鬼塚喜八郎の名言

鬼塚喜八郎のプロフィール

鬼塚喜八郎、おにづか・きはちろう、アシックスの創業者。軍隊、商社の仕事を経て運動靴問屋鬼塚商会を創業。その後、スポーツシューズメーカーとなりバスケットシューズを開発。東京オリンピックで鬼塚製のシューズをはいた選手が軒並み金メダルを取り、スポーツシューズのトップメーカーとしての礎を築く

鬼塚喜八郎の名言 一覧

志を持った人は、土壇場に強い。困難にぶち当たっても倒れない。


弱肉強食の時代に生き残ろうと思うのなら、自己の特色を出して強者に対抗していくほかない。


創業10周年式典で、会社は公器であり、従業員や会社とともに発展させると宣言した。これに合わせて、私が100%持っていた株式の70%を従業員に分配し、上場を目指した。取引先にも株を持ってもらいました。


中小企業は資本・人材・経営者の力量などが限られている。だから大企業の隙間を探し、その小さい力を一点に集中投下し、錐(きり)でもむように市場に食い込まなければならない。


私がスポーツシューズのメーカーを起こしたのは、青少年の育成に役立つ仕事がしたいと思ったからです。
終戦後、戦友との約束で面倒を見ることになった老夫婦の養子になり、神戸でサラリーマン生活に入ったものの、私利私欲に走る社長に我慢ならず、辞表を叩きつけてしまった。この先どうするか。教育委員会で働く知人に相談すると「それなら運動靴を作れ」とアドバイスしてくれた。スポーツマンはルールを守り、礼を重んじ、ベストを尽くして戦い、チームワークに徹し、目標達成に向けて自己啓発に努める。スポーツマンシップとは何かという彼の説明に感動した私は、残りの人生を懸けて、青少年のためにいいシューズを作ろうと決意したのです。


31歳で創業して55年。転んでは起き上がる苦闘の繰り返しでした。倒産寸前の危機に直面したことも何度かあります。


青少年のためにいいシューズを作る。この創業の志を貫き、ただ自分が儲かればいいという考えに傾かなかったから、取引先や従業員が助けてくれたのでしょう。仕入れ先に初めてナイトクラブに連れて行かれ、自分も少しは楽しみたいと思ってしまったこともあります。でも、夜遅く会社に戻ると、従業員が一生懸命働いている。振り返れば、私が結核を患ったときには、彼らが会社を支えてくれた。自分だけが楽しむわけにはいかないと肝に命じました。


「創業は易く、守成は難し」ということわざがありますが、困難に見舞われたときこそ志が問われるのです。
【覚書き|守成(しゅせい)=事業を引き継いで守ること】


命まで取られへん。駄目ならやり直せばいい。
【覚書き:陸軍の過酷な訓練を経験し、どんなつらい状況でも耐えられるようになったことについての発言】


志あるところに道は開かれ、求めるところに師は現れる。


ヒントは釈迦の教えから得た。インドには三億人の民がいる。うち一億が私の教えに共鳴してくれたら立派な国になると説いたという。なるほど三分の一か。三割がしっかりしていれば、どんなに悪い者がいても残りの三、四割はついてくる。この考えを実践しよう。私は全株式の三割を持つだけにし、残りはすべて社員に分けよう。


鬼塚喜八郎の経歴・略歴

鬼塚喜八郎、おにづか・きはちろう、アシックスの創業者。軍隊、商社の仕事を経て運動靴問屋鬼塚商会を創業。その後、スポーツシューズメーカーとなりバスケットシューズを開発。東京オリンピックで鬼塚製のシューズをはいた選手が軒並み金メダルを取り、スポーツシューズのトップメーカーとしての礎を築く

他の記事も読んでみる

大原孝治

人事制度改革も、その背景には「顧客最優先主義」を貫きとおすためにそれが必要だと考えるから取り組んでいるのです。従業員の幸せがお客さまを最優先することにつながる。個店主義もそうです。それが顧客最優先主義につながるから、そうしている。この理念に沿って、会社を成長させていかなければならない。


豊田泰光

チームの置かれた状況や、そのピッチャーの将来を考えたとき、140(球)でも150でも投げるべき場面が必ずあると思うんです。そういう「ここ一番の勝負どころ」は、一生に何べんも来るわけじゃない。だから、指揮官はそのとき「今日はお前一人でがんばれ」と言わなきゃいけません。


草刈貴弘

ニュースなどでは、「地政学的リスクが意識され投資家が売買に動けない」などといったことが言われたりします。もちろん不確実性が高まっている点ではリスクと言えますが、見方を変えれば安値で買う大きなチャンスでもあります。我々のような長期投資家は、ある意味でそういう時を待っています。


齋藤勇(齊藤勇)

女性が男性に比べて上下関係に左右されないのは、狩猟採集の時代は主に採集のほうを受け持っていたからだと考えられています。木の実などを採集しながら、序列を意識することなく誰とでもおしゃべりしていた。そのなかで役立つ情報を入手していたわけです。現代でも一般に女性のほうが会話の能力が発達しているのも、その長い年月の賜物でしょう。それに対して狩猟中心だった男性は、寡黙に獲物を追っていた。仲間と話すのは主に作戦会議。現代の男性も、目的が明確な作戦会議は熱心な一方で、とりとめのない会話は好きではありません。


佐藤龍馬

私たちはブローカーになる気はありません。ブローカーはマージン(仲介手数料)を上乗せして商材を流通させますが、私たちの場合は、扱う商材に関してどういう価値があるか、顧客が求めているものを見定め、必要なものを提供する、あたかも一流ホテルのコンシェルジュのような対応を心掛けています。


中谷和浩

私心があったら物事は成就できません。


奥山清行

フェラーリも特定のお客さんと世界観を共有できていることが最大の強みです。実はフェラーリというクルマは、ハードウェアとしては絶対的なものではありません。日本の自動車メーカーならば、フェラーリよりも高品質のクルマを作ることは十分可能でしょう。しかし、フェラーリは、所有することによる社会的ステータスや、オーナー同士の結びつきといった、他の商品では代替できない価値を提供しています。フェラーリを手に入れることで、その後の生活がどのように変わるかをありありとイメージさせることができる点が、他のクルマとの一番の違いなのです。


田内幸一

メーカーにはこれからもますます遊び感覚が求められるでしょう。いまのヒット商品のイメージを言葉で表せば軽・遊・華。商品そのものの軽薄短小化とメーカー側の演出の巧みさがヒットを左右しています。


工藤公康

プロの世界に入ってくるときは、誰もが自分の未来を信じています。それが、いつの間にか日常の環境に浸り切り、定説や常識にとらわれて、そこから抜け出せなくなってしまう。僕の場合、29歳で新たな見地を知り、新たな自分を発見することができた。それによって、30代前半で終わっていたかもしれない現役生活を47歳まで延ばすことができた。僕が本当に野球を好きになれたのは、40歳を過ぎてからです。


笹氣健治

メール一本でも、完ぺきに書こうと思うと時間がかかりますね。私はメールを先送りしそうになったら、思い切って電話します。早く書かなきゃと焦り続けるのは、精神衛生上よくないです。


長井鞠子

最近、あらためて痛感しているのが「発する言葉の大切さ」です。語学力だけではありません。人に対して発するコンテンツをどれだけ備えているのか、という点です。


ジェイソン・ダーキー

日本の人材教育ではどんな知識を教え、講師が誰かなど「インプット主義」に陥りがちですが、ぜひ「アウトプット主義」になりましょう。誰に、どんなシーンで、何を使って欲しいのかを意識することです。


藤本篤志

私のコンサルティングで営業マンの1日の活動とその時間を計測すると、多くの人の営業量(有効な営業活動の時間量)は全営業時間の20~25%程度でした。それ以外の時間は移動や営業日報の作成など、営業の成果には直接かかわらない活動に費やされているのです。上位営業マンになると営業量は上がりますが、それでも35~40%です。


坂東眞理子

上司の役割として大切なのは、やはり部下の希望ややる気、あるいは悩みをわかってあげることだと思います。「どうしてできないんだ!」「やれないお前が悪い」と責めるのではなく、「できない理由はどこにあるのか」「何にこだわっているのか」と一緒になって考えて、うまくいかない原因を取り除いてあげる。少なくとも、部下の気持ちをわかってあげられれば、本人は「あ、この人は理解してくれるんだ。じゃあ頑張ろう」という気になれるのです。


角川歴彦

KADOKAWA・DWANGOはベンチャー企業と言うには会社の規模が大きいかもしれないけれども、ベンチャー精神でやっていくんです。


ページの先頭へ