名言DB

9412 人 / 110637 名言

高野勇樹の名言

twitter Facebook はてブ

高野勇樹のプロフィール

高野勇樹、たかの・ゆうき。日本の経営者。「WALK THE WORLD」代表、「日本有形資産保全協会」代表理事。著書に『30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる 4つの仕組み』。

高野勇樹の名言 一覧

情報収集を進める中で、様々な事業で起業をしている方々がいることを知り、交流をする機会を得ました。その中で話を聞いていると、忙しい経営者と、ライフスタイルが充実している経営者と2つのパターンに分かれることに気が付きました。私自身、収入と時間に拘束されないライフスタイルを手に入れたい! と勉強し始めて、23歳の時にウェブで完結できる事業で起業をしたという経緯です。


年に3、4回は情報溢れる都会から離れて、ネット回線も遮断するようにしています。入ってくるものが一旦止まるので、自分が頭の中で考えていたことがクリアになるのです。リラックスした状態で、頭の中からアイデアを掘り出すという感覚です。そうした時の方が、いい事業の種になることが多いのです。


高野勇樹の経歴・略歴

高野勇樹、たかの・ゆうき。日本の経営者。「WALK THE WORLD」代表、「日本有形資産保全協会」代表理事。著書に『30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる 4つの仕組み』。

他の記事も読んでみる

鈴木直道

東京へ職員が行って観光PRをしても全然マスコミに取り上げてもらえなかった。自力で稼いでPRする発想がなかった。それだったら宣伝で飯食っている人と連携したほうが当然いい結果が生まれる。


太田彩子

業績のいい会社の社長ほど朝が早いという通説がありますが、私も同感です。始業時間前に訪問したところ、受付や警備の方が不在で、社長や役員の方が直接対応してくださったという経験を何度もしています。


香山リカ(精神科医)

テンションの高い状態は長く続かず、いつか燃え尽き状態になったり、突然起き上がれなくなってうつになることもあります。落ち込みたいときには素直に落ち込めばいい。周りがテンションをあげているからといって、それに合わせる必要はないのです。


根岸秋男

時間が経つと自分も周囲も変化します。充実した人生を送るには、変化を前向きにとらえて柔軟に対応することが大切ではないでしょうか。


野村克也

場数を踏めば踏むほど、間違いを多く経験してどこに問題があるかを探そうと、普段より頭を使うようになる。負けた時こそ「なぜだ?」「原因は?」「どうすれば勝てる?」と考えるからね。だから俺は「失敗」と書いて「せいちょう」と読む。その意識を持てるか。それが経験を糧にできる人とできない人の別れ道じゃない?


柳井正

経営者は自分が仕事をするのは当然として、社員に仕事をしてもらわないといけない。社風とか、価値観とかを組織に根づかせるのも、経営者の仕事です。


永守重信

ホラを吹き、夢を語る。会社や世の中をもっと良くするんだと楽観的に考えていかないといけない。私は役員会では厳しいことを言って危機感を持たせますけど、社員には夢しか語りません。


関根眞一

私たちの統計では、いまは常に2割の人が苛立ちを抱えている時代です。だからこそ、相手の本音を読み込んで会話をすることができるスキルが、重要になってきていると思います。


関幸彦(経営者)

一体感が生まれたのは、やはりグループ全体の活動の原点に経営理念があり、普段から「何のために仕事をしているのか」ということが追求されていたからです。そう考えると、現場のリーダーである私の役割というのは、突発的な修羅場にあっても経営理念を忘れることなく、関係者全員の秘めた使命感のスイッチを思い切り入れ直すことだったのではないかと思います。


猿丸雅之

各事業会社の力が最大限に発揮できることがベストだと考えていますので、各事業会社の自由裁量度は非常に強いと思いますね。


石黒不二代

ウェブサイトには、広くサービスや商品を売るというより、一人一人の顧客との付き合いを深めていく役割があります。その最初の一歩は、積極的に情報を提供していくことです。自社のことをよりよく知ってもらい、ブランド力をアップさせることができます。


遠藤結蔵

「お客様が何を望んでいるのか」を日々模索し、「新たにどんな商材やサービスを取り入れていくのか」という試行錯誤を重ね、有望だと思われるものについては積極的に店頭で実験してみる、というスピード感が何よりも大切。


岡田康豊

最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


上田準二

僕が伊藤忠商事で畜産課の課長を命じられたとき、そこは完全な赤字部署でした。部下の顔を見ても元気がない。社内の落ちこぼれと言われ、打ちひしがれていた。そんなときに何を言ったってどうにもならんのです。僕は彼らを元気にすることだけをまず考えた。


清野智

入社以来、一貫してお客様の命をお預かりしているという意識に変化はありません。夜中の間違い電話にも(何かあったのではないかと心配になり)寿命が縮まる思いです。