名言DB

9412 人 / 110637 名言

高見和徳の名言

twitter Facebook はてブ

高見和徳のプロフィール

高見和徳、たかみ・かずのり。日本の経営者。「パナソニック」副社長、「ホームアプライアンス社」社長。松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。松下冷機取締役、ナショナルアプライアンスマーケティング本部長、常務役員、ホームアプライアンス社社長、パナソニック専務、副社長などを務めた。

高見和徳の名言 一覧

製造サイドの都合でこしらえた独りよがりの製品など絶対に売れない。


他社にはない尖ったアイデアが肝。


その地域で現在売れている商品が本当に求められているモノなのかを見定めることがボリュームゾーンへのアプローチには重要。


今後は製品を生み出す側も、消費者が今どんなモノを必要とし、どのタイミングで宣伝をかけるのが最も良いか、という感度の鋭いモノづくりへと変わっていく。


高見和徳の経歴・略歴

高見和徳、たかみ・かずのり。日本の経営者。「パナソニック」副社長、「ホームアプライアンス社」社長。松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。松下冷機取締役、ナショナルアプライアンスマーケティング本部長、常務役員、ホームアプライアンス社社長、パナソニック専務、副社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

コロッケ(ものまね芸人)

気づいたら、やってみる。そして、形になるまで継続する。すべての仕事はこの繰り返し。


野村総一郎

うつ病が治った人が、再発しないようにするにはまず何よりも「うつ病から何を学んだか」を振り返ることが大事です。たとえば、うつ病になる人は、「自分ならできるはず」「自分がやらなくてはいけない」といった自負心が強いケースが多い。うつ病で苦しんだことをきっかけに、こうした強すぎるプライドを反省するというのはとても良いことです。


植木義晴

どれだけ準備をしても、想定外のことは起こります。そのとき、それまでに何度も思考を重ね、問題を解決してきたプロセスが役に立つ。何千回、何万回も繰り返してきたからこそ、想定外の事態が起こっても、ごく短時間で最善の判断を下すことができる。


堀内伸浩

例えば、飲食店をオープンする場合、「1カ月あたりの客数100人で採算が取れる」と想定するだけでなく、仮に50人だったらどんな対策を打つか、ゼロなら何カ月先まで続けられる資金があるのかなど、いくつものリスクのパターンを予測しておきたいもの。そのうえで全体の予算を組み、対策を立てておけば、あわてず迅速に手を打てます。


酒匂隆雄

レバレッジを高くすればするほど、相場が逆に動いた時(はっきり言えば、円高になった時)の対処が苦しい。普段は低いレバレッジでこつこつとスワップ・ポイントを稼ぎ、ここぞと言う時は高いレバレッジを掛けて、がつんとやってやって下さいな。


マイケル・ポーター

企業規模は成功を決定するうえで最も重要な要素ではありません。重要なのは、自らの立ち位置をしっかりと固めることです。


星野佳路

専門分野は違えど、世界の最先端で活躍する人たちの発想や考え方に触れると、自分たちがどれだけ遅れているのかわかります。また、将来の行き着く先の姿も見えてきます。私たちが世界で戦っていくには、何を選択し、どこに集中すべきなのか。そのためには何をやめるべきなのかと。


アリストテレス

すべて人間は、知ることを楽しむことを求めることが本性なり。彼らが見聞を好むのは、その象徴なり。実際の役に立たなくとも、見聞はただ見聞として愛好されるからなり。すべて人間は生まれながらにして知ることを欲する。


鈴木茂晴

学生が入社したい会社であるほど、社員も家族もいい会社で働いているという誇りを持てるようになります。
【覚書き|大学生の就職人気ランキングで50位以内を目指すことにした理由について語った言葉】


石黒和義

一つの世界を極めることで、新しい世界が開けます。仕事だけではなく人と人との付き合いでは、極めたものがあれば深み、幅になってくる。


朝倉千恵子

上司としての最大の礼儀は、部下に仕事を教えること。部下を育て、真の幸せを感じてもらえる方法はただひとつ、それは、仕事の楽しみに自ら気づいてもらうことです。そして、部下と真剣に向き合うことです。


山口謠司

語彙力を高めるために自分が良い文章だと思う小説や、好きな作家のエッセイなどを、入浴しながら3~5分間音読する習慣を持つといいでしょう。口で発して日本語の響きを耳で感じられる音読は、言葉が記憶に定着しやすい。


柳井正

店長より、現場のスタッフの方がよく知っている。やらせて、やって、シェアして勉強する。店長はスタッフを守り、スタッフは仲間を信じ店長を支えてもらいたい。


坂本孝

やはり自分自身で実践をしている人の意見を聞くべき。本も同じです。巷には成功術について書かれた本があふれていますが、実際にリスクを取ってビジネスをやったことのない人が書いたことなど、聞いても意味がありません。ところが、そういう人の話や本を真に受けて、そのとおりにやってしまう人がいる。自分の力を信じないから、どうでもいい人の意見に振り回されるのです。


増田正造

能はいつも決まったことを繰り返しているように見えるかもしれませんが、実は違います。常に新しいことをやっているのです。囃子方(はやしかた)や地謡(じうたい)などとのぶつかり合いの中で、常に創造しているからこそ、数百年たった今なお輝きを失っていないのでしょう。