることができる」という思い込みです。日本で生まれ育った日本人は、自然と日本語を身につけています。ですがこうして「母語」として身につけた言語については、「なぜそうなっているのか」という仕組みを説明することが難しいものです。敬語というものは母語そのものと違い、自然に身につくものではないことがわかります。たった1カ月でいいので、土日を使って本格的に敬語を勉強してみてください。一生役立つあなたの武器になるはずです。


ハンス-ポール・バークナー

常に聞く耳を持つこと、目を開いていることが大事です。自分とは違う文化、風土から何を学び取ることができるか。自分のスタイル、流儀に固執すると、せっかくの学べる機会を失うことになります。


中山哲也

私は企業の差というのは独創力の差だと思っています。みんな頑張っていると言うけれど、どこの会社も頑張っている。だから、人が考えつかないことをやっていかないと差はつかないと思います。


スティーブン・コヴィー

効果的な目標設定とは、活動や手段よりも、最後に到達する結果の方に重点を置くものだ。どうなりたいかを定義すると同時に、目標に対していまどの段階まで達しているのかも教えてくれるものである。どうしたらそうなれるのかということについて大切な情報を与えてくれる。


森田敏夫

野村への期待を超えるソリューションを提供することで、信頼のブランドを築いていく。たとえば、相続や事業承継については「野村資産承継研究所」を設立し、税務や法律などの専門家と協力してコンサルティングを行っている。また、今年4月には高齢者対応の専門チーム「ハートフル・パートナー」を立ち上げた高齢のお客様やご家族の悩みに寄り添う体制を全国に展開していく。


松井忠三

社長という仕事は、やってみないと分からない点が多い。特に保守本流を真っ直ぐに歩いてきた人ほどダメ。


原田隆史

私が中学校の陸上部で傑出した成績をあげることができたのは、生徒たちに心づくりを指導したからです。いくら優れた技術を学んでも、心が乱れていては身につかないし、長続きしないのです。スポーツでも仕事でもメンタル面を鍛えることがポイントです。


安田隆夫

(経営から退くことを決めたことで)すがすがしい心境で、私としては大仕事をやり遂げつつあるという感じです。やり残したことを次世代につなげたいという思いですね。これ以上やり残しを探して、私自身がそれに邁進することはあえて自制しようと思います。


菊川剛

新技術なり新しい販促計画なり、他社より先んじて動いた結果、仮に失敗したとしても、それでレッテルを貼るようなことは絶対にしないし、敗者復活の機会は与える。とにかくスピードを優先せよ。


戸田覚

短時間で多くの仕事をこなしている人に対しては、周りの人は「この人の時間を無駄にしてはいけない」と思うので、周りが時間を合わせてくれるようになります。時間管理をしっかり行うことで、自分の時間の使い方を有利に進めることができます。