名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高谷慎太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高谷慎太郎のプロフィール

高谷慎太郎、たかや・しんたろう。日本の経営者。東京出身。早稲田大学卒業後、セガに入社。業務用ゲーム機販売部、開発部などで実務を経験したのち、ダーツの魅力に取りつかれ、セガと米国のダーツ市場トップメーカーのメダリスト社の合弁事業実現に尽力。セガの出資を受け株式会社ダーツライブを創業。同社を売上高42億円の企業に急成長させた経営者。

高谷慎太郎の名言 一覧

これからも人を夢中にさせる遊びをつくりだして、多くの方に楽しんでもらいたい。ただし、単純にゲームをつくっても大手のゲーム会社には敵わないし、ネットワークを駆使するビジネスといってもIT企業と伍して戦うのは難しい。我が社が得意なのは、リアルな空間とWEBサービスを上手くつなげて遊びの魅力を極大化することです。それは我々が見る限り、どこもやっていません。


ハード部分もセガ単体でつくることは可能でしたが、自分が大好きになったダーツマシンをつくっているメダリスト社というアメリカのメーカーと一緒にやりたいという気持ちが強くありました。だから、一人アメリカに渡って、メダリスト社の門をたたきました。ネットワーク化によってダーツの楽しさがいかに増すかを先方のオーナーに説明しましたが、「お前の熱意はよくわかるが、説明はよくわからん」といわれ、そんな状態が結局、2年くらい続きました(笑)。
【覚書き|その後、セガとメダリスト社との合弁事業がはじまった】


私自身がダーツの魅力に取りつかれたことが創業の最大の原因です。10年ほど前、初めてダーツバーに入ったとき、年齢も職業も性別も違う人たちと、バックグラウンドに一切関係なく、ただ唯一の共通言語であるダーツに興じるのがたまらなく楽しかったのです。


ダーツライブでは成長意欲の強い社員が多く、実際に周囲はどんどん進化していきますので、それに取り残されないようにとさらに頑張るのでしょうね。そうした個人の成長が、ダーツライブの成長や業績に繋がっていると考えています。会社としても、社内研修の他、希望者は外部の講習会やセミナーにも参加できるよう、最大限に配慮して、個人の成長を支援しています。


ダーツライブには様々な業界から人が集まっていますが、その多様性が尊重されている組織です。一言で表すなら、以前は「学校」と言っていたのですが、今は「動物園」でしょうか(笑)。「バーゲンに行きたい」という理由で休暇を取る人がいるくらい有休も取りやすく、とても自由な社風です。もちろん、しっかりと自分の仕事をしていれば、私を含め、怒る人はいませんよ。とはいえ、私の目から見ても、皆よく働いています。


ダーツライブでは、モノを作ることが好きな人に来ていただきたいと思っています。「プラモデルを作るのが好き」「昔、映画を作りたかった」「パソコンゲームを自作したことがある」「一生懸命ブログを書いている」など、どんなものでも構いませんので、自分の力で何かを作ったり、新しい価値を発信できる人。特に、どんなに高いスキルがあっても、仕様書が無ければ作れない…作りたくないという人より、作りながら考える、考えながら作るのが好きな人を歓迎します。


ダーツライブは「遊び」から生まれた会社であり、今後も「遊び」以外の事業をするつもりはありません。「遊び」と呼ばれる商品・サービスを自分達で生み出し、世に出していきたいと考えています。


オフィスには、一見仕事をするには必要なさそうな物を置きたいですね。気分転換に窓の外を眺めて仕事をするスペースがあったり、遊べるようなものがたくさんある、空間にしたいと思っています。将来的にはオフィスに階段を作ったり、和室を作ったり、遊び道具をたくさん置いたり…世界中の楽しいものを全部置きたいですね。


高谷慎太郎の経歴・略歴

高谷慎太郎、たかや・しんたろう。日本の経営者。東京出身。早稲田大学卒業後、セガに入社。業務用ゲーム機販売部、開発部などで実務を経験したのち、ダーツの魅力に取りつかれ、セガと米国のダーツ市場トップメーカーのメダリスト社の合弁事業実現に尽力。セガの出資を受け株式会社ダーツライブを創業。同社を売上高42億円の企業に急成長させた経営者。

他の記事も読んでみる

田中邦彦

若い頃にとことん痛い目にあう経験は大事です。先日、知人からこんな話を聞きました。年中賭博に明け暮れていた男が、あるとき娘が泣いているのを見て「なんで泣いてるんや」と聞いたら、「給食費が払えなくていじめられた」と答えたらしい。その日から、その男は心を入れ替えて働き始めたらしいのです。人が変わる瞬間というのは、その人が自分の行動を心の底から反省したときなんです。だからこそ、若いころの失敗は尊いのです。反省する力=自分を変える力なんです。


大山健太郎

「多面的評価」もしています。これは、上司、同僚、部下で3等分にして評価をする。だから、いくら成績を上げて、売上げを倍増させて利益を出しても、3分の1しか評価の対象にならない。というのも、成果主義でやると、景気の良いときはボーンと上がるけれど、景気が悪くなったらドーンと下がるのでは評価の意味がない。


ハワード・シュルツ

自分が働いている会社が好きになり、会社の方針や目標に共感した社員は、会社の発展のために努力するようになる。社員が自尊心と誇りを持てば、さらに会社や家庭、社会に貢献するに違いない。経営者の立場にある者には、会社を支えるために毎日働いている人たちに対しる責任がある。それは事業を適切に推進するだけでなく、すべての社員を守るということなのだ。


樋口泰行

どの会社も常に改革が必要です。昨日と同じことを今日も明日もやっていては成長できません。


ジャック・アタリ

人口学というのは必ずしも確実性のない学問なので、複雑な問題なんです。出生率を上げるための政策は、いろいろな要素を含んでいます。大切なのは、法律をつくるだけでは駄目だということです。私が聞いたところでは、日本でも男性の育児休暇が認められていて、給与が保証される法律がありながら、実際に利用する人はほとんどいないそうですね。それはドイツでも同じなのですが、社会や文化的習慣の改革が必要です。


野口健

最初は信用してくれなくても、細々とでも続けていれば、こいつインチキじゃないって思ってくれる人が出てくる。人が変わっていくのが肌で感じられるんですよ。


おちまさと

一番困った人は、企画会議のとき、アイデア出しの時点ではダメ出しばかりしているのに、企画案がひとつにまとまってきたら、ろくに検証しないで「とりあえず走らせてみたら?」などと楽観的なことを言う人です。僕の経験上、こういう企画の進め方をすると、ほぼ確実に失敗しますね。


ウォーレン・バフェット

大事なのは、自分が好きなことを飛びきり上手にやること。お金は副産物にすぎない。


出井伸之

若いうちはその時のことで精一杯でしょう。18歳になったら10年後のこと考えるように孫に言いましたが、「青春を謳歌しているのにそんな先のことを考える余裕など無い」と返されてしまいました。しかし、それでも若い頃から考えることに意味があります。


水尾順一

不祥事が起きるのを止められないのは、コンプライアンスが形だけのものになっていて、企業文化に根づいていないから。その根本的な原因はコミュニケーションの不足。


古森重隆

日本経済再生云々とよく言われるが、そんなことは簡単だと私は主張したい。皆がもう一度、「世界で戦おう」という気持ちになればいいのだ。現在はまだ技術的にも先行しているし、もともと日本人は大義に従う忠誠心や責任感、団結心というすばらしいものを持っている。こうした精神的な支柱を取り戻し、戦線を立て直して本気で戦う気になれば、日本人は世界で勝っていける。


張瑞敏

IT(情報技術)を活用すれば、店舗を介さなくても直接的に顧客と接点が持てます。また、世界中の著名な研究機関、大学、優れた技術を持つベンチャー企業とつながり、技術的に劣る部分を一足飛びに補完しやすくなりました。従来のような販売や研究開発の体制を整えなくてもいいわけですから、我々は別のことに注力できます。