高野泰明の名言

高野泰明のプロフィール

高野泰明、たかの・やすあき。三洋電機社長。早稲田大学を卒業後、三洋電機に入社。営業本部長、人事本部長を経て社長・副会長を勤めた経営者。業績不振にあえいでいた三洋電機を改革し業績向上を果たした

高野泰明の名言 一覧

三洋電機を創業した井植歳男さんの言葉で、自分自身も肝に銘じていた一言があるんです。「部下は苦境に立つと必ず上司の顔色をうかがうようになる。上に立つ者は苦しい時こそ笑顔を見せろ」創業者は口に出して言うだけではなく、その言葉を身を持って我々に教えてくれました。


永遠に降り続ける雨はありません。人生と同じように、会社にだって良いときがあれば、悪いときもある。一喜一憂しないで現場の力を信じられるのも、経営者の条件なのでしょう。


苦しい時に誰よりも経営者が会社の未来を信じ、決断する姿を見せた心意気は、現場に伝わったのではないでしょうか。当時は5000人規模の配置転換を断行するなど、社員にも痛みを伴う改革をお願いせざるを得ない状況にありました。解雇だけは絶対にしないという約束で。


デジタルAV(音響映像)事業の中でも、特に将来有望な「デジタルカメラ」「携帯電話」「液晶プロジェクター」の三分野を選び出し、他の事業部門に内緒で開発費や人件費の一部を本社費用で負担することにしたんです。もちろん、この特別対策費は三年で本社に返済し、ゼロに近かった事業規模をそれぞれ100億円まで引き上げるのが交換条件でした。


三洋のデジタルAV事業が成功したのは現場が頑張ったからにほかなりません。社長が肝いりで誘い水の資金を投じれば、それだけで事業が成功するということなどありえない話です。3事業(デジカメ、携帯電話、液晶プロジェクタ)を単独で強化したのではなくて、三洋のお家芸である二次電池や光ピックアップなどのキーデバイス事業を拡充し、同時に強化してきたのが奏功したのも忘れてはなりません。


苦しい時には誰よりも経営者が会社の未来を信じ、決断する姿を見せた心意気は現場にも伝わった。


高野泰明の経歴・略歴

高野泰明、たかの・やすあき。三洋電機社長。早稲田大学を卒業後、三洋電機に入社。営業本部長、人事本部長を経て社長・副会長を勤めた経営者。業績不振にあえいでいた三洋電機を改革し業績向上を果たした

他の記事も読んでみる

正垣泰彦

「この程度の管理ができないような会社ならつぶれてもいい。うちより立派な会社はたくさんあるのだから」と取締役たちには話しました。ありのまま自分たちの非を認めて改善すること、ご迷惑をおかけしたお客様に代金を全額返金すること、私が考えたのはその二点だけです。
【覚書き|中国メーカーに製造委託していたピザから微量のメラニンが検出された問題が発生した当時を振り返っての発言】


長島徹

私の社長時代、取締役会で私以外は全員反対という案件もありました。そういう場合は当然見直しをして再構築ということになりますが、賛成と反対が拮抗するときは、社長が決断するしかありません。こっちで行くぞと。これはもうリスクテイク、チャレンジですよ。リスクテイクするのが、リーダーの役割です。


澤口俊之

目標を一つの数値や程度に限定すると、到達が困難に感じられ、挫折を招きやすくなります。しかし目標値の上下に幅を持たせると、その下限にはたやすく到達でき、さらに頑張ろうという意欲も湧きます。結果、最初の設定よりももっと高い到達点に達することができるのです。


トマス・エジソン

私は正規の教育を受けられなかった。学歴はゼロなんです。だから、発明家として成功したのでしょう。


柳川範之

新しい分野を学ぶ際は、入門書を3冊買ってください。それで最初に全体を俯瞰してから、そこで紹介されている前文や資料に芋づる式に当たっていくと、比較的楽に理解することができます。


武野龍

私が誠心誠意でお客様と向き合うことの大切さを痛感したのは、実はアダルへ入社する前、住宅メーカーで営業の仕事をしていた時のことです。最初の1年間は、なかなか商品を買ってもらえず苦悩の日々でした。「もう辞めようか……」と考えていた矢先、お客様から「武野さんだから家買います!」と言って頂けたのです。その言葉にとても救われたのを覚えています。それからは「お客様を好きになろう」「お客様のために働こう」と思うようになりましたね。あの時もがいたからこそ、お客様にご満足頂けることへの喜びに気づけましたし、今の仕事のスタイルの基盤となっています。


樹なつみ

『パッション・パレード』では、バスケをテーマにしたせいで、バスケシーンをたくさん描かざるをえなくなって……(笑)。バスケの知識は皆無だったので、一生懸命本や写真を見て。ビデオを一時停止して、写真を撮ったりもしたと思います。まず黒人選手のゴツゴツした筋肉を模写してみる。実際にマンガにする際には、柔らかいデフォルメが必要です。このおかげで「筋肉って動くんだ!」と発見して、人間の骨格や筋肉を初めてとらえられるようになりました。画家がデッサンをする気持ちに共感します。でも結構失敗もあって、あとで気づきましたが、シュートシーンのつもりでリバウンドを描いてました(笑)。


楢原誠慈

東洋紡の事業は幅広いので、一言で説明すると「なんだかわからない会社」ですが(笑)、機関投資家の方や格付機関からは「収益源が分散しているのが東洋紡の強み」というように、ポジティブな評価もされています。


小林陽太郎

いま、リーダーに問われるのは、経済性と社会性、人間性を両立させる判断力と決断力です。


岡野雅行(サッカー選手)

若い頃とは疲れ方も違ってきたけれど、やれるうちはとことんやり続けたい。自分の人生は、自分で決めるものなんだから。


戸塚隆将

大切なのは、自分の意見を示すこと。別に言葉巧みに表現しなくても、本質を押さえた発言ができれば、それで十分です。


守島基博

経営者は、単に新たな施策を自社に導入することに注力するのではなく、その新たな枠組み(パラダイム)をまず構築し、その中で新たな試みや施策を導入することが必要になる。経営者の仕事の重要な部分が、自社の社員がものごとを解釈するパラダイムの管理と変革ともいえよう。


国部毅(國部毅)

若い人たちはいろいろなことを結構はっきりと言ってくれます。


ラッセル・クロウ

人生においてすべての事柄を「好きなこと」と「やらなければならないこと」に分ける人を本当に可愛そうに思うよ。人生なんて短いんだ。好きになる方法を学ぼうよ。


石田智子

1cmでも前にいれば勝ち。究極の遊びですよ、100m走は。それを私は仕事にしちゃっているんですよね(笑)。


ページの先頭へ