名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

鬼塚喜八郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

鬼塚喜八郎のプロフィール

鬼塚喜八郎、おにづか・きはちろう、アシックスの創業者。軍隊、商社の仕事を経て運動靴問屋鬼塚商会を創業。その後、スポーツシューズメーカーとなりバスケットシューズを開発。東京オリンピックで鬼塚製のシューズをはいた選手が軒並み金メダルを取り、スポーツシューズのトップメーカーとしての礎を築く

鬼塚喜八郎の名言 一覧

志を持った人は、土壇場に強い。困難にぶち当たっても倒れない。


弱肉強食の時代に生き残ろうと思うのなら、自己の特色を出して強者に対抗していくほかない。


創業10周年式典で、会社は公器であり、従業員や会社とともに発展させると宣言した。これに合わせて、私が100%持っていた株式の70%を従業員に分配し、上場を目指した。取引先にも株を持ってもらいました。


中小企業は資本・人材・経営者の力量などが限られている。だから大企業の隙間を探し、その小さい力を一点に集中投下し、錐(きり)でもむように市場に食い込まなければならない。


私がスポーツシューズのメーカーを起こしたのは、青少年の育成に役立つ仕事がしたいと思ったからです。
終戦後、戦友との約束で面倒を見ることになった老夫婦の養子になり、神戸でサラリーマン生活に入ったものの、私利私欲に走る社長に我慢ならず、辞表を叩きつけてしまった。この先どうするか。教育委員会で働く知人に相談すると「それなら運動靴を作れ」とアドバイスしてくれた。スポーツマンはルールを守り、礼を重んじ、ベストを尽くして戦い、チームワークに徹し、目標達成に向けて自己啓発に努める。スポーツマンシップとは何かという彼の説明に感動した私は、残りの人生を懸けて、青少年のためにいいシューズを作ろうと決意したのです。


31歳で創業して55年。転んでは起き上がる苦闘の繰り返しでした。倒産寸前の危機に直面したことも何度かあります。


青少年のためにいいシューズを作る。この創業の志を貫き、ただ自分が儲かればいいという考えに傾かなかったから、取引先や従業員が助けてくれたのでしょう。仕入れ先に初めてナイトクラブに連れて行かれ、自分も少しは楽しみたいと思ってしまったこともあります。でも、夜遅く会社に戻ると、従業員が一生懸命働いている。振り返れば、私が結核を患ったときには、彼らが会社を支えてくれた。自分だけが楽しむわけにはいかないと肝に命じました。


「創業は易く、守成は難し」ということわざがありますが、困難に見舞われたときこそ志が問われるのです。
【覚書き|守成(しゅせい)=事業を引き継いで守ること】


命まで取られへん。駄目ならやり直せばいい。
【覚書き:陸軍の過酷な訓練を経験し、どんなつらい状況でも耐えられるようになったことについての発言】


志あるところに道は開かれ、求めるところに師は現れる。


ヒントは釈迦の教えから得た。インドには三億人の民がいる。うち一億が私の教えに共鳴してくれたら立派な国になると説いたという。なるほど三分の一か。三割がしっかりしていれば、どんなに悪い者がいても残りの三、四割はついてくる。この考えを実践しよう。私は全株式の三割を持つだけにし、残りはすべて社員に分けよう。


鬼塚喜八郎の経歴・略歴

鬼塚喜八郎、おにづか・きはちろう、アシックスの創業者。軍隊、商社の仕事を経て運動靴問屋鬼塚商会を創業。その後、スポーツシューズメーカーとなりバスケットシューズを開発。東京オリンピックで鬼塚製のシューズをはいた選手が軒並み金メダルを取り、スポーツシューズのトップメーカーとしての礎を築く

他の記事も読んでみる

岸博幸

僕も昔、役所に入ったときに明確な動機はなく、強いていえば世の中を良くするという抽象的なものがあったくらいでした。


桜田厚(櫻田厚)

どの会社も創業者はパワフルで、才能も情熱も持っています。しかし、いくら創業者がカリスマでも、会社のために一人でできることは限られています。売り上げ100億円を超えていく会社ならなおさらです。


石山恒貴

「好きなこと」で、かつ「誰かの役に立ちそうなもの」であれば、もう2枚目の名刺(パラレルキャリア)はそれで決まりではないでしょうか。自分が本当に好きなことを見つけるには、幼稚園や保育園に通っていたころ、人から言われる前に自らやっていたことを思い出すのも近道です。


三谷宏治

完全無欠の人間になることが、他人の信頼を得る方法ではありません。ある程度の実績や経験を積んだら、ときには相手に頼ってみるのも、ひとつのマナーだと考えてみてください。


松井忠三

知恵を絞って作った会社の仕組みも、使う人次第で形骸化してしまう。


吉野真由美

営業していた頃は、1週間のうち前半の4日間でノルマが達成できるように仕事の予定を立てていました。仮に4日間で達成できなくても、あと3日ある、と思えるので、余裕をもって営業できる。この余裕の有無が、結果を大きく左右するのです。


長谷川宏

私にとって生活のための手段にすぎなかった塾の仕事は、次第に楽しみなものへと変わっていきました。それは単にお金を稼ぐための手段として私塾の活動をとらえていた私が、仕事そのものの中にある面白さ、楽しさに気づいていく過程でもあったと言えるでしょう。


シェイクスピア

嫉妬とは、自分ではらんで自分勝手に生まれる化け物なのです。


飯間浩明

ビジネス文書でまず大切なことは、書き始める前の準備です。読み手に最低限伝えるべきところ、すなわち「文章の肝」を考えます。何のために文章を書くのか。実用文で伝えるべき内容は、突き詰めれば一文に集約できます。ここではそれを「肝の一文」と呼びます。たとえば「来週月曜日に会議があります」「納期を延ばしてください」「代金を支払ってください」などです。こうした「肝の一文」が決まれば、文章を書く目的がはっきりし、情報が整理できます。


匠英一

店のテーマソングは、童謡に近いリズムと音階で作ると成功します。童謡は耳になじんでいるため、それと同じようなBGMだと、気づかないうちに覚えてしまい、ふと口ずさんでしまう効果があるからです。童謡の「桃太郎」とビックカメラのCM曲は、リズムが似てるでしょう? こうしたテーマソングは店への親近感を高めるので、リピーター獲得につながるんです。


カルロス・ゴーン

正確な質問をすれば、正確な答えが返ってくる。
曖昧な質問をすれば、曖昧な答えしか返ってこない。


秋元久雄

工程のほとんどすべてを内製化して、ゼロから職人を育てるような手間がかかることは、大手の会社は絶対にやろうとしない。また育成コストがかかるので、中小企業も簡単には真似できない。すると組織の中でロボットや歯車として働くことに疑問を感じていて、本物の大工や職人になりたいという思いを持った若者が、自分の希望を実現できそうな会社はうちしかないわけ。だから意欲のある人材が集まってくる。これがうちの一番の強みだよね。