名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

高野研一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高野研一のプロフィール

高野研一、たかの・けんいち。日本のコンサルタント、経営者。「ヘイコンサルティンググループ」社長。神戸大学経済学部卒業、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業、シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。日本債券信用銀行ファンドマネージャー、マーサージャパン取締役などを経てヘイコンサルティンググループに参画。著書に『ビジネスリーダーの強化書 マネジメントスタイルを変革する』『勝ちぐせで組織は強くなる』。

高野研一の名言 一覧

最初から「ビジョン型」の管理職を育成することは難しい。まず「指示命令型」と「率先型」のスタイルを身に付け、次に「民主型」「関係重視型」「育成型」を獲得していけば、「ビジョン型」の管理職を育成できるはずだ。


「率先型」の管理職の場合、サッカーの監督が自らボールを蹴ってエキサイトしているような状況になり、肝心の社員がついてこなくなる。業績を高めるために全力を尽くすといった「士気」が高まらない。加えて企業が向かうべき方向性が不明確になるため、企業が成長するうえで阻害要因となる。


英国や米国などのいわゆるアングロサクソンの世界では、「ビジョン型」と「育成型」の管理職が多い傾向がある。部下の専門性が高く、雇用も流動的な環境では、双方向のコミュニケーションを通じてリーダーがビジョンを示さなくては組織がまとまらないためだ。そのため米国などでは、管理職は年齢に関係なくビジョンを示すことが求められる。


高野研一の経歴・略歴

高野研一、たかの・けんいち。日本のコンサルタント、経営者。「ヘイコンサルティンググループ」社長。神戸大学経済学部卒業、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業、シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。日本債券信用銀行ファンドマネージャー、マーサージャパン取締役などを経てヘイコンサルティンググループに参画。著書に『ビジネスリーダーの強化書 マネジメントスタイルを変革する』『勝ちぐせで組織は強くなる』。

他の記事も読んでみる

升田幸三

男は毬であってはならぬ。ちょっと頭をなぜられてはポンとはずみ、指一本触れただけで転がる。はずみそうではずまず、転びそうで踏みとどまるものを持っていなければ男ではない。


ピーター・ドラッカー

成功してきたのと同じ貢献を続けていたのでは、失敗する。


佐野恵一

最初は営利事業というより、ボランティアでした。しかし、ボランティアにはいろいろと問題の多いことが、次第に分かってきた。たとえば、事故が生じた際の責任の所在が不明確で、派遣元の組織ではなく、トラブルを起こした個人が裁判で訴えられるケースもある。また、ボランティアとはいえ、同行する人数分の旅費を支払う必要がある。一方、サービスの利用者は、金銭を払っていないからとボランティアに気兼ねして、本当に行きたい所に行くのを我慢してしまうのです。旅行サービスをきちんと続けるには、有償の事業にしなければいけないと悟りました。


中桐啓貴

お金持ちの方達は10年先を見て人材育成を行います。ある経営者は、見込みのある若い社員を大学院に行かせ、その間に2年間、アメリカに留学させました。留学から帰ってきて大学院を修了したら、今度はアメリカの会社で2年間くらい働かせて経験を積ませます。留学費用などがかなりかさむ計算ですが、すべて会社持ちです。10年後の会社をつくるのは人だと考えているので思い切った投資をするのです。


江島優

アメリカ留学の資金を貯めるためにブラジルに行ったとき、コーヒーや綿の農園での労働は過酷で、何人もの仲間が脱落しました。住み込みでアルバイトをしながら勉強した留学時代も、起業資金を得るための英会話教材販売会社での日々も、楽ではありませんでした。しかし私はつらいと感じなかった。両親や祖父母から「若いときの苦労は買ってでもせよ」と言われていたこともあるでしょう。何より、常に目的がありました。


法華津寛

計画は練りますが、計画そのものにはこだわりません。経過を見ながら、予定通り進まなかったり、あるいは予定よりも早く上達した場合には、その都度、計画や目標を修正します。


森澤紳勝

1日のうち最も大切にしているのは朝の時間。ストレッチや食事をしがらゆっくり過ごして、その日の仕事やお会いする方のことを考える。1日に臨む気持ちを整える重要な時間です。


大橋徹二

基本軸だけではなくて、バランスシートも人心もみんな強くなければいけない。ブレないでやっていられるだけのしっかりしたものを気持ちの上でも、バランスシート上でも作りあげないと。


夏野剛

ケンカをしたわけでもないのに、友人から突然、連絡を絶たれてしまったとする。こんなときまず思うのは、「知らないうちに、何か信頼を失うようなことをしたかもしれない」ということだ。しかし何も思い当たる節がないのなら、それ以上気にしないほうがいい。馬鹿正直な人は、「何か気に障ったのならはっきり言ってくれ」と迫るかもしれないが、まず本当のことは言ってくれないだろう。


吉田松陰

士(立派な人)が重んじるのは人徳であって、才能ではない。実際の行動であり、学問ではない。


澤田秀雄

お客様は「新しいもの」を求める。これは我々が常に意識しているポイント。


岡田裕介(東映)

時代は大きく変化しています。そういう意味で、ソフトはもう若手に作らせなくてはダメだと思っています。