名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高野秀敏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高野秀敏のプロフィール

高野秀敏、たかの・ひでとし。日本のキャリア・コンサルタント。宮城県出身。東北大学経済学部卒業後、大手人材紹介会社インテリジェンスに入社。法人企業のHRコンサルティング営業、転職相談などに携わったのち独立。転職斡旋会社キープレイヤーズを設立。そほのか複数の企業の取締役を務めた。主な著書に『セカンド就職のススメ』『絶対に後悔しない就職先の選び方 親子で戦う就職最前線』『就職氷河期だからこそ絶対に後悔しない就職先の選び方』など。

高野秀敏の名言 一覧

人脈づくりといっても、大げさに考えず、身近な人に友達を紹介してもらうことから、始めてみるといいのではないでしょうか。人と会うのが苦手なら、ブログなどで自分の得意分野の情報を発信するのが、まずはいいと思います。


こんなことをやったら喜ぶかなという軽い気持ちでしたが、参加者には思いのほか感謝されました。以来、いろいろな人が僕のところに転職相談に来るようになったんです。
【覚書き|会社員時代、友人の要請で無料転職セミナーを開いたいきさつについて語った言葉】


私は地方の大学から上京して就職したので、最初は東京に知り合いすらいませんでした。ですから、友達をつくりたいと交流会に参加して、そこで5人の友達と出会ったことが、人脈のきっかけになりました。


大手人材紹介会社だと、どうしてもノルマがあって、求職者に転職を急がせてしまう傾向があります。私は本当に応援したい人を適職に導く仕事がしたいと思ったのです。
【覚書き|大手人材紹介会社を退職し、転職斡旋会社を立ち上げた理由について語った言葉】


高野秀敏の経歴・略歴

高野秀敏、たかの・ひでとし。日本のキャリア・コンサルタント。宮城県出身。東北大学経済学部卒業後、大手人材紹介会社インテリジェンスに入社。法人企業のHRコンサルティング営業、転職相談などに携わったのち独立。転職斡旋会社キープレイヤーズを設立。そほのか複数の企業の取締役を務めた。主な著書に『セカンド就職のススメ』『絶対に後悔しない就職先の選び方 親子で戦う就職最前線』『就職氷河期だからこそ絶対に後悔しない就職先の選び方』など。

他の記事も読んでみる

真藤昌瑳熙

部下に仕事を任せるにあたってまずすべきことは、「部下が良い仕事をすれば、自分の昇進へとつながる」という考え方に切り替えること。


丹羽宇一郎

ナショナリズムを煽動する方向に舵を切って国が栄えた例は、歴史上ひとつもない。


玄侑宗久

数年前にラオスに行ったとき、川向こうに米でつくったウィスキーがあるというので竹でつくった橋を渡っていったら、途中で膝ぐらいまで水につかってしまうんですよ。みんなが毎日渡る橋なんだから、「もっと立派にしたら」って言ったら、「どうせ台風がきて、まもなくまた流される」って言うんです(笑)。「流されたら、またつくればいい」という、その感覚ですね、今の日本人に必要なのは。


川上量生

昨年、スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫さんのラジオ番組に出演させていただいたんですよ。「面白そうな人だな、この人の下で働いてみたいな」と思ったので弟子入りを鈴木さんに志願したところ、希望がすんなり通っちゃったんです。今年初めからジブリの社員です。


石塚しのぶ

企業組織の主要素は「人」なのですが、これまでの経営においては、組織の「人間性」は見落とされ、まるで機械を操作するような管理の仕方がされてきました。代わりに今、求められているのは、組織の構成員一人ひとりに内在する人間ならではの能力を最大活用する組織、そして、その結果、顧客に「人間味」や「愛着」を感じてもらえる組織なのです。


黒鉄ヒロシ

自分のためにかっこよくありたい。男という生き物は、そんなもの。アホなことを言い、その場その場を楽しがり、ええかっこしいして時折、ぱっと振り返って「オレ、かっこよかった?」くらいのみっともない生き方が、いい頃合いだということです。


小倉昌男

私は従業員と言う言葉があまり好きではない。会社が雇っている人々のことは、必ず社員と呼ぶことにしている。それほど深い意味があって使い分けているわけではないが、従業員の「従」という語感がどうも好きになれないのだ。社長が社員を従業員と呼べば、それは相手を会社の業務に従う者としか認識していないと言うことにもなる。そういうことでは、彼らの人生に対して担っている責任を自覚できないではないだろうか。


久米豊(経営者)

うちでは「主管」というポストにいる者に、車の企画段階から、最後の値付けまで、つまりインプットからアウトプットまで、全部任せきっているんです。これが良かったと思います。バラバラにやるとどうしても寄せ集めで、一貫性に欠けてしまいますから。


久代敏男

職場への不満は給料だけではないでしょう。やはり人間って他人に認めてもらえればうれしい。私も若い時に上司や同僚から「久代君、最近頑張っているみたいだね」と言われるとうれしかった。


村口和孝

すべての企業は、大なり小なり失敗を繰り返して成功するもの。


西出雅弘

営業担当が不動産関連の法務や税務、建築基準法などの知識を身に付けられるようカリキュラムを設け、教育も行っています。営業担当が専門知識を持っていれば、何かあったときに問題の本質をつかむことができる。これが迅速な対応につながります。


小倉久寛

いつか三宅(裕司)さんと同じシーンに出たいな。ひと言でもセリフを交わしたい。それができたら、ふたりきりのシーンがあるといいな、と。そう思ってやっていました。威勢のいい話ができなくて申し訳ないですけど、どうにかしてトップに立ってやろうとか、自分で劇団を旗揚げだとか。そういう欲は今も昔もないままです。