名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高野泰明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高野泰明のプロフィール

高野泰明、たかの・やすあき。三洋電機社長。早稲田大学を卒業後、三洋電機に入社。営業本部長、人事本部長を経て社長・副会長を勤めた経営者。業績不振にあえいでいた三洋電機を改革し業績向上を果たした

高野泰明の名言 一覧

三洋電機を創業した井植歳男さんの言葉で、自分自身も肝に銘じていた一言があるんです。「部下は苦境に立つと必ず上司の顔色をうかがうようになる。上に立つ者は苦しい時こそ笑顔を見せろ」創業者は口に出して言うだけではなく、その言葉を身を持って我々に教えてくれました。


永遠に降り続ける雨はありません。人生と同じように、会社にだって良いときがあれば、悪いときもある。一喜一憂しないで現場の力を信じられるのも、経営者の条件なのでしょう。


苦しい時に誰よりも経営者が会社の未来を信じ、決断する姿を見せた心意気は、現場に伝わったのではないでしょうか。当時は5000人規模の配置転換を断行するなど、社員にも痛みを伴う改革をお願いせざるを得ない状況にありました。解雇だけは絶対にしないという約束で。


デジタルAV(音響映像)事業の中でも、特に将来有望な「デジタルカメラ」「携帯電話」「液晶プロジェクター」の三分野を選び出し、他の事業部門に内緒で開発費や人件費の一部を本社費用で負担することにしたんです。もちろん、この特別対策費は三年で本社に返済し、ゼロに近かった事業規模をそれぞれ100億円まで引き上げるのが交換条件でした。


三洋のデジタルAV事業が成功したのは現場が頑張ったからにほかなりません。社長が肝いりで誘い水の資金を投じれば、それだけで事業が成功するということなどありえない話です。3事業(デジカメ、携帯電話、液晶プロジェクタ)を単独で強化したのではなくて、三洋のお家芸である二次電池や光ピックアップなどのキーデバイス事業を拡充し、同時に強化してきたのが奏功したのも忘れてはなりません。


苦しい時には誰よりも経営者が会社の未来を信じ、決断する姿を見せた心意気は現場にも伝わった。


高野泰明の経歴・略歴

高野泰明、たかの・やすあき。三洋電機社長。早稲田大学を卒業後、三洋電機に入社。営業本部長、人事本部長を経て社長・副会長を勤めた経営者。業績不振にあえいでいた三洋電機を改革し業績向上を果たした

他の記事も読んでみる

鷹取真一

英語を身につけた恩恵を強く受けています。実家がホストファミリーとして海外からの留学生を受け入れていたこともあって、「自己投資」とことさら意識して英語習得に取り組んだわけではないのですが。学生時代から「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」ことは意識していました。有用な語学力を自然と身につけられたのは、そのおかげかもしれません。仕事では英語の1次情報に当たれますし、プライベートでは旅行の選択肢も増える(笑)。時間とお金をかけてよかったと感じています。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

支出の蛇口を開けるのは簡単だけど、締めるのは難しい。いったん膨らんだ支出を絞るのに苦労している40代後半~50代がものすごく多い。


山田義仁

しっかりと時代の変化に対応していけば、必ずチャンスに変えることができる。


鳥居祐一

多くの人はすぐに儲けたいと考え、待つことができない。でも、億万長者は、目先の利益にとらわれず、後で大きな果実を得られることが多い。


竹田陽一

もし従業員の役目が間違って決められてしまうと、本来従業員が担当すべき役目でないものを教育する結果になります。これでは、たとえどのような教育方法を採用しようとも教育効果はまったく現れず、当然業績向上には結びつきません。大切な経費と時間も浪費してしまうので、教育をすればするほど業績が悪くなるというおかしな結果になってしまうのです。


貝沼由久

M&Aのコンサルタントに聞いた話ですが、買収した企業の価値をきちんと引き上げると、それが呼び水となって別の会社が「ウチも買収されたい」と近寄ってくるそうです。つまり買収の決断には理屈ではないところもある。


鈴木博毅

得てして日本人は生き残りに執着せず、負けるとわかっている勝負にあえて挑むことを美化する風潮かあります。しかし、自分が犠牲になってとか、自分が我慢すればというのはレベルの低い判断です。美学で判断するしかないところまで追い詰められてしまったのは、事前の準備や前段階でリカバリーすべき問題を解決しなかった結果です。美学で判断した行動というのはマイナスが大きいもの。先手先手を打ち、美学を発揮しなくても生きていける選択をすることが大切なのです。


西山昌彦

会計のプロである当社のほうが会計をよく理解しているから、お客様に提案するのが当然だ、という考えは少しおこがましいと思います。お客様のお話をよく聞き、お客様にもっともフィットする提案とは何かを考え抜き、さらにその内容に間違いがないかを精査したうえで、ようやく実行に移すのが本当の意味での挑戦だと思います。


伊藤真(弁護士)

内容があちこちに飛ぶ話し方は聞き手を振り回し、疲れさせます。話が伝わるどころか、相手はイライラして、途中で聞くのが嫌になってしまうでしょう。


田原総一朗

テレビなんて本質はムダなもの。なくてもいいものですから。だからこそ、いかに番組を面白くみせるかが大事なのに、いまはチャレンジしない。逆に、ムダを省く傾向になっている。結果、制作費を抑え、人件費をカットするという話ばかり。あたり障りなく、失敗しないで儲けようなんて、一番ムリな話なんだよ。いわば、つまらない道を選択している。面白がってやれないならテレビじゃないのに。


楠木建

私は若いときに、現在とまったく違うテーマで研究していました。しかし、「研究しなきゃ」「いつまでに論文書かなきゃ」でやった研究は、やはり気が乗らない。誰にも頼まれていないのに、自分で「~しなきゃ」と思っているのだから、楽しいわけがないですよね。それに気づいてから自分が好きなことは何かと研究テーマを試行錯誤して、そのうちに自分の好き嫌い、持ち味や芸風といったものがつかめてくるようになりました。


豊田佐吉

一日働かざれば、一日食わず。